スポンサーサイト

  • @

Pause(小休止)

ちょっと小休止、ということで、またまた映画と関係のない話題で恐縮なのですが、今回は"鳥"の話題です。ヒッチコックの「鳥」(1963)ではなく、そのあたりを飛んでいる本当の"鳥"、のお話であります。とはいえイラストは、"鳥"つながりということで、やっぱりヒッチコックの「鳥」。映画に描かれていた鳥たちは、ひたすら不気味で得体の知れない恐怖の対象だったわけですが、しかし今回は、そんな鳥が、いかに愛らしく、そして魅...

薔薇の名前

異形だらけの異形の迷宮ジャン=ジャック・アノー監督、ショーン・コネリー主演の仏伊西独合作映画、「薔薇の名前」(1986)。予備校生のとき、新宿のミニシアター、シネマスクエアとうきゅうで観ました。この映画、確かここだけの単館上映だったはずです。当時はちょうど、古今東西の推理小説を片っ端から読み漁っていた時期で、そんなときにどこで目にしたか(たぶん「ぴあ」あたり)、「薔薇の名前」が本格ミステリであることを...

マルホランド・ドライブ

おそるべし、四回目にしてまた迷う今から十二年ほど昔、それまで勤めていた会社を退職し、次の職場に移るまでの三ヶ月ほど、自由な時間ができました。遅ればせながら、そのときに観たのが、ブームに遅れること7~8年、デヴィッド・リンチのTVドラマ、「ツイン・ピークス」。レンタル・ビデオ屋で、最初の1・2巻を借りてきたところ、錯綜するナゾといかにも思わせぶりな展開に嵌りまくってしまい、もうどうにも止まらなくなって、次...

太陽がいっぱい

「こわいでしたねサヨナラ篇」に教わったこと作家の吉行淳之介が、各界の著名人と"恐怖"をテーマにあれこれ語り合う、「恐怖対談」という軽妙洒脱な対談集があります。その中に、映画評論家の淀川長治をゲストに迎えた「こわいでしたねサヨナラ篇」と題する回があって、話題はもちろん映画にまつわるあれこれ。大して長いものではないのですが、これがめっぽう面白い。高校生の頃、どこかの映画雑誌に転載されていたこの対談を図書...

Resumption(再開)

無事、メキシコの釣り旅行から帰ってまいりました。帰国したらすぐにでもブログの更新を、と思いつつ、あと片付けやらなんやかんやで毎日を過ごしているうちにどんどん時間が過ぎてしまい、ふと気づいてみれば、帰国してはや1週間以上。結局、約3週間ぶりのブログ再開となってしまいました。で、さっそく映画紹介の続きを...と思っていたのですが、さて、いざ書こうとしてみると、久しぶりのせいか、釣りボケのせいか、いつも以...

管理人: mardigras
「氷壁」(1958)を観ました。穂高のロケ撮影が素晴らしい!

Latest comments

openclose

Index

邦画の紹介
椿三十郎
七人の侍
用心棒
ツィゴイネルワイゼン
遙かなる山の呼び声
復讐するは我にあり
砂の女
男はつらいよ 寅次郎恋歌
男はつらいよ 寅次郎忘れな草
男はつらいよ 寅次郎相合い傘
男はつらいよ 寅次郎ハイビスカスの花
武蔵野夫人
仁義なき戦い
麻雀放浪記
幸福の黄色いハンカチ
悪魔の手毬唄
丹下左膳餘話 百萬兩の壺
夜叉
姿三四郎
劔岳 点の記
洋画の紹介
第三の男
ブレードランナー
ゴッドファーザーPARTII
羊たちの沈黙
ミッドナイト・ラン
スカーフェイス
ビッグ・ウェンズデー
ゴッドファーザー
駅馬車
荒野の決闘
ダンス・ウィズ・ウルブズ
燃えよドラゴン
スパルタンX
ターミネーター2
パルプ・フィクション
アパートの鍵貸します
引き裂かれたカーテン
めまい
夜の大捜査線
地獄の黙示録 特別完全版
サンセット大通り
モーターサイクル・ダイアリーズ
8 1/2
真夜中のカーボーイ
スティング
プラトーン
ダイ・ハード
赤ちゃんに乾杯!
太陽がいっぱい
マルホランド・ドライブ
薔薇の名前
リバー・ランズ・スルー・イット
ルートヴィヒ
M★A★S★H マッシュ
バック・トゥ・ザ・フューチャー
タクシードライバー
エンゼル・ハート
バグダッド・カフェ 完全版
未来世紀ブラジル
明日に向って撃て!
恐怖の報酬
レスラー

キル・ビルVol.2
2001年宇宙の旅
ブリキの太鼓
ジュラシック・パーク
十二人の怒れる男
ゲッタウェイ
ミシシッピー・バーニング
ベルリン・天使の詩
裏切りのサーカス
ブラック・レイン
アマデウス
遠い空の向こうに
カプリコン・1
その他映画関連
いとしの映画音楽
この邦題がすごい!
この映画の原作がすごい!(海外編)
この映画の原作がすごい!(国内編)
あの映画のコレが食べたい!
2010年イラスト・カレンダー
「ツィゴイネルワイゼン」を訪ねて
2011年イラスト・カレンダー
続・この映画の原作がすごい!(上)
続・この映画の原作がすごい!(下)
シネマ・イラストレイテッド in TSUTAYA
「劔岳 点の記」を訪ねて
その後のシネマ・イラストレイテッド in TSUTAYA
「夜叉」を訪ねて
「ツィゴイネルワイゼン」を訪ねて(その2)
2014年イラスト・カレンダー
「砂の女」を訪ねて
「悪魔の手毬唄」を訪ねて
「武蔵野夫人」を訪ねて
「岳 -ガク-」を訪ねて
「ゼロの焦点」を訪ねて

Add to rss reader

feed-icon-14x14RSSフィードの表示


人気ブログランキングにほんブログ村 ブログランキング
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。