スポンサーサイト

  • @

ザンパノは悔い改めない(と思う)フェデリコ・フェリーニの「道」(1954)。高校生の頃、教育テレビの世界名画劇場で放映されたのを観たのが初鑑賞。私にとって、これが初めてのフェリーニ作品でしたが、同じフェリーニでも、迂闊にも途中で爆睡してしまった「8 1/2」(1963)あたりと比べると、お話の筋がはっきりしていて、そのわかりやすい"泣ける物語"に、ずいぶん感動したものです。ただ、すすんでまた観たい!というほどで...

レスラー

かくてランディは宙を舞うめずらしく、最新作のご紹介です。ダーレン・アロノフスキー監督、ミッキー・ローク主演の「レスラー」(2008)。いや~、感動しました、マジで。この映画、もしもっと前に観る機会があったなら、マイ・ベストのかなり上位の一本として、きっととっくの昔に採り上げていたことと思います。最近では滅多にない映画館での鑑賞だったということもあるし、また観たばかりで印象が強いということもあるとは思う...

恐怖の報酬

冒険のエッセンスが凝縮された傑作スリラー冒険とは――(1)危険をともなうことをあえてすること (2)成功の見込みの少ないことを無理にすること(三省堂「大辞林」より)――。小説でも映画でも、この、"冒険"という割に合わない行動を主題にした物語の系譜があります。作品によって、"冒険"の中身はさまざまであり、またその舞台設定も多岐にわたりますが、よくできた冒険モノに共通していえること、それは、主人公たちの困難に対...

明日に向って撃て!

オレは泳げないんだ!私が中学生の頃、ポール・ニューマンをイメージ・キャラクターに起用したクルマのCMがありました。日産スカイラインR30、通称"ニューマン・スカイライン"のCMです。花束を片手にスーツをキめたポール・ニューマンが粋でかっこよく、バックに流れる軽やかなメロディが映像にマッチして、それはそれは素敵なCMでありました。そのBGMが何という曲なのかを知りたくて、とはいえインターネットなどという便利なシロ...

未来世紀ブラジル

本当に"未来世紀"? なぜ"ブラジル"?ロバート・デ・ニーロの出演作、というだけで、せっせと映画館に足を運んでいた時期があります。作品でいうと、「ワンス・アポン・ア・タイム・イン・アメリカ」(1984)から「ケープ・フィアー」(1991)までの8年間、十数本。主役であろうがなかろうが、また映画がいかなるものであるかにおかまいなく、とにかくデ・ニーロが観たい、デ・ニーロが出ていればほぼ満足、といった感じ(といって...

管理人: mardigras
大王わさび農場
黒澤明の「夢」(1990)のロケ地を訪れました。

Latest comments

openclose

Index

邦画の紹介
椿三十郎
七人の侍
用心棒
ツィゴイネルワイゼン
遙かなる山の呼び声
復讐するは我にあり
砂の女
男はつらいよ 寅次郎恋歌
男はつらいよ 寅次郎忘れな草
男はつらいよ 寅次郎相合い傘
男はつらいよ 寅次郎ハイビスカスの花
武蔵野夫人
仁義なき戦い
麻雀放浪記
幸福の黄色いハンカチ
悪魔の手毬唄
丹下左膳餘話 百萬兩の壺
夜叉
姿三四郎
劔岳 点の記
洋画の紹介
第三の男
ブレードランナー
ゴッドファーザーPARTII
羊たちの沈黙
ミッドナイト・ラン
スカーフェイス
ビッグ・ウェンズデー
ゴッドファーザー
駅馬車
荒野の決闘
ダンス・ウィズ・ウルブズ
燃えよドラゴン
スパルタンX
ターミネーター2
パルプ・フィクション
アパートの鍵貸します
引き裂かれたカーテン
めまい
夜の大捜査線
地獄の黙示録 特別完全版
サンセット大通り
モーターサイクル・ダイアリーズ
8 1/2
真夜中のカーボーイ
スティング
プラトーン
ダイ・ハード
赤ちゃんに乾杯!
太陽がいっぱい
マルホランド・ドライブ
薔薇の名前
リバー・ランズ・スルー・イット
ルートヴィヒ
M★A★S★H マッシュ
バック・トゥ・ザ・フューチャー
タクシードライバー
エンゼル・ハート
バグダッド・カフェ 完全版
未来世紀ブラジル
明日に向って撃て!
恐怖の報酬
レスラー

キル・ビルVol.2
2001年宇宙の旅
ブリキの太鼓
ジュラシック・パーク
十二人の怒れる男
ゲッタウェイ
ミシシッピー・バーニング
ベルリン・天使の詩
裏切りのサーカス
ブラック・レイン
アマデウス
遠い空の向こうに
カプリコン・1
その他映画関連
いとしの映画音楽
この邦題がすごい!
この映画の原作がすごい!(海外編)
この映画の原作がすごい!(国内編)
あの映画のコレが食べたい!
2010年イラスト・カレンダー
「ツィゴイネルワイゼン」を訪ねて
2011年イラスト・カレンダー
続・この映画の原作がすごい!(上)
続・この映画の原作がすごい!(下)
シネマ・イラストレイテッド in TSUTAYA
「劔岳 点の記」を訪ねて
その後のシネマ・イラストレイテッド in TSUTAYA
「夜叉」を訪ねて
「ツィゴイネルワイゼン」を訪ねて(その2)
2014年イラスト・カレンダー
「砂の女」を訪ねて
「悪魔の手毬唄」を訪ねて
「武蔵野夫人」を訪ねて
「岳 -ガク-」を訪ねて
「ゼロの焦点」を訪ねて

Add to rss reader

feed-icon-14x14RSSフィードの表示


人気ブログランキングにほんブログ村 ブログランキング
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。