スポンサーサイト

  • @

ツィゴイネルワイゼン

もう、お昼だぞ。そうら、正午だ。"うつし世はゆめ よるの夢こそまこと"――鈴木清順の「ツィゴイネルワイゼン」(1980)を観ると、江戸川乱歩が好んで色紙に書いたという、そんなエピグラムが頭に浮かんできます。スクリーンを眺めているうち、それが果たして現実なのか夢なのか、はたまた冥途の出来事なのか、はじめはくっきりと見えていたはずの描線が、ふと気がつけばいつの間にかあやふやになっている――「ツィゴイネルワイゼン...

ジュラシック・パーク

映画というよりもツアー・ライドいきなりですが、幼い頃に憧れた職業を覚えてますか?私はよーく覚えていて、それは何かというと、野球選手でもなければ、社長でもなければ、大統領でもなければ、まして映画俳優でも監督でもなく、古生物学者。もっとわかりやすく言うと、化石を掘り出す人(研究はしなくていい)。いや正確には、恐竜の化石を掘り出す人です(恐竜以外は掘らなくていい)。そんな夢を抱いたきっかけは、小学二年生...

2001年宇宙の旅

今度は眠らずに観ましたとも!わざわざお金を払って映画館まで出かけておきながら、不覚にも寝てしまった映画がこれまでの人生で三本ほどあります。それが「トータル・リコール」(1990)、「8 1/2」(1963)そして本作「2001年宇宙の旅」(1968)。「トータル・リコール」の場合、前日徹夜でフラフラになりながら観に出かけたせいで、開巻5分とたたずに前後不覚となり、フと気づいたらなんとエンドロールが流れていたという、自分...

未来世紀ブラジル

本当に"未来世紀"? なぜ"ブラジル"?ロバート・デ・ニーロの出演作、というだけで、せっせと映画館に足を運んでいた時期があります。作品でいうと、「ワンス・アポン・ア・タイム・イン・アメリカ」(1984)から「ケープ・フィアー」(1991)までの8年間、十数本。主役であろうがなかろうが、また映画がいかなるものであるかにおかまいなく、とにかくデ・ニーロが観たい、デ・ニーロが出ていればほぼ満足、といった感じでした(と...

バック・トゥ・ザ・フューチャー(トリロジー)

コンコンコン、誰かいますかーっ!?いまさら言うまでもない、タイム・トラベルモノの大傑作、「バック・トゥ・ザ・フューチャー」(1985)。シリーズを通じたつじつまあわせがあまりによくできているので、三作まとめての企画と思い込んでいましたが、PART2(1989)、PART3(1990)の続編製作は、あくまで「バック・トゥ・ザ・フューチャー」のヒットを受けてのものだそう。よくよく思えば確かに第一作から第二作まで、かなりの間...

ブレードランナー

「ディレクターズ・カット」でじゅうぶんですよ"20世紀のはじめ、タイレル・コーポレーションは、レプリカントと呼ばれる、ネクサス型アンドロイドの開発に成功した。ネクサス6型のレプリカントは体力と敏捷性に優れ、少なくとも彼らを創造した開発者と同等の知力を備えているとされた。レプリカントは、植民惑星での危険を伴う探査と奴隷労働に使役されていた。ところがあるコロニーで発生したネクサス6型による叛乱をきっかけに...

管理人: mardigras
「氷壁」(1958)を観ました。穂高のロケ撮影が素晴らしい!

Latest comments

openclose

Index

邦画の紹介
椿三十郎
七人の侍
用心棒
ツィゴイネルワイゼン
遙かなる山の呼び声
復讐するは我にあり
砂の女
男はつらいよ 寅次郎恋歌
男はつらいよ 寅次郎忘れな草
男はつらいよ 寅次郎相合い傘
男はつらいよ 寅次郎ハイビスカスの花
武蔵野夫人
仁義なき戦い
麻雀放浪記
幸福の黄色いハンカチ
悪魔の手毬唄
丹下左膳餘話 百萬兩の壺
夜叉
姿三四郎
劔岳 点の記
洋画の紹介
第三の男
ブレードランナー
ゴッドファーザーPARTII
羊たちの沈黙
ミッドナイト・ラン
スカーフェイス
ビッグ・ウェンズデー
ゴッドファーザー
駅馬車
荒野の決闘
ダンス・ウィズ・ウルブズ
燃えよドラゴン
スパルタンX
ターミネーター2
パルプ・フィクション
アパートの鍵貸します
引き裂かれたカーテン
めまい
夜の大捜査線
地獄の黙示録 特別完全版
サンセット大通り
モーターサイクル・ダイアリーズ
8 1/2
真夜中のカーボーイ
スティング
プラトーン
ダイ・ハード
赤ちゃんに乾杯!
太陽がいっぱい
マルホランド・ドライブ
薔薇の名前
リバー・ランズ・スルー・イット
ルートヴィヒ
M★A★S★H マッシュ
バック・トゥ・ザ・フューチャー
タクシードライバー
エンゼル・ハート
バグダッド・カフェ 完全版
未来世紀ブラジル
明日に向って撃て!
恐怖の報酬
レスラー

キル・ビルVol.2
2001年宇宙の旅
ブリキの太鼓
ジュラシック・パーク
十二人の怒れる男
ゲッタウェイ
ミシシッピー・バーニング
ベルリン・天使の詩
裏切りのサーカス
ブラック・レイン
アマデウス
遠い空の向こうに
カプリコン・1
その他映画関連
いとしの映画音楽
この邦題がすごい!
この映画の原作がすごい!(海外編)
この映画の原作がすごい!(国内編)
あの映画のコレが食べたい!
2010年イラスト・カレンダー
「ツィゴイネルワイゼン」を訪ねて
2011年イラスト・カレンダー
続・この映画の原作がすごい!(上)
続・この映画の原作がすごい!(下)
シネマ・イラストレイテッド in TSUTAYA
「劔岳 点の記」を訪ねて
その後のシネマ・イラストレイテッド in TSUTAYA
「夜叉」を訪ねて
「ツィゴイネルワイゼン」を訪ねて(その2)
2014年イラスト・カレンダー
「砂の女」を訪ねて
「悪魔の手毬唄」を訪ねて
「武蔵野夫人」を訪ねて
「岳 -ガク-」を訪ねて
「ゼロの焦点」を訪ねて

Add to rss reader

feed-icon-14x14RSSフィードの表示


人気ブログランキングにほんブログ村 ブログランキング
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。