スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • @
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://cinema200.blog90.fc2.com/tb.php/101-08c0ed92

トラックバック

コメント

[C605] おはようございます☆

ギャラリーの描き直し版ですね♪

ジョディとウェルズは、写真みたいですね~!
駅馬車は、とても良いのですが、ちょっと馬車が見にくいので、白黒を工夫なさったらいかがですか?
シャーリーは本人より美人で、mardigrasさんの彼女への想いが感じられるイラストですね。

・・・ワイルダー先生ってこんな感じなのね・・・ガックリ・・・仕方ないわ、先日ルノワール監督を見て、ビックリしたし、監督ってイメージばっかり膨らますのですよね~!(キューブリック監督はその点、見た目も良かった☆)

長々と素人が偉そうに書いてすみませんでした。
では、週末「カプりコン・1」宜しく~☆
  • 2010-07-05 08:34
  • miri
  • URL
  • 編集

[C606] おお、描き直しとは!

わたしなんか古い絵放置ですよ~。いつの間にやら、こんなに描き直していたんですね。凄い!
のっぺりした顔が描きづらいというのは良くわかります。もう、下からライト当てて!って思ったり(笑)
もしや、Mardigrasさんがリアルな作風をだしたのは、のっぺりした日本人の絵を描くためですか?
  • 2010-07-05 12:15
  • 宵乃
  • URL
  • 編集

[C607] >miriさん

コメントありがとうございます、
ジョディとウェルズ、、、やっぱり映画を観直すと描きたくなってしまうんですよね。。。実は「アパートの鍵貸します」も再見したばかりです。

駅馬車、、、たしかにこれじゃ何だかわからないですよねぇ。。。ちなみに"タクシー"と"イラスト"のキーワードでこのブログ(「タクシードライバー」の記事)に辿り着く方もけっこう多いので、そのうちタクシーのイラストも追加しようかと(笑)。

ビリー・ワイルダーは私の中では優しそうな好々爺、というイメージです。ジャン・ルノワールは見たことないですねぇ。。。キューブリックは知的で貫禄ありますよね!

それでは「カプリコン・1」楽しみしてます!

[C608] >宵乃さん

コメントありがとうございます!
描いたときはけっこう満足してたはずなのに、あとから見かえすとなんだかガマンならん!というのもあるし、それになんといっても、好きな映画や俳優は描いてて楽しいですね~。
下からライト、、、わはは、わかりますわかります、その気持ち!その俳優さんらしい、いい表情だな~と思っても、影がないと描くの諦めたりします。で、それでもどうしても描きたいときにリアル風にするのです(笑)。この先邦画はこればっかりになりそうです。。。

[C609] 管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Redrawings (描き直し)

「羊たちの沈黙」(アンソニー・ホプキンス)のイラスト

ールドカップ三昧の日々を過ごすうち、ふと気がつけば七月もそろそろ中旬、ブログの更新がすっかりお留守になっていました。私の利用させてもらっているFC2ブログ(いつもお世話になってます)、更新が一ヶ月滞ると、(罰として?)トップにど~んと広告が表示されることになっているため、このままいけばまもなく広告登場のはず...だったのですが、う~ん、それもちょっとやだ、というわけで、いささか苦し紛れの記事でお茶濁し(これでまた1ヶ月延長)。

そもそもこのブログ、映画にまつわる個人的な思いと思い出を(文字とイラストにして)吐き出すことで自分自身がすっきりするという、自己満足臭の非常に強いものなのですが、これぞ自己満足中の自己満足、ときどき気が向くと、以前に書いた映画の記事に新たにイラストを追加したり、あるいは古いものを差し替えたり、なんてことを密かにやっています。で今回の記事、そんな後から追加したイラストのいくつかを、せっかくなのでひとつにまとめてご披露しようという趣向(う~ん、うまいことネタを思いついた)。

ということでまずは冒頭のイラスト、しばらく前に描いた「羊たちの沈黙」(1991)の"ザ・カニバル"ことハンニバル・レクター博士(アンソニー・ホプキンス)。この映画の記事を書いたのはブログを始めたばかりの頃でしたが、レクター博士を何度描いてもうまくいかず、もういいや、と適当なものを載せていたのですが、先月、「午前十時の映画祭」で久しぶりにこの映画を再見し、どうしても描き直したくなってしまったのでした。え、これもいかがなものかって?いやいやいーんです、なにせ自己満足ですから!

というわけで以下、そんな描き直しのうちからいくつかをご紹介。お時間が許せば、どうぞご照覧のほど!


ジョディ・フォスター in 「羊たちの沈黙」

「羊たちの沈黙」(ジョディ・フォスター)のイラスト
これまた「羊たちの沈黙」より、ジョディ・フォスター演じるFBIの訓練生、クラリス・スターリング。重警備の医療刑務所の地下監獄で、分厚いアクリル・パネル越しにレクターと会話を交す場面です。この映画を観て以降、ジョディ・フォスターはもうぶっちぎりでもっとも好きな女優さん。にもかかわらず雑駁なイラストしか載せていなくてとても心残りだったのですが、これでほぼ満足。


モニュメント・バレー in 「駅馬車」

「駅馬車」(モニュメント・バレーの風景)のイラスト
「駅馬車」(1939)の舞台、雄大なモニュメント・バレーの風景。なぜか"馬車"と"イラスト"というキーワードで検索してこのブログを訪れてくださる方が多く、それなのに"馬車のイラスト"がなくて申し訳ないと常々思っていたので描いてみました。といっても肝心の馬車が何だかよくわからない黒い塊になってしまっているのですが...


ジョン・ウェイン in 「駅馬車」

「駅馬車」(ジョン・ウェイン)のイラスト
そんな駅馬車の前に、銃声一発、"Hold it!"の叫び声とともに登場する、ジョン・ウェイン演じるお尋ね者のガンマン、リンゴォ・キッド。以前トライしてうまく描けなかったものですが、これでほぼ満足。


シャーリー・マクレーン in 「アパートの鍵貸します」

「アパートの鍵貸します」(シャーリー・マクレーン)のイラスト
「アパートの鍵貸します」(1960)のラスト・シーンから。隣にジャック・レモンの座っているイラストを載せていたのですが、出来栄えが気に食わなかったのでシャーリー・マクレーンだけにして描き直しました。


オーソン・ウェルズ in 「第三の男」

「第三の男」(オーソン・ウェルズ)のイラスト
「第三の男」(1949)でハリー・ライムの顔が暗闇に浮かび上がる初登場シーン。先日映画を観直して、どうしてもリアルに描き直したくなってしまいました。駅馬車のリンゴォ・キッドの登場シーンと同様、このもったいぶった登場の有り難味というか、"まってました"感のカタルシスには強烈なものがあります。


ポール・ニューマン in 「引き裂かれたカーテン」

「引き裂かれたカーテン」(ポール・ニューマン)のイラスト
4月にNHK BSでヒッチコック特集があり、「引き裂かれたカーテン」(1966)が放映されたのですが、そのあとの数日間、この記事のアクセスがぐんと増えたので嬉しくなり、おもてなしの心でイラストを追加。しかし1週間もしたら、アクセスはぱたりと止まってしまいました...


ウィリアム・ホールデン in 「サンセット大通り」

「サンセット大通り」(ウィリアム・ホールデン)のイラスト
「サンセット大通り」(1950)の売れない脚本家、ジョー・ギリス。ドラマの主役なのにイラストを載せてなかったので描き足しました。


ロバート・デュヴァル in 「地獄の黙示録」

「地獄の黙示録」(ロバート・デュヴァル)のイラスト
ロバート・デュヴァルの出演している映画の記事を四つも書いているのですが、イラストがひとつもありませんでした。その理由はいくら描いてもさっぱり似ないから。顔の造りが非常にのっぺりしているのですね。とはいえキルゴア中佐のイラストのない「地獄の黙示録」の記事なんて、ということで付け足したのがこれ...まあいいや、これで。


アルフレッド・ヒッチコック & ビリー・ワイルダー

アルフレッド・ヒッチコックとビリー・ワイルダーのイラスト
たまには監督も描いてみたくなる...ということで、その作品にハズレなし、の巨匠お二人です。


エルネスト・"チェ"・ゲバラ

エルネスト・
龍馬もデカイがゲバラもデカイ、ということで、"チェ"ことエルネスト・ゲバラ。ゲバラの若き日の放浪旅を描いた映画、「モーターサイクル・ダイアリーズ」(2004)の記事で、革命家としてのゲバラの印象についてちょこっと触れていたので、イラストを追加してみました。

       *       *       *       *       *

というわけで、ワールドカップもいよいよ佳境。日本は残念でしたが(というか十分すごいですね)、準決勝、決勝と楽しみですね~!



人気ブログランキング  にほんブログ村 ブログランキング
ブログ・ランキングに参加しています。よろしければクリックをお願いします。

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://cinema200.blog90.fc2.com/tb.php/101-08c0ed92

トラックバック

コメント

[C605] おはようございます☆

ギャラリーの描き直し版ですね♪

ジョディとウェルズは、写真みたいですね~!
駅馬車は、とても良いのですが、ちょっと馬車が見にくいので、白黒を工夫なさったらいかがですか?
シャーリーは本人より美人で、mardigrasさんの彼女への想いが感じられるイラストですね。

・・・ワイルダー先生ってこんな感じなのね・・・ガックリ・・・仕方ないわ、先日ルノワール監督を見て、ビックリしたし、監督ってイメージばっかり膨らますのですよね~!(キューブリック監督はその点、見た目も良かった☆)

長々と素人が偉そうに書いてすみませんでした。
では、週末「カプりコン・1」宜しく~☆
  • 2010-07-05 08:34
  • miri
  • URL
  • 編集

[C606] おお、描き直しとは!

わたしなんか古い絵放置ですよ~。いつの間にやら、こんなに描き直していたんですね。凄い!
のっぺりした顔が描きづらいというのは良くわかります。もう、下からライト当てて!って思ったり(笑)
もしや、Mardigrasさんがリアルな作風をだしたのは、のっぺりした日本人の絵を描くためですか?
  • 2010-07-05 12:15
  • 宵乃
  • URL
  • 編集

[C607] >miriさん

コメントありがとうございます、
ジョディとウェルズ、、、やっぱり映画を観直すと描きたくなってしまうんですよね。。。実は「アパートの鍵貸します」も再見したばかりです。

駅馬車、、、たしかにこれじゃ何だかわからないですよねぇ。。。ちなみに"タクシー"と"イラスト"のキーワードでこのブログ(「タクシードライバー」の記事)に辿り着く方もけっこう多いので、そのうちタクシーのイラストも追加しようかと(笑)。

ビリー・ワイルダーは私の中では優しそうな好々爺、というイメージです。ジャン・ルノワールは見たことないですねぇ。。。キューブリックは知的で貫禄ありますよね!

それでは「カプリコン・1」楽しみしてます!

[C608] >宵乃さん

コメントありがとうございます!
描いたときはけっこう満足してたはずなのに、あとから見かえすとなんだかガマンならん!というのもあるし、それになんといっても、好きな映画や俳優は描いてて楽しいですね~。
下からライト、、、わはは、わかりますわかります、その気持ち!その俳優さんらしい、いい表情だな~と思っても、影がないと描くの諦めたりします。で、それでもどうしても描きたいときにリアル風にするのです(笑)。この先邦画はこればっかりになりそうです。。。

[C609] 管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

管理人: mardigras
「ゴースト・イン・ザ・シェル」を観てきました。もちろん吹替版で。いや~、面白かった!

Latest comments

openclose

Index

邦画の紹介
椿三十郎
七人の侍
用心棒
ツィゴイネルワイゼン
遙かなる山の呼び声
復讐するは我にあり
砂の女
男はつらいよ 寅次郎恋歌
男はつらいよ 寅次郎忘れな草
男はつらいよ 寅次郎相合い傘
男はつらいよ 寅次郎ハイビスカスの花
武蔵野夫人
仁義なき戦い
麻雀放浪記
幸福の黄色いハンカチ
悪魔の手毬唄
丹下左膳餘話 百萬兩の壺
夜叉
劔岳 点の記
洋画の紹介
第三の男
ブレードランナー
ゴッドファーザーPARTII
羊たちの沈黙
ミッドナイト・ラン
スカーフェイス
ビッグ・ウェンズデー
ゴッドファーザー
駅馬車
荒野の決闘
ダンス・ウィズ・ウルブズ
燃えよドラゴン
スパルタンX
ターミネーター2
パルプ・フィクション
アパートの鍵貸します
引き裂かれたカーテン
めまい
夜の大捜査線
地獄の黙示録 特別完全版
サンセット大通り
モーターサイクル・ダイアリーズ
8 1/2
真夜中のカーボーイ
スティング
プラトーン
ダイ・ハード
赤ちゃんに乾杯!
太陽がいっぱい
マルホランド・ドライブ
薔薇の名前
リバー・ランズ・スルー・イット
ルートヴィヒ
M★A★S★H マッシュ
バック・トゥ・ザ・フューチャー
タクシードライバー
エンゼル・ハート
バグダッド・カフェ 完全版
未来世紀ブラジル
明日に向って撃て!
恐怖の報酬
レスラー

キル・ビルVol.2
2001年宇宙の旅
ブリキの太鼓
ジュラシック・パーク
十二人の怒れる男
ゲッタウェイ
ミシシッピー・バーニング
ベルリン・天使の詩
裏切りのサーカス
ブラック・レイン
アマデウス
遠い空の向こうに
カプリコン・1
その他映画関連
いとしの映画音楽
この邦題がすごい!
この映画の原作がすごい!(海外編)
この映画の原作がすごい!(国内編)
あの映画のコレが食べたい!
2010年イラスト・カレンダー
「ツィゴイネルワイゼン」を訪ねて
2011年イラスト・カレンダー
続・この映画の原作がすごい!(上)
続・この映画の原作がすごい!(下)
シネマ・イラストレイテッド in TSUTAYA
「劔岳 点の記」を訪ねて
その後のシネマ・イラストレイテッド in TSUTAYA
「夜叉」を訪ねて
「ツィゴイネルワイゼン」を訪ねて(その2)
2014年イラスト・カレンダー
「砂の女」を訪ねて
「悪魔の手毬唄」を訪ねて
「武蔵野夫人」を訪ねて

Add to rss reader

feed-icon-14x14RSSフィードの表示


人気ブログランキングにほんブログ村 ブログランキング
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。