スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • @
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://cinema200.blog90.fc2.com/tb.php/104-7b7e0ddb

トラックバック

コメント

[C634] こんばんは☆

mardigrasさん、レビューアップされたんですネ!
良かったです~!(やっぱスポンサーサイトは寂しいです)

>「日本の労働者は貧しいなあ」だとか、「おい、青年!」だとか、・・・・こうして文字にしてみると別にたいして可笑しくもないセリフの数々が、これがひとたび寅さんの口から飛び出すと、不思議なことに、なんとも笑えて笑えて仕方がないのですね。

これ、ホントにそうですよね~。あの映画の中で、寅さんが口にした時、心の底から笑えますよね~。見ていない人にはぜひ見てもらって、それらのセリフを聞いてもらいたいです!
イラストはちょっとマジな感じの寅さん?さくらさんの表情が感じ出ていて良いですネ☆

私自身はあまり「寅さん」は見ないけど(ゴクミ3部作はわりと好きです)
こうして詳しいレビューを読ませてもらうと、また機会があれば見てみたいなぁ~と、思いました。
今日は私も「寅さん」だったので(噂の寅次郎)とっても嬉しかったです☆
  • 2010-09-06 19:38
  • miri
  • URL
  • 編集

[C635] >miriさん

ありがとうございます。
いや~、せめて1ヶ月に1回は更新したいものです(汗)。

寅さんは見た目のアクが強いから、割と敬遠している人も多かったりするのかもしれないですね。でもことばの語感でこれだけおかしみを出せる人はそうそういないと思います。逆にしんみりとした情感も。ホント可笑しくて哀しいですね~!

イラストは、マドンナに出会ってカッコつけてる寅さんです(笑)。さくらさんはつるっとした顔してるので、なかなか感じがでないです。。。

ゴクミの出てくる後期の作品は、なかば満男が主役みたいな感じですね。吉岡君ファンなので、あれはあれで、また違った味わいがあって私も好きです。

噂の寅次郎..."博の父親三部作"の第三弾ですね!これは奇遇ですね~。のちほどお邪魔して読ませていただきますね!


[C636] お久ー

Mardiさん戻ってこられほんまにうれしいわぁ~・・・、
渥美清さんがなくなられて15年ですか、ニュースをこちらで知ったその夜、持っていたビデオカセットの「寅さん」を観て追悼しました。でもどの作品だったのか覚えていません。

私ごとですが、70年代の後期に両親が心配して上京してきたことがあります。もう東京見物は必要なかったのでほっといていたら、上野の映画館でちょうど封切りの「フーテンの寅さん」を観てきたと二人ともいい顔で帰ってきて、父が私に「好きなように生きればいいんだ」とポツンといったのです。それが一つの或きっかけとなりました。

80年代にはJAL開催の映画会が毎年ハンブルクでもあり、上映作品は毎回「寅さん」で日本語ががわからない旦那も面白いといい幼かった長女と一緒に「トラサン、トラサン」と渥美清さんを呼んででいました。

Mardiさんがとりあげた寅さんのこの科白「教養のない奴はいやだねぇ~」でこのシリーズ半分も観てない私にはMardiさんのこれから続く「フーテンの寅さん」シリーズが楽しみです。


  • 2010-09-08 00:27
  • ヘルブラうウ
  • URL
  • 編集

[C637]

ーこれだから教養のない人たちはいやなんだよ。ー、

↑ この科白だからいいのに、勝手に変えて書いたようなので訂正してください!
  • 2010-09-08 00:36
  • ヘルブラうウ
  • URL
  • 編集

[C638] >ヘルブラウさん

ありがとうございます、そんな風におっしゃっていただけると更新した甲斐があるってものですよ~。

渥美清は享年68歳ですから、いかにも早すぎますね。。。映画になんて出なくていいから、もっと長生きしていただきたかったな~と思います。

ヘルブラウさんにとって寅さんは個人的な思い出のある映画だったんですね~。お父様がそんなことをおっしゃったきっかけになったのは、一体どの作品だったのでしょうね。。。それにしても、上野というのは映画の中でも何度も出てくるし、寅さん映画を観るのにどこよりも相応しい場所のような気がします。

寅さんの面白さは世界共通なんですね~。なんだか嬉しいです。ことばのニュアンスはわからなくても、ドラマに描かれいている喜怒哀楽はどこでも一緒ですものね。そうそう、「教養のない奴はいやだねぇ~」なんて言い方も、どれかの作品であったような気がしますよ(笑)。

まったく関係ないのですが、以前教えていただいた、ドイツでクリスマス恒例というロミー・シュナイダーのシシィが一昨日から3日連続でNHKで放映されました。いまひとつ、というお話だったと思いますが(笑)、とりあえず録画したので、いずれ観てみようと思います。

[C640] 「男はつらいよ」は

一度も観たことがないんですよ~。「釣りバカ」とか長~く続いているシリーズはほとんどスルーしてました。どうせなら最初から観たいと目を光らせてはいるんですけどね。

さて、今月も「ブログDEロードショー」のお誘いに参りました。
作品は 『 アマデウス 』 (1984年アメリカ、ミロシュ・フォアマン監督)です。ロッカリアさんが選んで下さいました。

お選びになられた理由は
・当初の企画「一人では見難いから皆で一緒に見ようよ」と言う原点回帰。
この映画長い(160分)から、DVD買ってからまだ一度も見ようとしていない。(腰が引ける、と言うか…)このようないい機会がないと進んで見れないのだ。
・この映画をミュージカルだと思っている人が意外に多い。ようやく秋らしくなって来たので、極上のミステリーを皆と堪能したい。
・モーツァルトのお勉強にもなる。彼の人生を、映画を見ているだけで学べる。

とのことです。

観賞日は10月1日~(金)~3日(日)です。
今月も盛り上がりましょうね~!
  • 2010-09-24 07:22
  • 宵乃
  • URL
  • 編集

[C642] >宵乃さん

これだけ数あるとなかなか手が伸ばしずらいですよね~(笑)。私も「釣りバカ」は「男はつらいよ」の併映で数本見たきりです。こっちもなんだかんだでけっこうあるんですよね...

いつもご連絡ありがとうございます。「アマデウス」、20年以上前にテレビで見たきりですが、とても印象に残ってます。ぜひ参加させていただきますね~。

[C850] 管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

男はつらいよ 寅次郎恋歌

これだから教養のない人たちはいやなんだよ。
「男はつらいよ 寅次郎恋歌」のイラスト(渥美清と倍賞千恵子)

存知、山田洋次原作・監督、渥美清主演の人情喜劇、「男はつらいよ」。1969年公開の第一作を皮切りに、1995年までの足掛け二十七年にわたって作られた全四十八作、全部が全部好き、というわけでもないのですが、逆にこれは、という作品を挙げていくと、それはそれでキリがなかったりします。ならばこの際、まとめてひとつの記事にしてしまえ、と思ったりもしたのですが、そうなると、今度はどれだけ長くなるやら恐ろしい...というわけで、やっぱりもっとも好きな一本について書くことにしました。

そんな私のオール・タイム・ベストが何かといえばこれ、1971年公開のシリーズ第八作、「男はつらいよ 寅次郎恋歌」。題して"博の父親三部作"(勝手に命名)の第二弾であります。私がこの映画を観たのは高校二年のとき。テレビで放映する「男はつらいよ」をぽつぽつ観るようになって、確か三、四本目の作品だったと思います。


「男はつらいよ」との馴れ初め

男はつらいよ」にまつわる私の最も古い思い出は、「男はつらいよ 口笛を吹く寅次郎」(1983)の映画ポスター。どこで観たものか、渥美清が袈裟に身を包み、どんぐりのように小さい目を細めてにっこり微笑むその絵面が妙に目に焼きついていて、それが何十作も続くお化けのような人気映画であることを知りつつも、そのもっさり然としたダサさ、古めかしさに、これは自分にはまったく関係ない映画だ、などと半分見下してしまっていた覚えがあります。

そんな気持ちがころっと変わったのは、それからしばらくしてからのこと。同じ山田洋次監督のメロドラマ、「遙かなる山の呼び声」(1980)を観て、そのあまりのよさに、これは「男はつらいよ」にも何かあるのかも、なんてことを思い始め、ちょうどそんな頃にテレビで放映してくれたのが、第十八作「男はつらいよ 寅次郎純情詩集」(1976)でした。この作品、今振り返ってみれば、飛びぬけた傑作とも思わないのですが、しかし初めて観たときは、その笑いとペーソスの絶妙な按配に、「男はつらいよ」の世界ってこんなに面白かったのか!とお宝の山でも見つけたような気分になり、遅ればせながら、すっかり寅さん映画のファンになってしまったのでした。

ちなみに映画館で観た最初の作品は、第三十七作「男はつらいよ 幸福の青い鳥」(1986)。これまた今観ると、シリーズの中でもかなり違和感のある作品なのですが、しかしホント面白かったなぁ、お金を払って映画館の暗がりで観たときは。



「男はつらいよ」に感じる親近感

美清が亡くなり「男はつらいよ」が打ち止めとなって早十五年、今でもときどき、無性に「男はつらいよ」が観たくなる、というよりも、寅さんやおいちゃん、おばちゃん、さくらに博をはじめとする懐かしい面々に会いたくなったりします。この映画の世界を愛する人なら、きっと誰もがみな同じだと思うのですが、こうして何十作も付き合ってみると、彼らがスクリーンの中にだけ存在する架空の人物とは思えないのはむろん、もはや他人のような気さえしないのですね。そんな親近感そのものが、作品の出来不出来を超えた、「男はつらいよ」の大いなる魅力だったりするのですが、その根っこにあるドラマの要諦を、渥美清がすっと胸のすくようなことばで語っているので引用してみると―

"...見て下さる側もすっと手をさしのべてきてさわるから、出したこっちのほうと出されたほうで、両方で手のひらでぬくめていってしまうものなんですね...芝居なんてものや、映画なんてものはそういうさわらせて、さわっていくみたいなことから、だんだんできていくんでしょうね..."
「キネマ旬報」2008年9月下旬号再録の「キネマ旬報」増刊1971年1・10号 山田洋次監督との対談より)

うむむ、なんと味わい深く、含蓄のある名言。このシリーズがなぜ四十八本も続いたのか、なんとなくわかった気になってしまうではありませんか。お馴染みの面々に感じる実在感と親近感、そしてそんな彼らの織りなすドラマに宿るぬくもりと幸福感は、"お決まり"を待ちかねて、そして"お決まり"どおりに作る、そんな受け手と作り手の目に見えない共同作業があってこそ、生まれたものだったのでしょう。

数年前、NHK BSでシリーズ全作品を放映したのを片っ端から録画したので、ありがたいことに、今ではいつでも思い立ったときに、好きな作品を選りどりみどりで観ることができるようになりました。お話の筋で選ぶもよし、名場面で選ぶもよし、あるいはマドンナで選ぶもよし、はたまた敢えてあんまり観てない作品を選ぶもよし、とまあ、何を観るかはそのときの気分次第なのですが、寅さんやさくらたちに会いたくて、こうして今日もまた、ついつい「男はつらいよ」のDVDに手が伸びてしまうのです。



渥美清の話芸

男はつらいよ」で、思わず呵呵大笑してしまうような可笑しさの源泉は、もういうまでもなく、寅さんを演じる渥美清の個人技にあります。その一挙一動の馬鹿さ加減のおかしみもさることながら、やはりなんといっても面白いのはそのしゃべり口。切れ味のあるテキ屋の口上や、調子に乗ってどんどんエスカレートしていく一人語りとはまた別の、「日本の労働者は貧しいなあ」だとか、「おい、青年!」だとか、「てめぇ、さしずめインテリだな!?」だとか、「これだから教養のない人たちはいやなんだよ」だとか、こうして文字にしてみると別にたいして可笑しくもないセリフの数々が、これがひとたび寅さんの口から飛び出すと、不思議なことに、なんとも笑えて笑えて仕方がないのですね。

これ、おそらく金銭的に誰よりも貧しくて教養のない寅さんが、上から目線の気取った言葉遣いをするのが可笑しいのであって、要は磨き抜かれた台本の面白さだとも思うのですが、しかしそれが見事に生きるのも、渥美清のあの間、表情、口調、そして声音があったればこそでしょう。その話芸がいかに飛びぬけたものだったのか、まあ映画を観れば一目瞭然なのですが、渥美清の浅草コメディアン時代の活躍を、当時劇場の裏方としてつぶさに目撃していた井上ひさしが、山田監督との対談でこれまたうまいこと語っているので、ちょっと長いのですが引用してみると―

"わりと大きな看板のストリッパー嬢が休むとその娘のソロのシーンがぬけちゃって、前後をつなぐんですね。(中略)渥美さんは、いいよって出てくれて、三分のところを十五分ぐらい、セリフだけでもたせてくれました。”よお、おじさん、また来てんの”って調子で言葉だけをたよりにお客をガーッと引きよせちゃって、弁当食べてるお客まで客席と舞台が一緒になってくる。(中略)やっぱり渥美さんていうのは言葉だけでそういう芸の出来る人だった...。言葉の調教師であり、魔術師だった。それがしあわせなめぐり逢い、ていいますか、「男はつらいよ」の寅次郎にぶち当たった。これは、日本文化にとって非常に喜ばしいと思うんです。日本語のためにもね(笑)"
「映画をたずねて 井上ひさし対談集」 vs.山田洋次より)

「男はつらいよ」には、タコ社長(太宰久雄)や源ちゃん(佐藤蛾次郎)みたいな常連のコメディ・リリーフもいますが、個人技としての笑いを感じさせる存在は、渥美清を除いてはただ一人、初代おいちゃんの森川信くらいでしょうか(ただし第六作「男はつらいよ 純情篇」(1971)で源公が唸る寅さんの悪口の義太夫は最高に笑えます)。とはいえ森川信のおいちゃんも、この第八作「男はつらいよ 寅次郎恋歌」が最後。以降、個人芸としての笑いは、いよいよ渥美清の独壇場なのです(下條正巳のおいちゃんから観始めたせいかもしれませんが、しかし、おいちゃんの配役が変わったくらいでは作品世界がびくともしないように思えるのがすごい)。



笑いと哀しみはあざなえる縄の如し

んな渥美清の個人技を含め、「男はつらいよ」に描かれる笑いのほとんどは、意地悪さのこれっぽっちもない、ニコニコ観ているうちにほろりとさせられてしまう、人間の善意と善意のぶつかり合いから生まれるような、もしかしたらこの世知辛い世の中で、もっともファンタジックなものなのかもしれない類の笑いです。そしてその可笑しさの裏にはいつも、何か人間生活の哀しみや寂しさみたいなものがじんわりと滲んでいて、そんな笑いと哀しみが交互にぱたぱたと捲り返っていくところが、このドラマの喜劇ならぬ"人情喜劇"たるゆえんでしょう。

シリーズの中でもこれはと思う作品は、どれもこれも笑いと哀しみの釣り合いが程よくとれていて、というよりも、私にとっては、むしろ笑いが哀しみを際立たせるためのツマに感じられるような作品ほど、より深く印象に残っていたりもします。たとえば第四作「新・男はつらいよ」(1970)みたいに喜劇一辺倒に近いノリは、むしろ寅さんが寅さんじゃないというか、とらやがとらやじゃないというか、ほとんどパラレル・ワールドを観ているかのような据わりの悪さを感じてしまいます。逆に「男はつらいよ 寅次郎恋歌」は、シリーズ中でもかなり笑いの要素の薄い、ほとんど辛気臭いといってもいいくらいに情緒的な作品ですが、しかしそんなペーソス味の強いドラマにこそ、私がこのシリーズに感じる面白さの本質があるように思えます。

今となってはお笑い種ですが、このシリーズを観始めた最初の数年間、特に二十歳前後の頃は、寅さんの失恋、というよりも、あれだけ弁が立つのに好きな女性に気持ちを伝えることだけはどうしてもできない、寅さんの哀しい不器用さに自分を重ね合わせ、ずいぶんと感情移入してしまったものです。所詮適わぬ相手に惚れてしまい、そして相手の何気ないひとことや態度に一喜一憂してしまう、そんな寅さんの愚かさを笑いながら、しかし同時にどこかしら、身につまされるものがあったというか。私がこの映画のペーソス味により強く惹かれてしまうのは、もしかしたら、そんな原体験のせいなのかもしれません。



背筋の通った"寅次郎恋歌"

いうわけで、ここからようやく本題、「男はつらいよ 寅次郎恋歌」について。冒頭に書いたとおり本作は、志村喬扮する博(前田吟)の父親、諏訪ウン一郎(ひょういちろう)が登場する二本目の作品です。第一話で博とさくら(倍賞千恵子)の結婚式に出席し、家出していた博と八年振りの再会を果たし、真心のこもったスピーチで寅さんを男泣きに泣かせた博の父親は、その後、北海道大学の教授を退任し、郷里の岡山、備中高梁に引っ込んで、郷土史を研究しながら日々暮らしている、という設定です。本作ではそんな博の父親をブリッジに、前半、第一話でもちらりと触れられていた、博の父親に対するわだかまりが深堀りされて描かれるとともに、後半、旅から旅へと暮らす寅さんの定着への強い憧れと挫折が、適わぬ恋のゆくえとも密接に絡みながら、しみじみと描かれていきます。

旅先で里心ついた寅さんが柴又に帰ってくる、おいちゃんたちとのちょっとした感情のすれ違いですぐ家を飛び出してしまう、しかし旅先でいろいろあって再び柴又へと戻ってくる、そして一目惚れの恋に身を焦がして舞い上がっているうちに失恋し、またいずこへと旅立っていく...とまあ本作のドラマ展開もまた、いつもとまったく同じパターンなのですが、しかしこの作品に限っては、個々のエピソードに有機的な繋がりがあって、作品全体を通じて背筋が一本、ピーンと通っているような骨太さがあります。しかもひとつひとつのエピソードが、ほとんど凄みといってもいい、ぐさりと抉るような深い情感を漂わせていて、要するにほかの作品と器は同じでも、完成度の高さが飛びぬけている感じがするのですね。

たとえば冒頭、とある漁師町での寅さんと旅役者一座の出逢いがいきなり素晴らしい。秋の長雨に降り込められ、ひとりも客の来ない小屋。そこへひょっこり現われた寅さんが座長に話しかけることばには、旅暮らしの人間同士だからこその共感と労わりが滲み、浮草稼業のつらさ、やるせなさがしみじみと伝わってきます。雨漏りする小屋で稽古に励む田舎芝居の座員たち。そして雨の中、一座の花形とは名ばかりの、純朴そうな娘に送られて旅館へと帰っていく寅さん。そんな旅暮らしの哀感とその裏にある堅気の暮らしへの強い憧れが、本作の主題となって、最後のワン・カットに至るまで、作品全体を鋭く貫き通していくのです。「男はつらいよ」の幕開けは、次作「男はつらいよ 柴又慕情」(1972)から、それこそ本作で一座の座長を演じた吉田義夫の登場する、芝居がかった"寅の夢"が定番となっていきますが、しかしこの作品のオープニングを超える味わいを感じさせるものは、ついにひとつもなかったように思います。



やくざな寅さん

先から柴又に帰ってきた寅さんが、再び旅へと去っていく情景も、いつもと同じ結構でありながら、本作の味わいはまた格別です。例によってとらやの過剰な歓迎ぶりに機嫌を損ねた寅さんが、外へと呑みに出かけ、やがて日が暮れた頃、呑み屋で知り合った二人の労務者を連れて帰ってきます。そしてしこたま酔っ払った寅さんは、いかにもやくざ者らしく、やさぐれた調子でさくら(倍賞千恵子)に歌を歌えと強要するのです。

「男はつらいよ 寅次郎恋歌」のイラスト(倍賞千恵子)怒るおいちゃんとおばちゃん(三崎千恵子)をなだめながら、前を真っ直ぐ見つめ、悲しい歌をぽつぽつと歌いだしたさくらは、しかし歌いながら、ぽろぽろと涙をこぼしてしまいます。そしてその様子を見た寅さんの酔いはいっぺんに醒め、ことば少なにさくらに詫びると、がくりと項垂れてとらやを去っていくのです。シリーズ全作を通じ、寅さんがさくらに迷惑を掛けたことは山ほどあれど、これほど残酷な仕打ちはこれっきりで、こんなにさくらが可哀相に思えたこともありません。なぜ寅さんが出て行かなくてはならないのか、作品によっては無理があるように思えるときもあるのですが、本作では、まさに出て行くべき寅さんが描かれていて、見送るさくらの哀しみが胸を打ちます。

初期の寅さんには、後期の寅さんからは想像もつかない、ときにいたたまれなくなってしまうような粗暴さがあって、がらっぱちな口を利いたときのドスの効かせ方などに、いかにも社会の食み出し者らしい、ひやりとする危うさが滲んでいます。またそんな寅さんを見る世間の目付きにも相応の冷たさがあって、たとえば第二作「続・男はつらいよ」(1969)で、舎弟の登(津坂匡章)とともに無銭飲食でとっ捕まった寅さんに向けられる警察官の罵倒、叱責の厳しさは、いかにも"社会の屑"扱いに近い、容赦のないものでした。この作品でも、金町の路肩で商売していた寅さんが、警官から冷たく許可証の提示を求められ、ぺこぺこと卑屈に頭を下げながら、すごすごと店を畳むという、ちょっとばかりいたいたしい情景が描かれていたりします。

しかしそんな寅さんのリアルな無頼っぷりも、この第八作あたりが最後。その性質は回を追うごとに角が取れていき、またそれとともに、寅さんに向けられる社会の視線からも、眉顰める気配が消えていきます。たとえば第十八作「男はつらいよ 純情詩集」あたりになると、警察と寅さんの関係もずいぶんと変化していて、旅先の別所温泉でばったり再会した、本作の旅役者一座にパトロン気取りで大盤振る舞いした寅さんが、これまた無銭飲食で捕まるのですが、しかしさくらが身元の受け出しに遥々出向いてみれば、寅さんは警察官たちとすっかり意気投合し、寅さん寅さんと呼ばれて慕われて、パトカーに乗って朝風呂に出掛けたりしているのです。

第一作、第二作あたりの寅さんの荒みっぷりと世間の冷たさは、中期の作品から観始めた私にとって、正直、アクの強すぎるところがあったりもするのですが、しかし丸くなりすぎてしまった「男はつらいよ」の世界もまた、それはそれで物足りなかったりして、端境期ともいえるこの作品あたりのバランスが、ちょうど心地よかったりするのです。



博の幸福論

て、寅さんが柴又を去ってしばらく経った頃、博のもとに母危篤の電報が届きます。博はさくらとともに備中高梁へと向かいますが、しかし二人が到着したときには既に遅く、母親は亡くなった後でした。翌日法要が営まれ、そしてそこへ突然現われたのが、いつもの格子縞の背広に黒い腕章を付けた寅さん。たまたま旅先の岡山からとらやに電話して訃報を知り、駆けつけてきたという次第。葬儀の席で馬鹿な振る舞いをして、"常識人"の博の兄たちにさんざん顰蹙を買った寅さんが退散したその夜、内輪の会食の席で、母のことを「あれは何と言うか、欲望の少ない女だったな」と述懐する父親と、それにしたり顔で相槌を打ち、母は幸せだったと佞弁を弄する兄たちに、末席の博が食って掛かります。

「兄さん。兄さんたちは本気でそんなことをおもっているんですか?お母さんが、お母さんが本当に幸せだったなんてことを...よくもそんなことが言えるなぁ。お母さんがなんで幸せなものか!」

第一話で描かれる、若い頃に家を飛び出てぐれかけたという博の父親に対するわだかまりの根が、家庭を顧みない仕事人間である父親の母親に対する仕打ちにあったことが、この作品で初めて明らかになります(といっても私が第一話を観たのはずっと後)。そしてそんな反抗心のいくばくかが、おそらく大学出の"優秀"な、しかしこの上なく"俗物な"小才子の兄たちに向けられたものでもあっただろうことも。

母には母の夢があった、しかし諦めていただけだと語る博に対し、長兄は怒り、母が息を引き取る前に、もう何も思い残すことはない、と言い残したことを教えます。ところが博は納得せず、搾り出すような涙声でこんなことを言うのです。

「お母さんは死ぬ間際までみんなに嘘をついていたんだなあ...もし、嘘じゃなかったら、もし本気でそう思っていたとしたら、俺はお母さんがもっと可哀想だよ。そうじゃないか!お母さんみたいな一生を、父さんの女中みたいな寂しい一生を本気で幸せだと思い込んでいたなら、そんな、そんな可哀想なことってあるもんか!」

この映画を初めて観た高校生の頃、家の中がやや"火宅の人"状態だったこともあり、母親に対する深い愛情を滲ませ、その心を必死に代弁しようとする博に強く感情移入してしまったものです。そして同時に、博の兄たちが心の冷たい、つまらない人間に思えて仕方がなかったものです。しかし今になって観てみると、母親の幸せを博が自分の尺度で計り、そして幸せでなかったと言い切ることには、正直、自分の正当性を毛頭疑わない、頭の固い人間の傲慢さを感じてしまったりもします。博の言っていることが、おそらく正しいに違いないとは思いつつも、しかし人が本当に幸せかどうかの判断は、所詮、本人が本人の尺度でしか下せないものだと思うからです。博の母親が幸せだと思い込んでいたのなら、結局それが幸せってことなのではないか、そんなふうにも終えたりもするのです。

いずれにしても、博の仮借ない物言いとその真情は、兄たちにはこれっぽっちも届かずとも、連れ合いを亡くしてひとりぼっちとなった父親の心の中に、なにがしかの思いを芽生えさせます。そしてその思いは、かの有名な"りんどうの花"のエピソードにかたちを変えて、巡り巡って義兄の寅さんへと伝わっていくのです。



"りんどうの花"と"こんにゃく"物語

たちが帰京したのち、博の父親の家には、寅さんが舞い戻っていました。一人暮らしの寂しさを紛らわせてあげようという気持ちは本気ながら、それこそ女中のように、博の父親を働かせて平気な寅さんの図々しさが可笑しいのですが、しかししばらく逗留してそろそろ腰を上げようかという夜、博の父親が、庭に咲くりんどうを眺めながら、ほろ酔い加減の寅さんに尋ねます。

「寅次郎君、旅の暮らしは楽しいかね」
「ええ、そりゃ楽しゅうございますよ、何ていったってこりゃやめられませんね、へへ」


女房子供がいないから身軽でいい、と嘯く寅さんに、博の父親は、ひとつの思い出を語って聞かせます。

「そう、あれはもう十年も昔のことだがね、私は信州の安曇野というところに旅をしたんだ。バスに乗り遅れて田舎道を一人で歩いているうちに日が暮れちまってね。暗い夜道を心細く歩いていると、ぽつんと、一軒家の農家が建っているんだ。りんどうの花が庭いっぱいに咲いていてね、開けっ放した縁側から、灯りのついた茶の間で家族が食事をしているのが見える。まだ食事にこない子供がいるんだろう、母親が大きな声でその子供の名前を呼ぶのが聞こえる。私はね、今でもその情景をありありと思い出すことができる。庭一面に咲いたりんどうの花。明々と灯りのついた茶の間。賑やかに食事をする家族たち。私はそのとき、それが、それが本当の人間の生活ってもんじゃないかと、ふとそう思ったら急に涙が出てきちゃってね。人間は絶対に一人じゃ生きていけない。逆らっちゃいかん。人間は人間の運命に逆らっちゃいかん。そこに早く気がつかないと、不幸な一生を送ることになる。わかるね、寅次郎君。わかるね...」

独り身になって寂しさが初めて身に染みる、家庭を蔑ろにしてきた博の父親自身の悔恨が透けるような、そんな思い出話に寅さんは心を打たれます。それは旅から旅への暮らしの中で、寅さんが幾度となく目にしたことがある、そしてそんな光景に言い知れぬ寂しさを何度も味わったことのある、きっと心から共感するところのあるものだったに違いありません。こうして寅さんは、大いに反省して高梁を去り、そして"本当の人間の生活"(=結婚)への強い決心を胸に、柴又へと舞い戻っていくのです。

「男はつらいよ 寅次郎恋歌」のイラスト(志村喬)ちなみにこの作品の後、博の父親は、第二十二作「男はつらいよ 噂の寅次郎」(1978)で三度目の登場を果たします。木曽路を行く路線バスの中で、寅さんと博の父親がばったり邂逅する場面の高揚感は、まるで自分が懐かしい親戚にでも出逢ったような、思い出すだに嬉しさのこみ上げてくるものです。博の父親に同道して(たかりながら)しばらく旅を続けた寅さんは、本作と同様、博の父親のたとえ話―今度は今昔物語に託した思いやりのある諫言によって目を覚まし、また反省して柴又へと去っていきます。女性の容姿に惹かれる虚しさと人生の儚さを学んだはずの寅さんが、大原麗子演じる早苗と出逢った途端、もう何もかも忘れてなし崩し的に一目惚れしてしまうというオチは面白いものでしたが、しかし味わいのある話が、本作と違ってただのギャグの前振りで終わってしまっているところが、惜しいというか、勿体ないようにも感じられる一作です。



地道な暮らしに憧れる寅さんと、旅暮らしに憧れる貴子

らやに帰ってきた寅さんは、博の父親の受け売りを皆に得々と語って聞かせますが、そもそもりんどうの花の話に出てくる家族そのものの暮らしを送っているおいちゃんやおばちゃんには、話の要点がさっぱり掴めません。のちに第十一作「男はつらいよ 寅次郎忘れな草」(1973)で、寅さんと同じ旅暮らしを送るドサ回りの歌手、リリー(浅丘ルリ子)が似たような話に深く共感するのと実に対照的であり、この旅暮らしの"渡世人"と地道に暮らす"堅気の衆"の間に横たわる意識の溝が、やがて寅さんを深く傷つけていきます。

本作のマドンナは、池内淳子演じる子連れの寡婦、貴子。反省した寅さんが帰ってこようとするまさにそのとき、柴又に引っ越してきて、帝釈天のすぐ脇に喫茶店を開業したという設定。そして例によって、寅さんはぱったり出逢ったその日から、貴子に一目惚れしてしまいます。第五作「男はつらいよ 望郷篇」(1970)で描かれていたように、ときに寅さんにとって"地道な暮らし"とは、まず何よりも、"額に汗して働くこと"を意味することもあるのですが、しかしりんどうの花の話に啓発された本作の寅さんにとって、"本当の人間の生活"とは、なんといっても"結婚して家庭を持つ"ことです。そしてそんな寅さんにとって、"こぶ付き"の貴子は、"りんどうの花"の暮らしを手っ取り早く実現できる、願ってもない相手だったりします。

寅さんは、小学四年生になる貴子の引っ込み思案の一人息子、学が地元の子供たちに馴染めずにいるのを見て取って、友だち作りの仲介役を買って出ます(ヨハン・シュトラウスII世の「春の声」が流れる中、江戸川の土手で寅さんと子供たちが転げまわって遊ぶ場面の描写が実にリリカルで素晴らしい)。そんなことをきっかけに、寅さんと貴子との距離は次第に縮まっていくのですが、ところがある日、寅さんは貴子が喫茶店を開業するために阿漕な金貸しに借金をこさえ、苦しんでいることを知ってしまいます。子供の遊び相手を務めるのはともかくとして、ハナシが"金銭問題"となれば、寅さんが貴子のためにしてやれることは知れていて、切羽詰って町中で商売をしてみるも、先に書いたとおり、お巡りさんに目をつけられ、なんとも惨めな結果に終わってしまいます。

そんな寅さんは、ある日の宵の口、りんどうの鉢植えを手土産に貴子を庭先に訪れると、思いつめた調子でこんなことを口にします。

「あの、何か困っていることはございませんか?どうぞ私に言ってください。どうせ私のことです。たいしたことはできませんが、指の一本や二本、いえ、片腕、片足くれえでしたらなんてことありません。どうぞ言ってください、どっかに気にいらねえ奴がいるんじゃないですか?」

"本当の人間の生活"を求めていたはずが、愛する人のために、結局そんなやくざなことしか言えない、無力感に打ちひしがれた寅さんの哀しみが伝わってきます。しかし寅さんは、寅さんの持てるものすべてを言葉にして貴子に捧げているのであり、そしてそんな寅さんの真心は、貴子にもしっかりと伝わります。

「ありがとう。ほんとうにありがとう寅さん。嬉しいわ、私とっても嬉しい。いいの。そりゃ、困ることありますけどね。私ひとりの力でなんとか解決できると思うの。だからそれはいいの。でも、寅さんの気持ちホントに嬉しいわ。そんなふうに言われたの、今、今の寅さんみたいに言われたこと私、生まれて初めてなのよ」

ひとしきり涙を流した貴子は、気を取り直したように、そしてままならぬ現実からひととき目を背けるかのように、月を眺めながら、旅暮らしへの憧れを口にします。

「いいわねえ、旅の暮らしって」
「てめえが好きで飛び込んだ稼業だから、いまさら愚痴も言えませんが、傍目で見るほど楽なもんじゃあないんですよ」


たとえば、と訊かれ、寅さんは、例のりんどうの花の話に尾ひれを加え、その苦労を貴子に語って聞かせます。

「たとえば、夕暮時、田舎の畦道をひとり歩いていたんですねえ。ちょうど、りんどうの花がいっぱい農家の庭に咲きこぼれて、電燈はあかあかと灯って、その下で親子が水入らずの晩飯を食っているんです。そんな姿を垣根越しにふっと見たときに、ああ、これが本当の人間の生活じゃねえかな、ふっとそんなこと思ったりしましてね...しかたねえから、行き当たりばったりの飲み屋で無愛想な娘相手にきゅっと一杯ひっかけましてね、駅前の商人宿かなんかの薄い煎餅布団にくるまって寝るとしまさぁ。なかなか寝つかれねえ耳に、夜汽車の汽笛がポ―っと聞こえてきましてね。朝、カラコロ下駄の音で目が覚めて、あれっ?オレは今一体どこにいるんだろう。あ、ここは四国の高知か...そんな時に今、柴又じゃ、さくらやおばちゃんたちが、あの台所で、味噌汁の実をコトコト刻んでいるんだなぁ、なんて思ったりしましてね」

旅暮らしの侘しさを伝えようとして、しかし寅さんは、逆に貴子の旅情を掻き立ててしまいます。旅暮らしのつらさを知らない定住者にとって、寅さんの語る感傷的な情景描写は美しすぎて、代わり映えのしない日常から眺めてみれば、見知らぬ土地で味わうそのひと恋しさが、限りなく好ましいものに思えたりします。

「ああ、いいなぁ旅って。私も今すぐにでも行っちゃいたいわ。こんなお店も何もかもみんな捨てちゃって。ねぇ、寅さん」

旅への憧れを語る貴子の瞳がきらきら輝きを増していくのと反比例して、伝えたいことが伝わらないもどかしさに、寅さんの表情は暗く沈んでいきます。

「寅さんは、またいつか旅に行くの?」
「ええ、そりゃそうですね」
「そう、いつごろ?」
「いつごろでしょうか。風に誘われる、とでも申しましょうか。ある日ふらっと出て行くんです」
「羨ましいわ、私も一緒について行きたいなぁ」
「そうですかねぇ、そんな羨ましがられるほどのもんじゃねえんですけどね...」


とまあ、貴子はいつもの寅さんだったら勘違いしてのぼせ上がってしまうようなセリフを口にするのですが、しかし寅さんは、実に悲しそうな、ほとんどふさぎこんだような表情で自嘲的に笑い、そして掛かってきた電話に貴子が出ているあいだ、庭先からふっと姿を消してしまうのです。



恋に恋する寅さん

うして寅さんは、シリーズを通じて初めて、ふられる前に自ら身を引きます。これまでいつも、とことん惨めで情けないふられっぷりをみせていた寅さんが、初めてキレイに恋を諦めるのです。それは、惚れた女性の悩みを解決できない、己の無力に対する敗北感よりもむしろ、どこまでもすれ違う会話と噛みあわない気持ちに、貴子と己が住む世界の違う人間であるということを、嫌というほど思い知らされてしまったせいでしょう。もしかすると、旅暮らしのつらさを理解せず、憧ればかりを募らせる貴子の中に、地道な暮らしに憧れるばかりで、その裏側にある苦労を真に理解できない己の姿を見たのかもしれません。あるいはそんな生活に、到底、己が耐えられるはずもないことを、今さらながらに悟ったのかもしれません。いずれにしても、それは貴子ひとりに対する失恋というよりも、堅気の暮らしを送る女性との"本当の人間の生活"を諦める、とても根本的で、深い喪失感に彩られた失恋だったように思います。

とらやに帰ってきた寅さんは、ふられてもいないのにふられたと口にすると、荷物をまとめに二階へと上がっていきます。そして暗い部屋の中で身支度をしながら、心配して後を追ってきたさくらに、まるで念押しするかのように尋ねるのです。

「さくら、兄ちゃんのこんな暮らしが羨ましいか、うん?そんなふうに思ったことあるかい?」
「あるわ。一度はおにいちゃんと交代して私のこと心配させてやりたいわ。寒い冬の夜こたつに入りながら、ああ、今ごろさくらはどうしてるかなぁって、そう心配させてやりたいわよ」


それは貴子の旅暮らしへの憧れとはまた別の、たったひとりの妹さくらだからこその、深い肉親の情愛のこもったひとことです。寅さんはハッとして、本当の人間の生活に馴染めない己の業の深さを噛み締めるかのように、ぽろりと涙をこぼします。

「そうかい...さくら、すまねえ」

すっかり灯の落ちた人気のない帝釈天の参道を、駅へ向かってひとり歩いていく寅さんの後姿に冷たい晩秋の風が吹いて、このシリーズでは珍しい、寒々としたうすら寂しい気配が漂います。こうして寅さんはまた、孤独を噛み締めながら、ひとり、旅の暮らしへと戻っていくのです。

本作以降、回を追うごとに、寅さんの潔さには拍車がかかっていくかのようで、やがて、いかに恋に夢中になっていようとも、煮詰まる前に潮時を察し、すっと身を引くことが多くなっていきます。それどころか、第十作「男はつらいよ 寅次郎夢枕」(1972)に至っては、プロポーズされたと勘違いした幼馴染の千代(八千草薫)が結婚を承諾したにもかかわらず、寅さんはそれを冗談にしてしまったりもします。そしてそんなことが、そのあと何度か繰り返されたりもするのです。蝶よ花よと恋に浮かれながら、しかし貴子との別れ以来、心のどこかで寅さんは、地道な暮らしについて回る重荷を背負うことができない、己の哀しい性分を悟っているかのようです。要するに本作以降の寅さんは、ときに結婚への憧れを口にしたりしながらも、その実、恋に恋しているだけのようにも思えるのです。



「男はつらいよ」の"ディスカバー・ジャパン"

ラマの味わいとはまた別に、「男はつらいよ」の大きな魅力は、そこに日本の日本らしい四季折々の風景が、情緒豊かな美しい映像でもって記録されていることでしょう。「男はつらいよ 柴又慕情」で、金沢を旅行中の歌子ちゃんこと吉永小百合の友だちが、兼六園で観光客を眺めながら、「あ~あ、ディスカバー・ジャパンか...どこ行ってもおんなじね」なんてことを口にするのですが、寅さんがローカル電車や路線バスを乗り継いでいく旅先は、観光名所はむしろ少なくて、むしろそんなところで商売になるのかという、地味で地道な、しかしそれこそ旅愁がしみじみと滲む、これぞ本当の"ディスカバー・ジャパン"。シリーズ全作に点景のように散らばる日本津々浦々の情景は、そこに暮らす人たちの生活感が伝わってくるような町並みだったり、あるいは澄んだ空気の匂いまでもが感じられそうな山里だったり、とりたててどうってことのない、しかし今となっては失われて久しい、これぞ日本といいたくなるような、懐かしくて貴重な昭和の風景です。

本作のロケ地は、お馴染み葛飾柴又に、静岡県の下田、岡山県の備中高梁、そして山梨県は八ヶ岳を望む田舎道。たとえば高梁の武家屋敷通りをそぞろ歩く寅さんと博の父親の横を、SLがもくもくと蒸気を上げて通り過ぎていく映像は、自分自身にSLを見た記憶がないにもかかわらず(ただし時代的には幼い頃に目にしているはず)、不思議なほどに郷愁を呼び覚まされてしまったりします(ちなみに高梁の地は、第三十二作「男はつらいよ 口笛を吹く寅次郎」に再度登場します。博の父親が既に亡くなってしまっているという設定で、"博の父親三部作"の番外編といったところでしょうか)。

そしてエンディングに描かれる、晩秋の気配が色濃く漂う甲斐の田舎道。これまたどうってことのない、よくある田舎の風景なのですが、縁側の軒先に唐黍の吊るされた藁葺き屋根の百姓家、辻に立つお地蔵様、微かに雪を冠った八ヶ岳、そして遠くに映る富士山、とまあ何もかもが清々しくて、短いながらも何とも旅情を掻き立てられる場面です。

そんなからりと澄みきった青空の下、寅さんはオープニングに登場した旅芸人の一座と再会します。旅暮らしの酸いも甘いもわかりあえる、"同じ世界の住人"と出逢った寅さんの顔に、パッと笑みがこぼれます。"本当の人間の生活"に挫折した寅さんの傷心が、みるみる癒されていくかのようで、旅暮らしの哀しい一面を描いて始まった本作は、こうして旅暮らしの陽気な一面を描いて締めくくられます。「男はつらいよ」の終わりはいつもすかっとした青空ですが、本作の寅さんは、その絶望がことさら深かったように思えるだけに、この抜けるような青空の広がるエンディングには、実に救われた気持ちにさせられるのです。

       *       *       *       *       *

とまあ書き終わってみれば、またずいぶん長い記事になってしまったのですが、「男はつらいよ」についてはまだ書きたいことがある、というわけで、次回の記事も引き続き、「男はつらいよ」の予定。今度は"リリー三部作"について書こうと思います。



男はつらいよ 寅次郎恋歌 (英題: Tora-san's Love Call
公開: 1971年
監督: 山田洋次
製作: 島津清
脚本: 山田洋次、朝間義隆
出演: 渥美清/倍賞千恵子/前田吟/森川信/三崎千恵子/太宰久雄/笠智衆/池内淳子/吉田義夫/岡本茉利/志村喬
音楽: 山本直純
撮影: 高羽哲夫
美術: 佐藤公信
編集: 石井巌


人気ブログランキング  にほんブログ村 ブログランキング
ブログ・ランキングに参加しています。よろしければクリックをお願いします。

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://cinema200.blog90.fc2.com/tb.php/104-7b7e0ddb

トラックバック

コメント

[C634] こんばんは☆

mardigrasさん、レビューアップされたんですネ!
良かったです~!(やっぱスポンサーサイトは寂しいです)

>「日本の労働者は貧しいなあ」だとか、「おい、青年!」だとか、・・・・こうして文字にしてみると別にたいして可笑しくもないセリフの数々が、これがひとたび寅さんの口から飛び出すと、不思議なことに、なんとも笑えて笑えて仕方がないのですね。

これ、ホントにそうですよね~。あの映画の中で、寅さんが口にした時、心の底から笑えますよね~。見ていない人にはぜひ見てもらって、それらのセリフを聞いてもらいたいです!
イラストはちょっとマジな感じの寅さん?さくらさんの表情が感じ出ていて良いですネ☆

私自身はあまり「寅さん」は見ないけど(ゴクミ3部作はわりと好きです)
こうして詳しいレビューを読ませてもらうと、また機会があれば見てみたいなぁ~と、思いました。
今日は私も「寅さん」だったので(噂の寅次郎)とっても嬉しかったです☆
  • 2010-09-06 19:38
  • miri
  • URL
  • 編集

[C635] >miriさん

ありがとうございます。
いや~、せめて1ヶ月に1回は更新したいものです(汗)。

寅さんは見た目のアクが強いから、割と敬遠している人も多かったりするのかもしれないですね。でもことばの語感でこれだけおかしみを出せる人はそうそういないと思います。逆にしんみりとした情感も。ホント可笑しくて哀しいですね~!

イラストは、マドンナに出会ってカッコつけてる寅さんです(笑)。さくらさんはつるっとした顔してるので、なかなか感じがでないです。。。

ゴクミの出てくる後期の作品は、なかば満男が主役みたいな感じですね。吉岡君ファンなので、あれはあれで、また違った味わいがあって私も好きです。

噂の寅次郎..."博の父親三部作"の第三弾ですね!これは奇遇ですね~。のちほどお邪魔して読ませていただきますね!


[C636] お久ー

Mardiさん戻ってこられほんまにうれしいわぁ~・・・、
渥美清さんがなくなられて15年ですか、ニュースをこちらで知ったその夜、持っていたビデオカセットの「寅さん」を観て追悼しました。でもどの作品だったのか覚えていません。

私ごとですが、70年代の後期に両親が心配して上京してきたことがあります。もう東京見物は必要なかったのでほっといていたら、上野の映画館でちょうど封切りの「フーテンの寅さん」を観てきたと二人ともいい顔で帰ってきて、父が私に「好きなように生きればいいんだ」とポツンといったのです。それが一つの或きっかけとなりました。

80年代にはJAL開催の映画会が毎年ハンブルクでもあり、上映作品は毎回「寅さん」で日本語ががわからない旦那も面白いといい幼かった長女と一緒に「トラサン、トラサン」と渥美清さんを呼んででいました。

Mardiさんがとりあげた寅さんのこの科白「教養のない奴はいやだねぇ~」でこのシリーズ半分も観てない私にはMardiさんのこれから続く「フーテンの寅さん」シリーズが楽しみです。


  • 2010-09-08 00:27
  • ヘルブラうウ
  • URL
  • 編集

[C637]

ーこれだから教養のない人たちはいやなんだよ。ー、

↑ この科白だからいいのに、勝手に変えて書いたようなので訂正してください!
  • 2010-09-08 00:36
  • ヘルブラうウ
  • URL
  • 編集

[C638] >ヘルブラウさん

ありがとうございます、そんな風におっしゃっていただけると更新した甲斐があるってものですよ~。

渥美清は享年68歳ですから、いかにも早すぎますね。。。映画になんて出なくていいから、もっと長生きしていただきたかったな~と思います。

ヘルブラウさんにとって寅さんは個人的な思い出のある映画だったんですね~。お父様がそんなことをおっしゃったきっかけになったのは、一体どの作品だったのでしょうね。。。それにしても、上野というのは映画の中でも何度も出てくるし、寅さん映画を観るのにどこよりも相応しい場所のような気がします。

寅さんの面白さは世界共通なんですね~。なんだか嬉しいです。ことばのニュアンスはわからなくても、ドラマに描かれいている喜怒哀楽はどこでも一緒ですものね。そうそう、「教養のない奴はいやだねぇ~」なんて言い方も、どれかの作品であったような気がしますよ(笑)。

まったく関係ないのですが、以前教えていただいた、ドイツでクリスマス恒例というロミー・シュナイダーのシシィが一昨日から3日連続でNHKで放映されました。いまひとつ、というお話だったと思いますが(笑)、とりあえず録画したので、いずれ観てみようと思います。

[C640] 「男はつらいよ」は

一度も観たことがないんですよ~。「釣りバカ」とか長~く続いているシリーズはほとんどスルーしてました。どうせなら最初から観たいと目を光らせてはいるんですけどね。

さて、今月も「ブログDEロードショー」のお誘いに参りました。
作品は 『 アマデウス 』 (1984年アメリカ、ミロシュ・フォアマン監督)です。ロッカリアさんが選んで下さいました。

お選びになられた理由は
・当初の企画「一人では見難いから皆で一緒に見ようよ」と言う原点回帰。
この映画長い(160分)から、DVD買ってからまだ一度も見ようとしていない。(腰が引ける、と言うか…)このようないい機会がないと進んで見れないのだ。
・この映画をミュージカルだと思っている人が意外に多い。ようやく秋らしくなって来たので、極上のミステリーを皆と堪能したい。
・モーツァルトのお勉強にもなる。彼の人生を、映画を見ているだけで学べる。

とのことです。

観賞日は10月1日~(金)~3日(日)です。
今月も盛り上がりましょうね~!
  • 2010-09-24 07:22
  • 宵乃
  • URL
  • 編集

[C642] >宵乃さん

これだけ数あるとなかなか手が伸ばしずらいですよね~(笑)。私も「釣りバカ」は「男はつらいよ」の併映で数本見たきりです。こっちもなんだかんだでけっこうあるんですよね...

いつもご連絡ありがとうございます。「アマデウス」、20年以上前にテレビで見たきりですが、とても印象に残ってます。ぜひ参加させていただきますね~。

[C850] 管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

管理人: mardigras
「ゴースト・イン・ザ・シェル」を観てきました。もちろん吹替版で。いや~、面白かった!

Latest comments

openclose

Index

邦画の紹介
椿三十郎
七人の侍
用心棒
ツィゴイネルワイゼン
遙かなる山の呼び声
復讐するは我にあり
砂の女
男はつらいよ 寅次郎恋歌
男はつらいよ 寅次郎忘れな草
男はつらいよ 寅次郎相合い傘
男はつらいよ 寅次郎ハイビスカスの花
武蔵野夫人
仁義なき戦い
麻雀放浪記
幸福の黄色いハンカチ
悪魔の手毬唄
丹下左膳餘話 百萬兩の壺
夜叉
劔岳 点の記
洋画の紹介
第三の男
ブレードランナー
ゴッドファーザーPARTII
羊たちの沈黙
ミッドナイト・ラン
スカーフェイス
ビッグ・ウェンズデー
ゴッドファーザー
駅馬車
荒野の決闘
ダンス・ウィズ・ウルブズ
燃えよドラゴン
スパルタンX
ターミネーター2
パルプ・フィクション
アパートの鍵貸します
引き裂かれたカーテン
めまい
夜の大捜査線
地獄の黙示録 特別完全版
サンセット大通り
モーターサイクル・ダイアリーズ
8 1/2
真夜中のカーボーイ
スティング
プラトーン
ダイ・ハード
赤ちゃんに乾杯!
太陽がいっぱい
マルホランド・ドライブ
薔薇の名前
リバー・ランズ・スルー・イット
ルートヴィヒ
M★A★S★H マッシュ
バック・トゥ・ザ・フューチャー
タクシードライバー
エンゼル・ハート
バグダッド・カフェ 完全版
未来世紀ブラジル
明日に向って撃て!
恐怖の報酬
レスラー

キル・ビルVol.2
2001年宇宙の旅
ブリキの太鼓
ジュラシック・パーク
十二人の怒れる男
ゲッタウェイ
ミシシッピー・バーニング
ベルリン・天使の詩
裏切りのサーカス
ブラック・レイン
アマデウス
遠い空の向こうに
カプリコン・1
その他映画関連
いとしの映画音楽
この邦題がすごい!
この映画の原作がすごい!(海外編)
この映画の原作がすごい!(国内編)
あの映画のコレが食べたい!
2010年イラスト・カレンダー
「ツィゴイネルワイゼン」を訪ねて
2011年イラスト・カレンダー
続・この映画の原作がすごい!(上)
続・この映画の原作がすごい!(下)
シネマ・イラストレイテッド in TSUTAYA
「劔岳 点の記」を訪ねて
その後のシネマ・イラストレイテッド in TSUTAYA
「夜叉」を訪ねて
「ツィゴイネルワイゼン」を訪ねて(その2)
2014年イラスト・カレンダー
「砂の女」を訪ねて
「悪魔の手毬唄」を訪ねて
「武蔵野夫人」を訪ねて

Add to rss reader

feed-icon-14x14RSSフィードの表示


人気ブログランキングにほんブログ村 ブログランキング
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。