スポンサーサイト

  • @

2013年夏 白馬岳

毎夏恒例、今年も北アルプスへ出かけてまいりましたので、いまさらですが、そのときのことを書こうと思います。このたびの山は、白馬(しろうま)岳。海抜2,932m、県境に沿って延びる稜線の長野側に絶壁、一方の富山側に緩斜面の広がる、遠目にも一目でそれと分かるユニークな山容を持った、後立山連峰の最高峰。訪れるのは、これが初めてです。...

春の飛島探鳥行

さる5月下旬、山形県は酒田港の沖合39kmに浮かぶ離島、飛島(とびしま)を訪れてきました。山形県酒田市に属する飛島は、海岸延長ほんの12km、人口約200人の小さな島です。島全体が鳥海国定公園に指定された、晴れた日には海を隔てて目の前に鳥海山を望む、しかしちょっと時化ると一日一便の定期船がすぐ欠航してしまう、民宿のおじさん曰く、冬はたとえ予約の問い合わせがあっても帰れなくなるから来るなといって断るのだという、...

大菩薩峠

剣を学ぶものは、まず心を学べ内田吐夢監督、片岡千恵蔵主演の時代劇、「大菩薩峠」(1957)。中里介山の未完の大長編、「大菩薩峠」を原作に、日本文学史上屈指のニヒリストにして狂気の剣客、幕末の無明を彷徨う机龍之介(片岡千恵蔵)の人でなしにもほどがある流転の生き様を描いた、「大菩薩峠 第二部」(1958)、「大菩薩峠 完結篇」(1969)と続く、全三作からなる一大巨編です。...

2011年夏 雲ノ平: 三泊四日山日記 その2

実にいまさらですが、昨年8月に訪れた、「雲ノ平」山日記の続きです。なにせ、これを書き終えないことには、次の記事にも進めない――というわけで、とにもかくにも書くのであります。ちなみにイラストは、"日本版ダイ・ハード"こと、真保裕一の「ホワイトアウト」を映画化した同名作品(2000)より、そのあまりといえばあまりのリアリティのなさに思わずくすりとしてしまった佐藤浩市、にしようかと思ったのですが、ふと気が変わっ...

2011年夏 雲ノ平: 三泊四日山日記 その1

ご無沙汰しております。久々の更新にもかかわらず、映画とまったく無関係のネタで恐縮至極ですが、8月のはじめ(すっかり秋めいた今となっては、もうずいぶん昔のことのような気がします)、三泊四日の小屋泊(プラス車中一泊)で、北アルプス最奥の地、雲ノ平を歩いてきましたので、記憶がすっかり色褪せる前に、そのときのことを書いておこうと思います。ちなみにイラストは、"黒部"つながりで、「黒部の太陽」(1968)の石原裕...

槍ヶ岳 十(テン)の記

「劔岳 点の記」ではありません、念のため。先月半ば、三泊四日の小屋泊で、紅葉真っ盛りの北アルプスを歩いてきました。ルートは、上高地から槍沢を詰め、槍ヶ岳から大キレットを経て北穂高岳に稜線を辿り、北穂南稜から涸沢経由で上高地に下山するという、全長約40kmの縦走コース。そんなわけで今回は、映画とまったく関係ない、山行日記と探鳥日記を併せたような記事でございます(あっ、お帰りにないで...)。ちなみにイラ...

北の国から 2009探鳥(と釣り)(完結編)

前回までのあらすじ(黒板五郎調)北海道、行ったんスよ。嫁が、行ってもいい、って言うもンで。感謝感謝感謝。旭岳と旭山物園北海道上陸12日目、この日の計画は、大雪山系の旭岳で、亜高山帯の鳥を探す予定でした。霧多布で同宿した人から、旭岳でギンザンマシコを見たと聞いて、もし近くを通るようなことがあれば寄ってみよう、と思っていたのです。旭岳の登山口である旭岳温泉までは、旭川市内から約1時間の道のり。旭岳温泉か...

北の国から 2009探鳥(と釣り)(後編)

前回までのあらすじ(黒板純調)父さん、元気ですか?北海道から東京に戻って、早くも3週間が経とうとしています。こっちは連日、相変わらずの暑さです。麓郷は、もうそろそろ、秋ですね。ところで今朝、家の近くを散歩していたら、突然、犬でも猫でもない動物が、ボクの目の前を横切りました。それはもちろん、キツネでもなければシマリスでもなく、シカでもなければ、ましてヒグマでもなかったわけで...黒い頭にふさふさの尻...

北の国から 2009探鳥(と釣り)(中篇)

前編までのあらすじ(黒板純調)拝啓 恵子ちゃん。苫小牧に上陸し、帯広を経由して霧多布に辿り着いたボクは、早めにフトンに入ったというのになかなか眠りにつくことができず...つまり、翌朝のエトピリカ観察の期待に胸を膨らませすぎていたわけで、そんなとき、宿の本棚に並べられた膨大なコミックのコレクションのことが頭にちらついて仕方なくなってしまったのは、思い返してみれば本当に情けないことのように思われ......

北の国から 2009探鳥(と釣り)(前編)

ルールルルルルル、ルールルルルルル!(黒板蛍調)7月の半ばから約三週間、北海道を旅してきました。前々回の記事にも書きましたが、目的は、バード・ウォッチング(と釣り)。この季節、北海道でしか出会うことのできない野鳥(と魚)の姿を求めて、東へ北へ西へ南へ、道内をクルマでぐるぐる走り回ってきました。そもそも、今回の旅行は探鳥がメインで、釣りはほんのついで、くらいのつもりだったのですが、日が経つほど、大自...

North by Northeast(北北東に進路を取れ)

「北北西に進路を取れ」(North by Nortwest)ではありません、念のため。2週間くらい前から、北海道に旅行に来ております。本当はそろそろ家に帰っている予定だったのですが、つい楽しくてだらだら旅を続けていて、ただいま道東から道北を回って道央に辿り着いたところです。というわけで、ブログの更新をしばらくサボっておりましたが、ようやくネットを使える環境になったということで...私の住んでいる東京からだと北海道は...

Pause(小休止)

ちょっと小休止、ということで、またまた映画と関係のない話題で恐縮なのですが、今回は"鳥"の話題です。ヒッチコックの「鳥」(1963)ではなく、そのあたりを飛んでいる本当の"鳥"、のお話であります。とはいえイラストは、"鳥"つながりということで、やっぱりヒッチコックの「鳥」。映画に描かれていた鳥たちは、ひたすら不気味で得体の知れない恐怖の対象だったわけですが、しかし今回は、そんな鳥が、いかに愛らしく、そして魅...

Resumption(再開)

無事、メキシコの釣り旅行から帰ってまいりました。帰国したらすぐにでもブログの更新を、と思いつつ、あと片付けやらなんやかんやで毎日を過ごしているうちにどんどん時間が過ぎてしまい、ふと気づいてみれば、帰国してはや1週間以上。結局、約3週間ぶりのブログ再開となってしまいました。で、さっそく映画紹介の続きを...と思っていたのですが、さて、いざ書こうとしてみると、久しぶりのせいか、釣りボケのせいか、いつも以...

Intermission(休憩)

いつも、「シネマ・イラストレイテッド」にお付き合いいただき、ありがとうございます。さて、今回は映画のご紹介ではなくて...ブログお休みのお知らせ。といっても長いものではなく、ほんの2週間ほど、ブログの更新をお休みさせていただきます。実は私、映画も大好きなのですが、三度の飯よりも釣りが好き、というくらいに釣りが好き。ものごころついてよりの趣味なのですが、ここ数年、その釣り好きが高じて、少し病膏肓に入...

管理人: mardigras
大王わさび農場
黒澤明の「夢」(1990)のロケ地を訪れました。

Latest comments

openclose

Index

邦画の紹介
椿三十郎
七人の侍
用心棒
ツィゴイネルワイゼン
遙かなる山の呼び声
復讐するは我にあり
砂の女
男はつらいよ 寅次郎恋歌
男はつらいよ 寅次郎忘れな草
男はつらいよ 寅次郎相合い傘
男はつらいよ 寅次郎ハイビスカスの花
武蔵野夫人
仁義なき戦い
麻雀放浪記
幸福の黄色いハンカチ
悪魔の手毬唄
丹下左膳餘話 百萬兩の壺
夜叉
姿三四郎
劔岳 点の記
洋画の紹介
第三の男
ブレードランナー
ゴッドファーザーPARTII
羊たちの沈黙
ミッドナイト・ラン
スカーフェイス
ビッグ・ウェンズデー
ゴッドファーザー
駅馬車
荒野の決闘
ダンス・ウィズ・ウルブズ
燃えよドラゴン
スパルタンX
ターミネーター2
パルプ・フィクション
アパートの鍵貸します
引き裂かれたカーテン
めまい
夜の大捜査線
地獄の黙示録 特別完全版
サンセット大通り
モーターサイクル・ダイアリーズ
8 1/2
真夜中のカーボーイ
スティング
プラトーン
ダイ・ハード
赤ちゃんに乾杯!
太陽がいっぱい
マルホランド・ドライブ
薔薇の名前
リバー・ランズ・スルー・イット
ルートヴィヒ
M★A★S★H マッシュ
バック・トゥ・ザ・フューチャー
タクシードライバー
エンゼル・ハート
バグダッド・カフェ 完全版
未来世紀ブラジル
明日に向って撃て!
恐怖の報酬
レスラー

キル・ビルVol.2
2001年宇宙の旅
ブリキの太鼓
ジュラシック・パーク
十二人の怒れる男
ゲッタウェイ
ミシシッピー・バーニング
ベルリン・天使の詩
裏切りのサーカス
ブラック・レイン
アマデウス
遠い空の向こうに
カプリコン・1
その他映画関連
いとしの映画音楽
この邦題がすごい!
この映画の原作がすごい!(海外編)
この映画の原作がすごい!(国内編)
あの映画のコレが食べたい!
2010年イラスト・カレンダー
「ツィゴイネルワイゼン」を訪ねて
2011年イラスト・カレンダー
続・この映画の原作がすごい!(上)
続・この映画の原作がすごい!(下)
シネマ・イラストレイテッド in TSUTAYA
「劔岳 点の記」を訪ねて
その後のシネマ・イラストレイテッド in TSUTAYA
「夜叉」を訪ねて
「ツィゴイネルワイゼン」を訪ねて(その2)
2014年イラスト・カレンダー
「砂の女」を訪ねて
「悪魔の手毬唄」を訪ねて
「武蔵野夫人」を訪ねて
「岳 -ガク-」を訪ねて
「ゼロの焦点」を訪ねて

Add to rss reader

feed-icon-14x14RSSフィードの表示


人気ブログランキングにほんブログ村 ブログランキング
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。