スポンサーサイト

  • @

スティング

おもちゃ箱か、はたまたびっくり箱かジョージ・ロイ・ヒル監督、ポール・ニューマン、ロバート・レッドフォード主演のコメディ、「スティング」(1973)。"スティング"とはスラングで、"騙す"とか"信用詐欺"という意味。この映画、あらすじはむろん、いかなる先入観もなしに観れば観るほど、楽しい。というわけで、もしまだ未見であれば、この拙文の先は、一切お読みになられないがよろしい。で、なにはともあれ、映画をご覧になる...

真夜中のカーボーイ

破滅のタネは自分の中にある昔々の一時期、"アメリカン・ニュー・シネマ"と呼ばれる一連の作品にやたらとはまったことがあります。どれもこれも、エスタブリッシュされた社会とは無縁の場所で生きる人間たちの反抗や犯罪や挫折を描いた、ぶっちゃけて言えば、どうにもやりきれない暗さを湛えた映画ばかり。そんな、ともすれば観てて落ち込んでしまう作品になぜそれほど惹かれていたのか...単に、"アメリカン・ニュー・シネマ"と...

フェリーニの8 1/2

理屈で割り切ろうとするとわからなくなる映画以前、ヒッチコックの「めまい」(1958)について、昔観たときはさっぱり面白くなかったのに、時が経って観返してみたら、やたらと面白かった、というようなことを書きました。フェデリコ・フェリーニの「8 1/2」(1963)もまた、私にとって、そんな一本です。高校生の頃、中野か飯田橋あたりの名画座で観たのですが、奇抜で絢爛たる映像に目を瞠りつつも、オハナシの筋がさっぱりわか...

モーターサイクル・ダイアリーズ

無性に旅に出たかったあの頃を思い出す"これは偉業の物語ではない。同じ大志と夢を持った2つの人生がしばし併走した物語である。1952年"映画の冒頭に流れるモノローグ。ウォルター・サレスが監督した「モーターサイクル・ダイアリーズ」(2004)は、20代前半の医学生だったエルネスト・チェ・ゲバラと年上の友人、アルベルト・グラナードの8ヶ月にわたる南米大陸縦断の旅を描いた"青春ロード・ムービー"です。若者たちの若者らしい...

番外編: この映画の原作がすごい!(国内編)

海外編60冊に続き、国内の最高に面白い映画原作本40冊の紹介です(イラストは私の小学生時代のトラウマ映画、「八墓村」(1977)の山崎努)。観ている映画の本数は、邦画よりも洋画(特にアメリカ映画)の方が圧倒的に多いのですが、読んでる本というと国内モノの方がかなり多かったりします。なので面白かった本、といって思い出すのは国内モノの方がだんぜん多いわけですが...いざそれらの中から映画化されているものを、とピ...

番外編: この映画の原作がすごい!(海外編)

映画も好きなのですが、読書(とくに小説)が大好きで、どこに行くときも(旅行も通勤も通院もお風呂もトイレもベットの中でも)本が欠かせません。映画のない人生は耐えられても、たぶん本のない人生は味気なさすぎて耐えられない...そもそもこのブログをはじめるときも、テーマを本の紹介にするか、映画の紹介にするか迷ったものです。まあ、映画もおんなじですが、本というものがあるお陰で、人生がずいぶんと豊かになってい...

サンセット大通り

ハリウッドの「雨月物語」ハリウッドの裏側を描いた、いわゆる内幕モノと呼ばれるジャンルのマスターピース、「サンセット大通り」(1950)。ちなみに同年のアカデミー賞作品賞を攫ったのは、奇しくも演劇界の内幕を描いた「イヴの総て」(1950)。こちらも面白い映画ですが、しかし個人的には、アクの強さでもって、「サンセット大通り」に軍配を上げたいと思います。私がこの映画を観たのは、もう二十年以上昔のこと。真夏の陽射...

地獄の黙示録 特別完全版

闇の奥の欺瞞と狂気「地獄の黙示録 特別完全版」(2001)は、1979年に公開されたオリジナル版を、フランシス・フォード・コッポラ監督が編集し直した、"ディレクターズ・カット・バージョン"です。公開時に観たかったのですが、忙しくて都合がつかず、つい数年前、ようやくDVDで鑑賞しました。オリジナルをテレビで観たのは高校生の頃で、前半のスペクタクルな映像に目を見張ったものの、正直なところ、後半の哲学的な展開には、ま...

管理人: mardigras
「ゴースト・イン・ザ・シェル」を観てきました。もちろん吹替版で。いや~、面白かった!

Latest comments

openclose

Index

邦画の紹介
椿三十郎
七人の侍
用心棒
ツィゴイネルワイゼン
遙かなる山の呼び声
復讐するは我にあり
砂の女
男はつらいよ 寅次郎恋歌
男はつらいよ 寅次郎忘れな草
男はつらいよ 寅次郎相合い傘
男はつらいよ 寅次郎ハイビスカスの花
武蔵野夫人
仁義なき戦い
麻雀放浪記
幸福の黄色いハンカチ
悪魔の手毬唄
丹下左膳餘話 百萬兩の壺
夜叉
劔岳 点の記
洋画の紹介
第三の男
ブレードランナー
ゴッドファーザーPARTII
羊たちの沈黙
ミッドナイト・ラン
スカーフェイス
ビッグ・ウェンズデー
ゴッドファーザー
駅馬車
荒野の決闘
ダンス・ウィズ・ウルブズ
燃えよドラゴン
スパルタンX
ターミネーター2
パルプ・フィクション
アパートの鍵貸します
引き裂かれたカーテン
めまい
夜の大捜査線
地獄の黙示録 特別完全版
サンセット大通り
モーターサイクル・ダイアリーズ
8 1/2
真夜中のカーボーイ
スティング
プラトーン
ダイ・ハード
赤ちゃんに乾杯!
太陽がいっぱい
マルホランド・ドライブ
薔薇の名前
リバー・ランズ・スルー・イット
ルートヴィヒ
M★A★S★H マッシュ
バック・トゥ・ザ・フューチャー
タクシードライバー
エンゼル・ハート
バグダッド・カフェ 完全版
未来世紀ブラジル
明日に向って撃て!
恐怖の報酬
レスラー

キル・ビルVol.2
2001年宇宙の旅
ブリキの太鼓
ジュラシック・パーク
十二人の怒れる男
ゲッタウェイ
ミシシッピー・バーニング
ベルリン・天使の詩
裏切りのサーカス
ブラック・レイン
アマデウス
遠い空の向こうに
カプリコン・1
その他映画関連
いとしの映画音楽
この邦題がすごい!
この映画の原作がすごい!(海外編)
この映画の原作がすごい!(国内編)
あの映画のコレが食べたい!
2010年イラスト・カレンダー
「ツィゴイネルワイゼン」を訪ねて
2011年イラスト・カレンダー
続・この映画の原作がすごい!(上)
続・この映画の原作がすごい!(下)
シネマ・イラストレイテッド in TSUTAYA
「劔岳 点の記」を訪ねて
その後のシネマ・イラストレイテッド in TSUTAYA
「夜叉」を訪ねて
「ツィゴイネルワイゼン」を訪ねて(その2)
2014年イラスト・カレンダー
「砂の女」を訪ねて
「悪魔の手毬唄」を訪ねて
「武蔵野夫人」を訪ねて

Add to rss reader

feed-icon-14x14RSSフィードの表示


人気ブログランキングにほんブログ村 ブログランキング
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。