スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • @
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://cinema200.blog90.fc2.com/tb.php/106-1fa519b0

トラックバック

コメント

[C663] こんにちは

イラストも写真も素晴らしいですね!
とくに”北穂高岳から奥穂高岳方面を望む。”の写真は、空の色、雲の形、山のどっしりした感じに、おまけに月まで輝いていて食い入るように見つめてしまいました。”天狗池に映る逆さ槍”もいいなぁ~。高所恐怖症ぎみのわたしには迫力のありすぎる写真もたくさんありました。(あんなところ歩けるんですか!?)
今回は充実した山歩きになって良かったですね。

梓川は父が大好きで、確か5歳ぐらいの時にキャンプか何かに連れて行ってもらった気がします。もうぜんぜん覚えてないなぁ・・・。
ちゃんと鳥とか見ておけばよかった!

>タイトルの駄洒落のためだけに無理やり十の章に分けた山歩きの記録。

あと、ココに笑いました。Mardigrasさんって、けっこう数字とかこだわっちゃうタイプですよね?
  • 2010-11-02 12:57
  • 宵乃
  • URL
  • 編集

[C664] こんにちは☆

>歩いたというよりも歩かせてもらった、登ったというより登らせてもらったんだよなあという思いが胸をよぎります。晴天を用意してくれた空に、道を開いてくれた先人に・・・

ライチョウに出会えて良かったですネ!
ブロッケン現象も見られて良かったですネ!
mardigrasさんの感謝の心が、素晴らしい3泊4日の日々を連れてきてくれたのだと思います。

お写真が全部すごくて!!!
お月さまの写っているのとか、燃える紅葉の写真が特に素敵です☆

そして私の好きな仲村トオルのイラストに、ウットリとしてしまいました。どうも有難う~。
  • 2010-11-02 14:55
  • miri
  • URL
  • 編集

[C665] >宵乃さん

ありがとうございます!

今回は"長い"(記事)に"重い"(写真)が加わってしまいましたが、写真、楽しんでいただけて何よりです!山から見た景色は雲がどんどん流れて空の色も刻一刻と変化して、見飽きることがありません...夕闇に溶け込む穂高はホント、美しかったです。

歩いたところはすべて国土地理院の地形図にも書かれているれっきとした道(徒歩道)なんですけど、でも一部、"道"とはいえないところもあったような気もします(笑)。上高地から槍ヶ岳までは足がすくむようなところはないので、気が向けば宵乃さんも"天狗池に映る逆さ槍"が見れますよ~。

お父さんに連れて行ってもらったキャンプ、、、幼いころのキャンプなんて、最高ワクワクしたでしょうね!私も次は、テント泊で行きたいな~と思いました。

数字、、、うっ、言われて初めて気がつきましたが、そういえばカレンダー作りもやたら数字にこだわってしまった覚えが。なぜなんだろう...

[C666] >miriさん

今回はホント、怖いくらいすべてに恵まれた旅行でした。特にライチョウは出来すぎで、翌朝、雪を見たときは、ほら(反動が)きたよ!と理屈抜きで納得してしまったほどでした(笑)。

日程も1日ずれていたら、きっと北穂まで行くことなく、喜びも半分だったと思います。登山道は山小屋の方たちがボランティアで整備してくださっているのですが、ホント頭が下がります。山に行くと謙虚になる、、、と「劔岳 点の記」でも主人公が独白していましたが、まったく同感です。

紅葉は掛け値なしに美しかったです!赤と黄色の間の色味がこんなに豊富な紅葉風景を見たのは初めてだったような気がします。

miriさん、仲村トオルがお好きだったんですね!浅野忠信や香川照之を描かなくてよかった~(笑)。

[C667] 管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

[C668] お久ー

あっ、Mardiさんが記事を更新してるー  ということで
読み始めたのですが六まで読んで先にコメントを書くことにしました・・・笑

写真の美しさに見惚れてしまってます。
ドイツのハーツ地方に魔女も集まるというブロッケンという山があるのですが、
ブロッケン現象って何か関係があるのでしょうか?・・・

さてまた続きを読ませてもらいますぅ~・・・
  • 2010-11-04 01:46
  • ヘルブラウ
  • URL
  • 編集

[C670] >ヘルブラウさん

私が山歩きをしているとき、ヘルブラウさんはちょうど日本を旅行されていたんですよね~。
そういえば、山の上から広島の方角にそれらしきお姿を望見いたしましたよ!

カメラを趣味にしてる方の撮影した写真を山小屋で覗かせていただいたら、やっぱりレベルがまったく違うというか、構図にしろ明るさにしろ色あいにしろ、それに対象を捉える一瞬のタイミングにしろ、もうホント、ため息が出るほど素晴らしいんですよねぇ。せっかくだから、もう少し上手に撮れるようになりたいなぁと思います。

ブロッケン現象はまさにブロッケン山が語源のはずです。小学生のころ、ブロッケン山に怪物が出現する不気味な絵の描かれた絵本を読んだ記憶があります。で、実際に眼にしてみると、ガスに後光の射したような影がくっきりと浮かび、確かにぱっと見、ぎょっとするものがありました。

いつも長~い記事に付き合っていただきありがとうございます!
六までくれば、ゴールはもうすぐですよ~(笑)。
  • 2010-11-04 20:48
  • mardigras
  • URL
  • 編集

[C671] 管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

[C674] ♪素晴らしい!絶景♪紅葉♪

こんばんは♪
たしか腰を悪くされ、ブログの世界に入られたのでしたね!!
随分と回復され何よりです^^
山、そして鳥が本当にお好きなのですね。
鳥の名前がたくさん出てきましたが、ほとんどどんな鳥なのか、、、でもその中々見られないというライチョウってテレビで見たことがあります。

そしてそして紅葉が素晴らしい。自然の色ってなんて綺麗なのでしょうね。
私も小さな秋を見つけに行こうかな♪ 電車の車窓とか、ご近所あたりで♪ 山ガールにはなれそうにないので、、

[C675] こんにちは☆

長野県は殆ど行ってるのに・・上高地に行ってない・・
と言う話をしたばかりで・・・。

随筆でも読んでいるのに・・取り合えず行かねば・・。
山は無理ですがホテルにいても楽しめますよねぇ☆

そちらの紅葉の美しさ・・違うんですよ。

今日は山登りまでさせて頂き・・有難うございました。
  • 2010-11-06 05:06
  • harunayamanekoーmama
  • URL
  • 編集

[C676] >whitypearlさん

こんにちは~!
そうなんです、腰痛がブログはじめたきっかけなんです。で、いざ始めてみたら楽しいし、人間、何がきっかけで何にめぐりあうかわからないものですね。でもおかげさまで完全復調。ありがとうございます!

山も鳥も大好きなんですけど、でも実は魚がいちばん好きです!(笑)
鳥はホント見飽きません。ライチョウはころころしてて、可愛いかったですよ~。

紅葉はいま標高800mくらいまで降りてきているようです。街が色づくのももうそろそろですね!
  • 2010-11-06 13:08
  • mardigras
  • URL
  • 編集

[C677] >harunayamanekoーmamaさん

こんにちは、
今回もお付き合いいただいて、ありがとうございます!

上高地、、、いちばん近い電車の駅からもバスで1時間半弱、長野の中でも最奥で、行きにくいといえば行きにくい場所かもしれませんね。。。

上高地周辺を散策するだけでも素晴らしいですよ~。晴れていれば穂高の山並みがど~んです!今回は立ち寄りませんでしたが、大正池周辺もそぞろ歩きするにはもってこいです。上高地には素敵なホテルがいっぱいありますし、紅葉の時期もいいですが、初夏の頃も最高です!冬は上高地まで入れませんが、でも近くの白骨温泉あたりで雪見風呂なんてのも最高ですよ~!

紅葉の違い、気温、、、のせいなんでしょうか...?
  • 2010-11-06 19:11
  • mardigras
  • URL
  • 編集

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

槍ヶ岳 十(テン)の記

「剱岳 点の記」のイラスト(仲村トオル)

劔岳 点の記」ではありません、念のため。

先月半ば、三泊四日の小屋泊で、紅葉真っ盛りの北アルプスを歩いてきました。ルートは、上高地から槍沢を詰め、槍ヶ岳から大キレットを経て北穂高岳に稜線を辿り、北穂南稜から涸沢経由で上高地に下山するという、全長約40kmの縦走コース。そんなわけで今回は、映画とまったく関係ない、山行日記と探鳥日記を併せたような記事でございます(あっ、お帰りにないで...)。

ちなみにイラストは、北アルプスの山岳映像が実に実に美しい「劔岳 点の記」(2009)より、日本山岳会の創設者にして、日本のアルピニストの草分け、小島烏水を演じた仲村トオル。映画には、槍ヶ岳がちらりと映る場面がいくつかあって、さらに烏水は1902年8月、民間の日本人登山家として槍ヶ岳に初登頂した人物だったりもして、今回の記事とまったく縁がないわけでもなかったりするのです(こじつけ)。

というわけで以下、タイトルの駄洒落のためだけに、無理やり十の章に分けた山歩きの記録。山(と鳥)に興味のある方もない方も、どうぞ錦秋の北アルプスをご堪能あれ!

一の記: ビバ!山歩き

十代も半ばとなった頃から山歩きが好きになり、年に数回、夏または秋の歩きやすい(雪のない)季節限定で、近郊の奥多摩を中心に、あちこちの山へと足を運ぶようになりました。たとえば冷たくてうまい水、稜線を吹き抜ける風、気持ちがすかっとする雄大な景色(そして平地にはいない鳥との出会い)、とその楽しみはいろいろですが、しかしなんといっても、自分の足だけを頼りに、一歩一歩踏みしめながら頂上に辿り着くことに、とかくゴールの見えずらい日々の暮らしの中ではなかなか味わうことのできない充実感や高揚感、そして(誤解を恐れずにいえば、お手軽でわかりやすい)達成感があったりします。

山歩き中毒は、年を経るごとに高まる一方で、2年前の夏あたりにはほぼ毎週、どこかの山に出かけるまでに熱が嵩じていたのですが、ところが日帰りで富士山に登ったのをきっかけに、二十年来の持病だった腰椎椎間板ヘルニアが悪化してしまい、山歩きどころか立ち上がることすらできなくなってしまいました。以来2カ月間、坐骨神経痛を併発して、痛みは日増しに激しくなるばかり。やがてブロック注射もまったく効かなくなり、あまりの苦しみに手術を受けたところ、まるでウソのように痛みが消えたのはよかったのですが、しかし我慢しすぎたせいか、足の神経がひどく傷ついてしまい、右足首に鈍い痺れが残ってしまいました。神経の傷の治癒は1日1mm...と医者に言われ、以来、山歩きや激しい運動を自粛していたのですが(その代わりブログを始めた)、あれからようやく2年、いまだ足首に違和感があるものの、これならなんとかなりそう、というくらいにまで快復し、となるともう、いてもたってもいられなくなってきました。



二の記: 準備山行でへたばる(奥多摩 鷹巣山)

て、どこへ行こう?となると、なんといっても心に浮かぶのは、腰を悪くする直前の夏、立山三山を縦走した折に浄土山から遠望した槍ヶ岳と穂高の山々、そして室堂乗越から仰望した劔岳...どちらも山容が素晴らしく、またコースもチャレンジングで、いずれ治ったら、このどちらかへ...と心に思い描いていました。そんなわけで、しばし楽しく悩んだ末、東京からのアプローチの便利さを考えて、やや難易度は上がるものの、槍・穂高連峰を縦走することに決めました。

浄土山から槍・穂高連峰を遠望
立山の浄土山から槍・穂高連峰を遠望(2008年8月)。

とりあえずの行き先が決まり、となると次は、本当になんとかなりそうか、どこかで自分の身体を試してみなければ...ということで9月の下旬、好天の日を選び、少々重めの荷物を背負って、奥多摩へ訓練に出かけました。本番を念頭に、ルートは、奥多摩でもっとも急登とされる稲村尾根から鷹巣山に登り(距離3,000mで標高差1,200mの鉄砲登り)、石尾根縦走路をだらだらと奥多摩駅まで下る、体力勝負コース。

で、いざ歩きはじめてみたところ...心底びっくりしてしまいました、己の体力の衰えっぷりに。考えてみればこの2年、運動らしい運動をしておらず、さらに久々の山歩きでうまくペースを掴むことができず、もう最初の1時間でバテバテ。結局、稲村尾根を登りきるのに5時間近くもかかってしまい(登山地図の標準コースタイムは3時間)、山頂で大休止したのち、ふらふらになりながら石尾根を辿り、なんとか奥多摩駅に辿り着いたときには、ヘッドランプの必要な時間になっていました。

とまあ、あまりに情けない準備山行となってしまったのですが、問題をはっきりさせるのが準備の準備たるゆえん、というわけで、そもそも上高地から槍ヶ岳まで一気に登るつもりだったのをやめ、途中、槍沢ロッジで一泊することに。また槍から奥穂・前穂まで歩くつもりでいたのですが、その手前の北穂止まりで下山することとしました。

また、奥多摩で明らかになった問題点がもうひとつ。疲れが貯まってくると、右足首の可動域が狭くなるというか、動きが鈍くなってしまうというか、下山途中に何度も、右のつま先を木の根に引っ掛けたり石にぶつけてしまったのですね。ガレ場や岩稜歩きがメインとなる本番では、ちょっとの蹴躓きが大事故に繋がりかねず、そんなわけでこの際、どこか岩場のあるコースも歩いておくか...と思ったのですが時間切れ、10月ともなると、3,000m級の山々は一気に冷え込み、稜線では既に初雪が降った模様。早くしないと来年までお預けになってしまう...というわけで、天気予報とにらめっこしつつ、3、4日は大崩れしなさそうなタイミングの連休明け、夜行バスで東京を出発し、一路、上高地へと向かいました。



三の記: 樹林帯のバード・ウォッチング(東京~上高地~槍沢ロッジ)

行バスを使ったのは、マイカー利用(+沢渡からシャトルバス)を別とすれば、それが前泊なしに朝イチで上高地入りできる、唯一の交通手段だったからです(23時に新宿出発、6時に上高地着)。ところが誤算だったのは、車中、ほんの2時間くらいしか眠れなかったこと。途中休憩が多すぎて、ウトウトしては目が覚めるの繰り返し。こうして、上高地(標高1,505m)に着いた瞬間から疲れきっていたのですが、初日の行程は、標高差にして300m、ほぼ平坦なアプローチを延々14kmを歩くだけなので、問題なし。とりあえず、バスターミナルのベンチで持参した食事を済ませ、登山計画書を届出ポストに投函し、水場で水を汲み、踵にキズパワーパッドを貼り、ウールのシャツを着込み、そして入念に準備運動をして、いざ行動開始。

河童橋と奥穂高岳
梓川に架かる河童橋と奥穂高岳。

梓川に沿って歩き始めると、さっそく、清流の浅瀬で採餌中のカワガラスを発見。しきりに尾を振りながら、嘴で水中の石をほじくり返していました。しばらく観察していると、遊歩道にキジバトが姿を現し、また笹薮の中からはジッジッという鳴き声。ウグイスか、それともミソサザイでしょうか。河童橋まで来ると、今度はマガモのエクリプス(繁殖期後に換羽して雌のような羽色になった雄)が数羽、梓川の速い流れにくるくると身を任せていて、またオシドリも居ついていると聞いていたのですが、残念ながら、今回は観られず。でもまあ、この際オシドリなんかどうでもいいというか、河童橋から北を見やれば奥穂高岳から吊尾根、そして前穂高岳が威風堂々と聳え立ち、南を振り返れば焼岳が朝日に輝いて、雲間にのぞく青空と凛と澄み切った空気に、山に来た喜びが、じわじわと湧いてきました。

河童橋より焼岳
河童橋より焼岳を望む。

双眼鏡を片手に樹林帯を歩いていくと、やがて小梨平の手前の林縁に、メボソムシクイが出現。また林の奥からは、アカゲラの鳴き声が聞こえてきました。さらに先へ進むと、かしましい鳴き声とともに、平地では見かけることのないコガラの群れが頭上にやってきました。と思ううち、目の前の樹に小さな鳥が止まり、ツツツと縦に走り登っていきました。今回の山旅で見たいと思っていた鳥、キバシリです(初見)。やっほーい!

とまあ、そんな感じで3kmの道のりを1時間半かけ、明神に到着。梓川に架かる明神橋を渡り、穂高神社奥宮に寄り道して登山の安全を祈願。明神館前に戻り、ベンチで一休みしていると、コガラがしきりと飛んできてはカラ松の実を啄ばんでいて、よく見ると、ゴジュウカラも混じっています。と、頭上の樹をちょこちょこと登っていくのは小さなキツツキ、コゲラ。林の奥から、またもやアカゲラの鳴き声が聞こえますが、これまた姿は見えません。その代わり、枝陰に見え隠れするやや大型の鳥が二羽。渡りの途中であろうマミチャジナイです。

その後、エナガの大群団と遭遇したり、野猿とすれ違ったりしながら(猿は山道を向こうからやってきて、文字通りすれ違った)、樹林帯をなおも歩いていくと、やがて9時半ごろ、徳沢に到着。徳沢にある徳沢園は、井上靖の名作「氷壁」に登場する徳沢小屋のモデルとなった山宿で(映画化(1958年)の際にはロケ地として使われたそうですが、未見)、木立の中に佇むその閑静な風情には、いかにもエレガントで洗練された趣があります。できれば泊まってみたかったのですが、今回の行程にうまくはめることができず断念。一服して先へ進みました。

徳沢園
「氷壁」の舞台、徳沢園。

梓川の岸辺でキセキレイを見かけ、また遥か頭上を樹から樹へと飛び移るカケスのシルエットを眺めたりしながら、樹林帯をさらに歩くこと1時間、左手に巨大な岩壁のそそり立つ屏風岩が見えてくると、ようやく横尾に到着。横尾は、槍、穂高そして蝶ヶ岳に至る三つの登山道が分岐する交通の要衝で、三連休後の平日にも関わらず、それぞれのルートをこれから登る人、あるいは下山してきた人でかなり賑わっていました。空はすっかり晴れ上がり、横尾大橋から振り返ってみれば、前穂の東稜が青空をバックにギザギザを描いています。往路は、橋を尻目に北へ北へと槍沢沿いに登っていきますが、順調に行けば、三日後にはこの橋の向こう、西から横尾へと戻ってくる予定です。少し早かったのですが、横尾山荘で軽い昼食。このルートは山小屋がところどころにあって、食事はむろん、いざというときの避難先として、とても心強いものがあります。

横尾から前穂高岳を望む
横尾から前穂高岳を望む。

1時間近い休憩ののち、槍沢沿いのルートを一路、槍沢ロッジへ。ここからいよいよ道も細くなり、また緩やかながらも傾斜が始まり、いかにも深山の気配が色濃くなっていきます。山道からはウソのように人影が途絶え、横尾の賑わいは、そのほとんどが、どうやら涸沢の紅葉を見に行く(あるいはその帰りの)人たちのものだったようです。三日後には自分も眺めることができるはずの、日本一とも評される山岳の紅葉風景を楽しみに、沢沿いの道をてくてく辿っていきます。

林の中にルリビタキの幼鳥を見つけたり、また鳴き声だけは始終耳にしていたシジュウカラの姿を初めて目にしたりするうち、槍見沢を通過。上高地から約12km、ここに至ってようやく、樹の間に槍ヶ岳の尖峰をちらりと拝むことができましたが、そのサイズはまだほんの小指の先くらい。いやはやまだまだ道遥か。



四の記: 槍沢ロッジ

い日差しに汗だくとなり、途中、一ノ俣沢に架かる橋の袂でしばし休憩。ウールのシャツを脱ぎ、清流の冷たい水に浸したタオルの心地よさに思わず唸ります。その後、徐々に傾斜を増し始めた(とはいえまだまだ緩い)槍沢左岸の道を辿り、山肌に次第に赤や黄に熟した枯葉色が目立つようになってきた頃、この日の宿、槍沢ロッジ(1,820m)に到着しました。時刻はまだ14時前、ロッジ周辺には鳥影が薄く、もう少し、じっくりゆっくり鳥を探しながら歩いてもよかったようです。ザックを降ろして宿泊手続きを済ませ、なにはともあれ缶ビールで渇いた喉を潤しながら、しばし外のベンチで憩いのひととき。この、一日の行程の終わりに味わうビールのひとくち目が、山歩きの堪らない楽しみのひとつだったりします。

槍沢ロッジから槍ヶ岳を遠望
槍沢ロッジから樹間に槍の穂先を垣間見る。

ロッジの前庭からは、槍見沢から望見したのよりほんの心もち大きさを増した槍の穂先が垣間見え、翌日のお楽しみに心が躍ります。ここまでの道は、ほぼ平坦だったこともあり、これまでのところ、右足も問題なければ体力的にも問題なし。翌日の本格的な登りに備え、ストレッチを入念に済ませ、夕食まで読書でもと思いながら、かいこ棚(二段ベッド)に寝っ転がって本をぱらぱらと捲っているうち、睡眠不足がたたったせいか、いつの間にかうたた寝をしてしまいました。混雑のピーク、10月の三連休の後だけあって、さすがに客は少ないらしく(連休が終わると営業を終える山小屋も多い)、上の棚に上がってきたのは、私以外に一人きり。六畳のスペースに、たった二人という優雅さです(三連休の間は、ひとつの布団を三人でシェアしたらしい)。

山小屋は夜も朝も早く、夕食は17時から。食事の席で、たまたま同じテーブルについたのが、私と同じく東京から来たというKさんとIさん(お二人とも七十過ぎ、とのちのち知ったのですが、とてもそうは見えない若々しさ)、それに三重から来た、私と同年輩のYさん。全員、当然ながら目的地は槍ヶ岳で、その後はKさんとIさんが南岳から天狗原経由で下山予定、Yさんは私と同様、北穂まで行く予定とのこと。翌日以降の道中、このお三方とは何度も顔を合わせ、しばし山のお付き合いをさせていただくことになります。



五の記: 氷河公園の逆さ槍(槍沢ロッジ~天狗池)

朝は5時起床、5時半朝食、6時半出発。樹間からのぞく槍の穂先がモルゲンロートに染まり、なんとも神々しい。この日の行程は、沿面距離で6km、標高差にして1,360m。20人ほどいた宿泊客の中で、私が最後の出発でした。単独行なので、(万が一の遭難を考えて)しんがりはなるべく避けたいところですが、日の出は6時、早過ぎれば薄暗くて鳥の姿が見えずらく、また前後に人がいると、これまた鳥が出てこない。というわけで、日がすっかり昇りきり、あらかた人の出立した後から間を開けて歩き始めたのですが、そろそろ樹林帯の木々も低木へと変わり始めたせいか、時折コガラやシジュウカラが現われるくらいで、鳥影がめっきりと薄くなってしまいました。

ババ平から槍沢と東鎌尾根を望む
ババ平から槍沢と東鎌尾根を望む。

30分ほど歩き、テント場のあるババ平に到着。ここまで来ると視界が一気に開け、氷河の削ったU字谷(カール)の雄大な景観が、雲ひとつない紺碧の空を背景に、どーんと広がりました。標高2,000m。槍沢の木々はもうすっかり色づいて、暖色の見事なグラデーションを描いています。いいぞ、いいぞ!

槍沢の紅葉と大喰岳、中岳
標高2,100m付近から、槍沢に広がる紅葉と大喰岳、中岳の稜線を眺める。

凛とした空気と錦秋の山岳風景を堪能しつつ、徐々に高度を稼いでいきます。藪の中にウグイスを見つけ、またこんな高山にもいるんだなあというカワラヒワ、そしてハイマツの上を飛ぶカヤクグリを見たりしながら、岩屑が転がるつづら折れの道を辿ること2時間少々、ようやく天狗原分岐(2,348m)に到着しました。

ここから槍ヶ岳へのルートを外れ、標高差にして200mあまり、U字谷を800mほど南へトラバースした先に、氷河公園の別名を持つ小さな台地、天狗原があります。好天&体力に余裕があれば寄り道していくつもりだったのですが、まったく問題なさそうなので、迷わず足を向けることに。ガレた道を緩やかに登っていくと、やがて東鎌尾根の陰から、槍ヶ岳のごつごつとした尖峰が姿を現し始めました。槍沢のカールと真っ赤に錆びたななかまど越しに仰ぐ、蒼天に突き刺さるかのような槍の威容。そして見下ろせば、U字谷いっぱいにじゅうたんを敷き詰めたかのような紅葉。上を見ても下を見てもあまりに美すぎる景観に、もううっとりしっぱなし。ああ、来てよかった!

標高2400m付近から槍ヶ岳を望む
標高2,400m付近から槍ヶ岳を望む。

標高2400m付近から槍沢を振り返る
標高2,400m付近から槍沢を振り返る。

絶景に目を奪われつつ、ガレ場のトレイルを辿ること40分、巨岩の積み重なる岩場の底に、可愛らしい池が見えてきました。8月も中旬を過ぎ、池を覆う残雪が消えると、風のない穏やかな日には水面に槍ヶ岳が逆さに映るという、天狗池です。池を見下ろす岩場の低木で、ルリビタキの雌が気持ちよさそうに喉を震わせていました。逸る気持ちを抑えながら岩場を下り、池のほとりをぐるりと回り込んで覗いてみれば、おお、コバルトブルーの水面には、逆さになった槍の穂先とたなびく真っ白な雲が、まこと見事に映り込んでいるではありませんか。その静謐で神秘的な美しさは、畏れを感じさせるというか、もうほとんど怖いくらい。これぞまさに、天上の楽園。

天狗池に映る逆さ槍
天狗池に映る逆さ槍。写真右端に延びるジグザグが槍ヶ岳への登山道。

池の周りには、本職のカメラマンを含む数名の先行者がいて、しきりにシャッターを切っていました。Yさんも先着していて、二人して景色に見惚れていると、やがてKさんとIさんが、Oさんと一緒にやってきました。Oさんは、福岡から来た御歳72歳の方で、65歳から山登りを始め、毎年1、2回、それぞれ1ヶ月ほど北アルプスや南アルプスに足を運んでは、まとめて山歩きを楽しんでいるのだそうです。今回も9月の半ばに入山し、既に剱岳、それに唐松岳から白馬岳の後立山連峰、さらには八ヶ岳に登り、また北アルプスにとって返して槍を目指しているのだそうで、まったくおそるべきバイタリティです。

あまりの絶景に立ち去りがたく、昼時には少し早かったのですが、岩に腰掛け、ロッジで用意してもらった、ちらし寿司の弁当を半分食べることに。こんなところで食べればなんでもうまいものですが、この弁当は掛け値なしの美味で、幸せな気分に屋上屋を掛けてくれました。Iさんたちが去ったのちも池のほとりに留まり、11時近くまでのんびり過ごし、名残惜しくも御輿を上げることにしました。それにしても、カールの底から見上げた槍ヶ岳はホント、信じられないほどにフォトジェニック。というわけで、思わず似たような写真を何枚も撮りまくってしまいます。

標高2400m付近から槍ヶ岳を望む
標高2,400m付近から槍ヶ岳を望む。


六の記: 槍ヶ岳(天狗池~槍ヶ岳~槍ヶ岳山荘)

狗原分岐まで戻り、槍への登山道に復帰。槍沢の源頭に向かって、黙々と急斜面を詰めていきます。やがて先行していたKさん、Iさん、Oさんと出会い、またしばらく行くと、Yさんが槍沢を見下ろす大岩の上で、弁当をつかっていました。さらに1時間ほど登った先、ハイマツ帯の岩場に湧き出た冷たい水で喉を潤していると、Kさんたち三人が追いついてきて、合流。すこし登った先の東鎌尾根との分岐で平坦な場所を見つけ、一緒に昼食をとることに。IさんとKさんがコンロを持参していて、味噌汁をご馳走になってしまいました。

このあたりの標高は2,660m、既に森林限界を越えています。いつしか湧き出したうろこ雲が、"悲しいまでにひとり天を指している"(深田久弥著「日本百名山」)槍ヶ岳の峻峰に向かって、音もなくたなびいていきます。ああ、高山の秋。

標高2,660m付近から槍ヶ岳を望む
標高2660m付近から槍ヶ岳を望む。

13時前、食事を終えて、お三方とともに出発。ほんの少し登ったところに、播隆窟(ばんりゅうくつ)がありました(2,690m)。文政11年(1828年)に槍ヶ岳を開山したと伝えられる念仏僧、播隆上人が登山のたびに篭ったとされる、天然自然の岩屋です。この、播隆上人による槍ヶ岳開山の艱難辛苦を描いた小説が、新田次郎の「槍ヶ岳開山」。どれもこれもが面白い新田次郎の山岳小説にあって、私にとっては「孤高の人」、そして「剱岳 点の記」に並ぶ、とびきりの一冊です。こうして播隆窟を直に見ることができて、大感激。狭い入り口から薄暗い窟内に入ってみると、想像以上に奥行きがあって広い。心なしか、ほのかなぬくもりさえ感じさせるその空間は、まるで堅牢な大岩で作られた胎内のようです。外界の風雪を遮断して、居心地はともかく、さぞや安心感があったことでしょう。

播隆窟から槍ヶ岳を仰望する
播隆窟から槍ヶ岳を仰望する。

とまあ、そんな感じで道草を食いつつも、一歩一歩、着実に高度を稼いでいきます。槍ヶ岳周辺で最も古い山小屋、殺生ヒュッテ(2,860m)を横目に眺めながら、つづら折れの道をさらに登り、東鎌尾根との分岐を通過。振り返ってみれば、2年前、富士山の翌週に登る予定だったピラミダルな山容の常念岳(2,857m)は、もう既に、目線の下方にありました。

東鎌尾根との分岐から常念岳を望む
東鎌尾根との分岐から常念岳を望む。眼下の赤屋根は殺生ヒュッテ。

そして14時30分、ようやく槍の肩に立つ槍ヶ岳山荘(3,086m)に到着。宿泊手続きを済ませ、部屋にザックを降ろして再び外へ出ました。オコジョが、ちょろちょろと岩場の陰を横切っていくのが見えます。見上げると、槍の穂先にはいつの間にやらガスがかかっていて、先着していたYさんがロッジのテラスに腰掛け、登頂するかどうかタイミングを見計らっていましたが、"迷わず行けよ、行けばわかるさ"(by 一休さん)ということで、私はとにかく登ってみることにします。

槍の岩壁に取り付き、右足に注意を払いつつ、浮石に気をつけながら、一歩一歩、攀じ登っていきます。しばらくして振り返ってみると、豆粒のようなKさん、Iさん、Oさん、それにYさんがやってくるのが見えました。小槍と呼ばれる剣呑な尖峰の横を過ぎ、鎖場を抜け、鉄梯子を登り、山荘から歩き出して約20分、ようやく北アルプスの象徴にして日本で五番目に高い山、大槍こと槍ヶ岳の頂上(3,180m)に着きました。

山頂に人影はなく、贅沢にも独り占めです。岩場の先端に奉られた小さな祠に合掌し、周囲を見渡せば、遥か下方、ガスの切れ目にうねうねと延びる西鎌尾根や北鎌尾根が見え、また北東に頭を出している山は、大天井岳(2,921m)でしょうか。360度パノラマとはいかないながら、天狗池の景観やら何やらで今日はもうお腹いっぱい!というわけで、岩に腰掛け、至福の一服をくゆらせつつ、登頂の歓びと感動をしみじみ味わっていると、そこへYさんたちが登ってきました。

槍ヶ岳山頂
槍ヶ岳山頂。写真中央のピークは水晶岳。

歓声を上げつつ、全員で喜びを分かち合っていると、なんとラッキー、この時間帯には珍しく、みるみるうちにガスが晴れていくではありませんか。北をのぞめば三俣蓮華岳(2,841m)に薬師岳(2,926m)、鷲羽岳(2,924m)に水晶岳(2,986m)、野口五郎岳(2,924m)の連なりが見え、西にはどっしりとした笠ヶ岳(2,897m)、そして南に目をやれば、120m眼下に槍ヶ岳山荘の赤い屋根、またその遥か向こうには、明日辿る予定の大切戸(キレット)と穂高連峰が、一望のもとに見渡せました。

槍ヶ岳山頂から槍ヶ岳山荘を見下ろす
槍ヶ岳山頂から槍ヶ岳山荘を見下ろす(標高差120m)。

と、東を眺めていたYさんが突然、「ブロッケンだ!」と叫び声を上げました。一同慌てて目を向けると、真っ白いガスのスクリーンに黒々とした槍の影が浮かび、その周りに微かながら、虹のような七色の光の輪ができていました。播隆上人も見たという、槍ヶ岳のブロッケン現象。この目で見たのは初めてで(写真を撮ったのですが、なんだろうこのガスの写真、と帰りの電車でうっかり削除してしまいました)、しかしそれにしても、怖いくらい、幸運に恵まれた一日です。

槍ヶ岳山頂から大喰岳、中岳、穂高連峰を遠望
槍ヶ岳山頂から大喰岳、中岳、穂高連峰を遠望。

山頂には1時間近くいたでしょうか。混雑のピークには、順番待ちの長い列ができるそうですが、この日は後から登ってくる人もなく、思う存分、貸し切りで大展望を満喫することができました。

山小屋へと戻り、翌日に備えてストレッチを入念に行ったのち、ビール。そして夕食の席でもビール。7時頃まで談話室でKさん、Iさんたちと山の話で盛り上がり、就寝前の一服、喫煙スペースに立ち寄ると、壁に「劔岳 点の記」のポスターが貼られているのを見つけました。木村監督が、昨年、今年と槍ヶ岳に登ったらしく、ポスターには署名ととともに、槍もすばらしい!という一文が、黒マジックで大書されていました(笑)。

北アの十字路に建つ槍ヶ岳山荘も、さすがにこの日の宿泊者は、ほんの50人程度。とはいえ、六畳の部屋に、しっかり六人詰め込まれ、窮屈といえば、まあちょっと窮屈。しかしそれにしても、山に来るとなぜか、一日が長い(同じ遊びでも、釣りをしているときの時間感覚とはまったく逆)。前日の出来事がもう、遥か遠い昔のことのように思えます。



七の記: 標高3000mの雲上散歩(槍ヶ岳山荘~南岳)

の出を拝むべく、5時45分に起床。外気温0度、さすがに肌寒い。表に出ると、東の空一面に浮かぶ雲海に朝日が煌々と照り輝いて、まごうかたなき好天のようです。

雲海に昇る朝日と常念岳
雲海に昇る朝日と常念岳のシルエット。

北を眺めれば、曙光に山肌を赤く染める薬師岳に鷲羽岳、そして水晶岳。ほかの山々からは、槍ヶ岳のシルエットが、さぞや美しく見えたに違いありません。

槍の肩より薬師岳に鷲羽岳、水晶岳を望む
槍の肩よりモルゲンロートに染まる薬師岳に鷲羽岳、水晶岳を望む。

6時過ぎ、Kさん、Iさんと一緒に朝食。南岳から天狗原経由で下るお二人とは、ここでお別れです。

朝日に赤く染まる槍ヶ岳山荘
朝日に赤く染まる槍ヶ岳山荘。

幸いなことに、ここまで筋肉痛もなければバテもなく、また心配していた右足もまったく問題なし。奥多摩でひと叩きしたのが、ここにきて効いているようです。実は、この時点で少しでも体調に不安があれば、迷わず往路を引き返すつもりだったのですが、これなら大丈夫。予定通り、穂高の頂を目指すことにしました。この日の行程は、沿面距離にしてわずか5km強。累積標高差にしてプラスマイナス600~700mに過ぎませんが、しかし険阻な岩場が連続し、実はこの日の行程こそが、今回の山歩きのメインイベントだったりします。

7時、Kさん、Iさんに別れを告げて、槍ヶ岳山荘を出発。テント場を抜け、日本でもっとも標高の高い峠、飛騨乗越(3,020m)へと下り、今度は大喰(おおばみ)岳を目指して岩場を登り返します。ここでようやく、お約束のイワヒバリが姿を見せ、さらにしばらく行ったところで、これまたお約束のホシガラスも登場。いずれも高山に来ると必ずといっていいほど見かける鳥ですが、逆に言えば、このあたりまで足を運ばないと出会えない鳥でもあります。

大喰岳から槍ヶ岳を望む
大喰岳から槍ヶ岳を望む。

およそ30分後、広々とした大喰岳の山頂に到着。槍・穂稜線上の地味な山ですが、高さは標高3,101m、日本第十位の堂々たる高峰です。眺望はぐるり360度、北アルプスの峰々がどこまでも連なり、まさに壮観の一言。振り返ってみれば、槍の肩越しに、遥か立山と劔岳が見えました。2年前にはあそこから、まさにいま自分が立っているあたりを眺めたんだなあと思うと、実に感慨深いものがあります(最初の写真)。

大喰岳から槍の肩越しに、立山と劔岳を望む。
大喰岳から槍ヶ岳を望む。槍ヶ岳山荘の左、最も奥に見える山塊が立山。その後ろに劔岳。


南に目を転じれば、穂高連峰のずっと向こうに乗鞍岳(3,026m)と木曽御嶽山(3,067m)のシルエット。乗鞍岳は5年前、御嶽山は遥か昔、高校1年のときに登った、初めての3,000m峰でした。

大喰岳山頂より穂高連峰を望む
大喰岳山頂より。左より前穂、北穂、涸沢岳、奥穂、西穂の穂高連峰。奥に焼岳、乗鞍岳、御嶽山。

しばし思い出に浸ったのち、大喰岳をあとにして緩やかに100mほど下り、また80mほど登り返して、8時20分、中岳山頂(3,084m)に到着。遥か東南の方角に、八ヶ岳の山塊がくっきりと見え、その先には、南アルプスの峰々が薄く浮かんでいました。よく目を凝らしてみれば、富士山の姿も。視線を遮るものの何一つない、3,000mの峰々を繋ぐ、まさに雲上の大散歩です。

中岳より南アルプスを望む
中岳より遥か南アルプスを望む。

さらに南へ歩くこと1時間半、昨日訪れた天狗原へと下る、横尾尾根との分岐に到着。一服していると、Yさんがやってきました。Yさんによれば、やはり北穂まで行く予定だったOさんは、Kさん、Iさんとともに天狗原経由で下ることにしたそうです。振り返ってみれば、槍の穂先はずいぶん遠くなり、槍から延びる東鎌尾根、そしてその遥か向こうに、後立山連峰の鹿島槍ヶ岳が見えました。近くに目を移すと、中岳を下ってくる、Kさん、Iさん、Oさんの米粒のような姿。お三方の無事の下山を心に念じつつ、先へと歩を進めます。

南岳より槍ヶ岳と東鎌尾根を望む
南岳より槍ヶ岳と東鎌尾根を望む。遥か彼方に鹿島槍ヶ岳。

ほどなくして、南岳の山頂(3,032m)に到着。槍・穂高ルートでは珍しい、猛々しさのないまろやかなピークを越えると、やがて眼下に南岳小屋が見えてきました。そしてその正面には、北穂高岳北壁の断崖絶壁が、深く切れ落ちた谷を隔て、圧倒的な迫力で聳え立っていました。目指すは、そんな北穂の山頂直下にへばりつくようにして建つ、北穂高小屋です。

南岳より穂高連峰を望む
南岳より穂高連峰を望む。最も手前の岩峰が北穂高岳。頂上直下に北穂高小屋が見える(下の写真)。

北穂高小屋文字通り崖っぷちに建つ北穂高小屋。

既に今シーズンの営業を終えた南岳小屋まで降りていくと、先行していたYさんが、ベンチで休憩していました。私もザックを下ろし、双眼鏡と地形図、そしてストックをザックにしまい、靴紐を締め直し、(半分気休めに)アミノ酸の栄養補給。そしてYさんが出発して15分後の10時半、私もいよいよ大キレットに突入です。



八の記: 大キレットのスリル(南岳~北穂高岳)

ークとピークを結ぶ尾根のことを、稜線といいます。この稜線の間の低く凹んだ場所を総称してコルといい(いわゆる峠だとか乗越(のっこし)だとか鞍部だとか呼ばれる場所)、中でも特に、この凹みが深く急激に切れ込んだ場所のことを、キレット(切戸)と呼びます。

大キレットとは、南岳(3,032m)と北穂高岳(3,106m)を結ぶ、ざっくりと切れ落ちた稜線に名付けられた、国土地理院発行の地形図にも記載されている、れっきとした名称です。最低コルが2,748m、標高差にして250~350mがとこ切れ込んだ、急峻の痩せ尾根が約2kmにわたって続く、山歩きが好きな人なら誰でも一度は耳にしたことがあるであろう、一般登山道の中でも屈指とされる、スリル満点の大場所です。今回の山行の大目的は、槍ヶ岳に登ることでしたが、しかし実は、それ以上に楽しみだったのが、この、大キレット挑戦。雲行きが少しでも怪しければ、潔く諦めるつもりでしたが(とても雨の中を通過する自信と度胸はない)、空は快晴で、山の天気は変わりやすいとはいえ、この先3時間、どうやら問題なさそう。

下降点から大キレット、穂高連峰を眺める
下降点から大キレット、穂高連峰を眺める。

南岳小屋の先、獅子鼻と呼ばれる岩峰を巻いた西側から、いきなり比高200mほどの急傾斜の下りが始まります。一歩一歩、浮石に注意しながら、足の置き場を確認しつつ、また腰をかがめて手も使いつつ、ルンゼ状(岩壁が抉れて溝になった場所)の崩壊の激しいガレ場を慎重に下降していきます。ガレ場を抜けてさらに下り、高度感のある長いハシゴを2箇所通過して、キレットの底に降り立ったところで、ようやく一息。ここから、痩せた稜線歩きが始まります。キレットの底から、ぐわりと仰ぎ見る北穂の険阻っぷりは倍増しで、これからあそこまで登り返すのか、とその高度感に頭がくらくらします。

キレット底部から南岳南壁を振り返る
キレット底部から南岳南壁を振り返る。

長野と岐阜の県境ともなっている、尾根の飛騨側に付けられた岩場の道を、岩に記された白ペンキのマーキングを忠実に辿りながら、軽い登り降りを繰り返していきます。足元はしっかりしており、特に難しい道ではありませんが、しかし信州側は横尾本谷、そして飛騨側は滝谷がぱっくり口を開け、わけても"飛ぶ鳥も通わぬ"といわれる滝谷たるやなるほど絶壁で、その素敵すぎる高度感に、痺れっぱなし。やがて最低コル(2,748m)を過ぎ、いよいよ、難所といわれる長谷川ピークへ。

長谷川ピーク
長谷川ピーク(A沢のコルから30分ほど登った地点より)

滝谷から吹き上げる風が強く、まかり間違ってもバランスを崩さぬよう、まさにナイフリッジと呼ぶに相応しい、岩二つ、三つ分くらいの幅しかないスリリングな稜線を、慎重に進んでいきます。南岳→北穂のコースでは、ピーク(2,841m)を過ぎてからの下りが核心部。信州側からナイフリッジを跨いで飛騨側へと身体を移し、クサリを伝って馬の背を降り、岩に打ち込まれた人工のステップを足掛かりに、吸い込まれるような谷底を見下ろしながら、岩壁をそろそろと下降していきます。ひゃっほーっ!(アドレナリンが分泌される音)

長谷川ピークの岩壁
長谷川ピークの岩壁。白いペンキの印を頼りに足場を探して下降する。

降り立った場所から15mほどトラバースし、狭い岩溝を伝い、痩せた稜線をしばらく辿ると、ようやくホッと一息、A沢のコルに到着。ザックを下ろして休めるスペースがあり、びょうびょうと風の吹き上げる滝谷を眺め下ろしながら、立ったまま昼食をとります。槍ヶ岳山荘で用意してもらった弁当は、ちまき。日陰の寒さに震えながらガツガツ食べていると、突然、どこからかホシガラスが飛んできて、頭上10mほどの岩棚に止まりました。慌ててザックから双眼鏡を引っ張り出し、弁当を放っぽりだして、しばし観察。こんな近くでホシガラスを見ることができるなんて、ラッキー。

A沢のコルから笠ヶ岳を望む。
A沢のコルから笠ヶ岳を望む。

30分ほど休憩したのち、再びザックを背負って出発。A沢のコルからそそり立つ、浮石の多い岩壁を、マーキングを頼りにステップを探し、腕力も使いながら、ひたすら上へ上へと攀じ登っていきます。30分ほど登ったところで振り返ってみると、通過してきた長谷川ピークの姿がはっきりと見え(二つ前の写真)、その剣呑なシルエットと抜群の高度感に、改めて唸ってしまいました。そしていよいよ、通称"飛騨泣き"と呼ばれる、最後の難所。ボルトとクサリを手掛かり足掛かりにして、2mほどの垂壁を乗り越え、三角柱のような岩場の信州側を、クサリとステップを伝い、そろそろとトラバースしていきます。

飛騨泣き
"飛騨泣き"の急所に取り付けられたクサリとステップ。足元が、100mがとこすっぱり切れ落ちている。

実は、今回のコースでいちばんビビッてたじろいだのが、この飛騨泣きを抜けた先にある、浮石だらけのガレ場の登り。足元がぐずぐずと崩れ、確実なステップを見つけられず、四つん這いのような格好でなんとか這い上がったのですが、ここを北穂→南岳の下りで通過しなければならなかったら、私には相当つらかったことでしょう。

悪場を越え、しばらく登り、やがて尾根を東に回りこむと、あとは北穂高小屋まで100mほどの急登を残すのみ。とはいえここからがまた大変で、小屋は頭上に見え隠れしているのですが、登っても登っても、なかなか近づいてくれません。次第に息が切れ、いつしか太ももがぱんぱんに張ってきて、とにかく翌日の下山まで足を残しておかなくてはならないので、無理せず時間をかけ、クサリを伝い、ハシゴを越え、じりじりのろのろと攀じ登っていきます。およそ500m眼下に、さしずめ空中庭園といった趣の、可憐な北穂池が見えました。一般ルートから外れており、訪れるには技術と経験が必要な場所ですが、あんな池のほとりで風に吹かれながら、日がな一日のんびり過ごしたら、さぞかし気持ちよいことでしょう。

北穂池
北穂池の紅葉。

そして14時20分、ようやく(富士山を除けば)日本でいちばん高いところにある山小屋、北穂高小屋(3,100m)に到着。登ってきたばかりの急斜面を見下ろすテラスにザックを下ろし、宿泊手続きを済ませると、なにはともあれ、テラスの椅子に腰掛けて、祝福のビール。歩いてきた稜線の方角を眺めると、いつの間にやら湧き出したガスによって、すべてが真っ白なベールに覆われてしまっていました。そんな景色を見るとはなしに眺めながら、ビールをちびちび飲んでいると、先着していたYさんがテラスにやってきました。お互い無事に辿り着いたことを喜び合い(この日、大キレットですれ違った人はほんの4人。通過者は、往路、復路を合わせ、10人に満たなかったと思われます)、コースについてああだったこうだったと話しているうち、達成感がじわじわとこみ上げてきました。

しかし考えてみれば、絶壁に掛けられたハシゴはむろん、クサリや岩に埋め込まれたボルト、またステップなしでは、到底、通過できなかっただろう箇所が多く、いやそもそも岩に記されたマーキングなしに、正しい岩壁登下降のルートを見つけることはほとんど不可能だったといってよく、しかも天候に恵まれたからこそ、無事歩きとおすことができたのであって、要するに、歩いたというよりも歩かせてもらった、登ったというより登らせてもらったんだよなあ、という思いが胸を過ぎります。晴天を用意してくれた空に、道を開いてくれた先人に、道を整備してくださっている方々に、そしてなんといっても雲の上でビールを飲ませてくれる山小屋に、もうただただ感謝なのです。



九の記: 北穂高小屋にて

スが晴れないものか、としばらくテラスに佇んでいましたが、だんだ寒くなってきたので、小屋の中に撤収。あてがわれたスペースに布団を敷いて寝っ転がり、例によって入念にストレッチをしてから本を読んでいると、しばらくしてYさんが、私を呼びにやってきました。なにかと思えば、なんと、テラス直下の岩場に、ライチョウが現われたというではありませんか。

ライチョウを観る、というのは実は、私にとって、今度の山歩きの探鳥方面における、唯一無二の大目的。2005年以来、ライチョウの棲息する山域を三たび訪れているにもかかわらず、いつも見事にフラれっぱなしで、今度こそ、と激しく心に期するものがあったのです。前々日、槍沢ロッジの支配人に、ライチョウの出そうな場所にどこか心当たりがないかと尋ねたところ、人出の多いこの時期、登山道近くで見かけることは難しく、見られるとすれば、天狗原か槍の肩から少し下ったあたり...と教えていただいており、実は天狗原でも槍ヶ岳でも、目を皿のようにして、ライチョウを探しながら歩いていたのです。

そして、前日、槍ヶ岳の山頂で、遥か下方を、イワヒバリよりもずっと大きい二羽の鳥が飛ぶのを目撃したのですが...距離がありすぎ、双眼鏡を持たずに空身で登ったため、鳥種をはっきりと確認することができませんでした。かつて双六岳でライチョウを見たというKさんが、あれはライチョウだったよ、ライチョウだった、と夕食の席で優しく(かつ無責任に)慰めてくれ、以来24時間、果たしてあれでライチョウを見たことになるのだろうか?と、ひとり心の中で悶々としていたのですが...(しかっり見た今となっては、あんなんで見たことになるわけがない、とはっきり断言したい)。

そんなわけで、この日も一日、険しい稜線を歩きながら、ライチョウの姿を探し求めていたものの、結局、影もかたちも見ることができず(A沢のコルで、ホシガラスが出現したときは、その姿をはっきり確認するまで、ライチョウか?ライチョウなのか!?とひとり激しく取り乱してしまった)、実際のところ、北穂高小屋に着いた時点で、もうすっかり諦めきっていました。しかし今回の山旅は、ホント、怖いくらいに幸運が続きます。

ライチョウ出現の一報に慌てふためき、寒風の中、上着を羽織るのも忘れて外へ飛び出すと、双眼鏡の片方のレンズにキャップが嵌めっぱなしになっていることにしばらく気がつかないまま、肝心なときになぜ焦点が合わない!?と焦りまくった挙句、テラスの下、20mほどさきのガレた岩場に、ようやくその姿を捉えました。やった!まぎれもないライチョウの雌、しかも巣立ち前の親子でしょうか、二羽います。採餌の真っ最中らしく、人の姿を気にしない様子で、岩場にところどころ生えている草をしきりと啄ばみながら、徐々に、徐々に、急斜面を登ってきます。

ガスに包まれた岩場のライチョウに気づいたのは、Yさんではなく、ほかの登山客だったそうです。この時期、ライチョウの羽は保護色で、ちょっと見では、すぐそこにいてもなかなかわからない...ということを、実際、私もこの目で見て初めて知りました。いやそれにしても、なんと見事に岩場に溶け込んでしまうことか...最初に見つけた人は、よく発見できたものです。

ガレ場に溶け込む夏羽のライチョウ
ガレ場に溶け込む夏羽のライチョウ。わかりますか?

寒さに耐えながら、1時間ほど眺め続けていると、二羽はとうとう、テラスの真下までやってきました。時折、白い翼を広げて羽づくろいしたりしています。しばらくすると、ずっと下の方から、さらに雌が一羽、岩場の陰をふらふらと登ってきました。昨年、北海道でエゾライチョウを見たときも感激しましたが、今回の感動はそれ以上、なにせ6年越しの念願です。わざわざ知らせに来てくれたYさんに、ホント、感謝です。

日没を前にして、ようやくガスが晴れました。小屋のすぐ真上、北穂高岳(北峰)の山頂(3,106m。日本で九番目に高い山)に上がってみると、遥か彼方に槍ヶ岳の穂先がくっきりと見え、そして眼下の雲間には、触れれば切れそうな、峨々たる稜線が、まるで槍を頭にした巨大な龍の背骨のように、ごつごつうねうねと延びていました。

北穂高岳山頂から槍ヶ岳方面を望む
北穂高岳から槍ヶ岳方面を望む。

自分の足で一歩一歩、踏みしめてきたあとだけに、その壮大で荒々しい景色に覚える感動は、ひとしおです。いつまで眺めていても飽きることはなく、しかし、暮れゆく日を惜しんで南に目を転じれば、奥穂高岳の黒いシルエットの遥か上、藍色の空に浮かぶ、小さな小さな月。

北穂高岳から奥穂高岳方面を望む
北穂高岳から奥穂高岳方面を望む。

日本第三位の高峰、奥穂高岳(3,190m)までは、北穂から涸沢岳(3,110m)を経て、約3時間。そして奥穂から、さらに吊尾根を経て東南へ向かえば前穂高岳(3,090m)、あるいは一般登山道の最難関ともいわれるコース、ジャンダルム(写真右端の岩峰)を経て南西へ向かえば西穂高岳(2,908m)。今回は北穂止まりですが、いずれも、いつか歩いてみたい、憧れのコースです。

北穂高岳から吊尾根を望む。
北穂高岳から吊尾根を望む。



十の記: 荒天の稜線と涸沢の紅葉(北穂高小屋~涸沢~上高地)

穂から上高地まで約16km、標高差1,600mを一気に下る翌日に備え、夕食後は、早々に布団に入りました(泊り客は20人ほどで、あてがわれたスペースは、やれうれし、二畳分)。

翌朝は5時起床。一晩ぐっすり休み、前夜、ぱんぱんに張っていた足も、いい具合にほどけて一安心。ところが用を足しに小屋の外へ出て、思わずびびってたじろぎました。なんと、テラスのベンチに薄っすらと雪が積もっています。

小屋の軒先には、可愛い氷柱が垂れ下がり、日の出前のほの暗い空からは、ぱらぱらとみぞれ交じりの小雨...漢字で"雷鳥"と書くライチョウは、荒天の使者などといわれますが、まるで前日のライチョウが、好天続きだった稜線に雨雲を連れてきたかのよう(むろん逆で、荒天になるとライチョウが活発になる)。天気予報は、曇りときどき晴れ。しかしこの季節なら、稜線上にいつ雪が降っても不思議はなく、むしろこの程度で済んで助かった、というべきかもしれません。計画時点では、万が一、稜線上で雪が積もるほどに荒れてしまった場合には、雪が消えるまで、最寄の山小屋に停滞するつもりでしたが、どうやらそこまでしなくてもよさそうです。

ガスに包まれた北穂高小屋
ガスに包まれた北穂高小屋。

朝食後、出発を見合わせ、しばし様子見。といっても晴れるのを待っていたわけではなく、岩場の雪が少しでも溶けて消えることを期待してのことです。濡れた岩場がいかにやっかいかは、もうひとつの趣味、釣りを通じて、嫌というほど経験済み。私のホームフィールドの奥多摩湖は、ボート利用が禁止されていて、それゆえ(特に減水期には)急深の岩場やガレ場を数十m下降して釣らなければならず、日に何度も崖を登り降りするのですが(ゆえに登山靴を履いて釣りをする)、雨が降ると、これが本当につらい。以前、小雨の中で釣りをしていて(こんな日の方が釣果がよかったりする)、普段、乾いていればどうってことのない、2mほどの緩いスラブ(一枚岩)が雨に滑ってどうしても上がれず、無理した挙句に湖へ落ちてしまったことがあります。湖ならずぶ濡れになるだけで済みますが、ここで足を滑らせれば、即、大事故に繋がりかねません(下山予定の北穂南稜は、この山旅に持参していた登山地図のコースガイドの執筆者でもあった、山岳写真家の磯貝猛さんが、一ヶ月前に滑落して亡くなられたところでもあります)。

そんなわけで、7時近くまで待ち、涸沢まで午前中いっぱいかかってもいいくらいの心積もりで、出発。奥穂への道を右に分け、南稜の急勾配を、おそるおそる下り始めます。相変わらずみぞれ交じりの空模様が続き、岩場の雪はまだ溶けずに残っていましたが、ちょっと歩いてみた感じ、慎重に行けば大丈夫そう。

北穂南稜の下降点。
北穂南稜の下降点。雪とガスで道しるべが見分けにくい。

周囲を乳白色の冷たい濃霧にすっぽり包まれて、視界はほんの20mくらい。パノラミックな涸沢の紅葉を眺めながら下るはずが、目先の地形すら不明瞭。おまけに雪のせいで、白ペンキのマーキングを見つけるのにも一苦労。ときどき立ち止まりながら、マーキングを探し探し、慎重に下っていきます。途中、暑くなってきたのでインナーを脱いでいると、後ろからYさんがやってきました。一緒に下ってきたのは、昨夜夕食の席で、明日は奥穂から前穂に登り、重太郎新道経由で上高地に降りると言っていた、48歳のベテラン登山者。私が三日かけて歩いてきたコースを、たった一日で辿ってきたという猛者ですが、予定通り奥穂に向かおうとしたところ、濃霧に強風、岩場もスリッピーで、潔く諦め、涸沢に下山することにしたのだそうです。しばらくすると、やはり奥穂に向かおうとしていたもう一人の登山者も、南稜を下りてきました。この判断力と潔さが、遭難するかしないかの分かれ目だったりするのでしょう。

彼らを見送り、しばし休憩ののち、私も出発。高度計でおよその現在地を確認しつつ、何箇所かのハシゴ、クサリ場を通過し、徐々に高度を下げていきます。やがて道が道らしくなりはじめ、森林限界も終わり、周囲に樹影が目立つようになってくると、みぞれはいつの間にか、ただの小雨になっていました。しかし依然、あたりは濃いガスに包まれたまま。

北穂南稜(標高2650m付近)
北穂南稜(標高2650m付近)。

途中、何人かの登山者とすれ違いました。こんな日は、きっと登りもつらいことでしょう。立ち話をした登山者によれば、涸沢まで下れば、雨もガスもないとのこと。時折強くなる雨脚に、急ぎたくなる気持ちを抑えながら、紅葉風景を楽しみに、一歩一歩、慎重に進んでいきます。そして、南稜を下りきった標高2,500mあたりでようやくガスが切れ、眼下に、涸沢が一望できるようになりました。

標高2500m付近から涸沢ヒュッテを見下ろす
標高2500m付近から涸沢ヒュッテを見下ろす。

さすが、痩せても枯れても(降ってもガスっても)涸沢。その、ハレーションを起こしそうなほどに色鮮やかな紅葉は、まるで山肌一面に火がついたよう。どんよりとした空模様は残念ですが、雨に濡れて艶を増した樹々もまた、しっとりとした風情があって、オツなものです。

涸沢の紅葉
涸沢の紅葉。

景色に見惚れながら涸沢(2,300m)まで下ると、ヘリポート脇の草むらに、ルリビタキの雄を発見。ひたすら暖色に目を奪われていたあとだけに、瑠璃色の羽色が、目に鮮やかでした。

涸沢の紅葉と稜線を包みこんだガス
涸沢の紅葉と、稜線をすっぽりと包みこんだ練乳のようなガス。

ふと目を上げると、涸沢ヒュッテに向かって歩いていく、Yさんの後ろ姿が小さく見えました。その後、上高地までの道のりでYさんと出会うことはなく、これが、三日間のお付き合いの最後となりました。またいつか、どこかの山でお会いしましょう!

涸沢ヒュッテ
涸沢ヒュッテ。

10時、涸沢ヒュッテを通過。携行食を頬張りながら、一路、横尾へと向かいます。

涸沢から横尾へ
涸沢から横尾へ。

穂高の峰々は、変わらずねっとりとしたガスに包み込まれていましたが、東の方角には、青空がのぞいていました。

涸沢から横尾谷方面を望む
涸沢から横尾谷方面を望む。

レインウェアを脱ぎ、先を急ぎます。11時半、ランドマークの本谷橋(1,790m)を通過。横尾の手前の笹薮でミソザサザイを見つけ、しばらく観察したりしながら、12時半、ようやく横尾に到着。横尾山荘に立ち寄ってラーメンを食べ、これでもう、この山旅に思い残すことなし。一服して出発し、往路と同じ樹林帯の道を、時折、鳥を見つけては立ち止まりながら、ひたすら上高地を目指しました。14時15分に徳沢、15時に明神を通過。そして15時45分、観光客で賑わう上高地に到着。青空の広がる河童橋から見上げた穂高の峰々は、依然、そこだけ白いベールに包まれていました。

帰りのバスを一本遅らせて、バスターミナルのベンチに腰を下ろし、とりあえずビール。一口飲むごとに、充実しまくりだった山歩きを思い、ひしひしと満足感がこみ上げてきます。ほろ酔い気分でバスに乗り込み、新島々で松本電鉄に乗り換え、松本からは、特急で私の住む街まで3時間。こうして、三泊四日の山旅が終わりました。

槍・穂高縦走ルートマップ

そしてあれから早くも三週間、北アルプスの山小屋は、そろそろ冬じまいの時期を迎えます。3,000mの山々は、早くも冬本番。来夏まで、一般ハイカーの立ち入れない、経験豊富なエキスパートたちだけの世界となります。とはいえ、東京近郊の低山の紅葉は、まだまだ見頃。今週か来週あたり、またぞろどこかへ出かけてしまいそうです。



この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://cinema200.blog90.fc2.com/tb.php/106-1fa519b0

トラックバック

コメント

[C663] こんにちは

イラストも写真も素晴らしいですね!
とくに”北穂高岳から奥穂高岳方面を望む。”の写真は、空の色、雲の形、山のどっしりした感じに、おまけに月まで輝いていて食い入るように見つめてしまいました。”天狗池に映る逆さ槍”もいいなぁ~。高所恐怖症ぎみのわたしには迫力のありすぎる写真もたくさんありました。(あんなところ歩けるんですか!?)
今回は充実した山歩きになって良かったですね。

梓川は父が大好きで、確か5歳ぐらいの時にキャンプか何かに連れて行ってもらった気がします。もうぜんぜん覚えてないなぁ・・・。
ちゃんと鳥とか見ておけばよかった!

>タイトルの駄洒落のためだけに無理やり十の章に分けた山歩きの記録。

あと、ココに笑いました。Mardigrasさんって、けっこう数字とかこだわっちゃうタイプですよね?
  • 2010-11-02 12:57
  • 宵乃
  • URL
  • 編集

[C664] こんにちは☆

>歩いたというよりも歩かせてもらった、登ったというより登らせてもらったんだよなあという思いが胸をよぎります。晴天を用意してくれた空に、道を開いてくれた先人に・・・

ライチョウに出会えて良かったですネ!
ブロッケン現象も見られて良かったですネ!
mardigrasさんの感謝の心が、素晴らしい3泊4日の日々を連れてきてくれたのだと思います。

お写真が全部すごくて!!!
お月さまの写っているのとか、燃える紅葉の写真が特に素敵です☆

そして私の好きな仲村トオルのイラストに、ウットリとしてしまいました。どうも有難う~。
  • 2010-11-02 14:55
  • miri
  • URL
  • 編集

[C665] >宵乃さん

ありがとうございます!

今回は"長い"(記事)に"重い"(写真)が加わってしまいましたが、写真、楽しんでいただけて何よりです!山から見た景色は雲がどんどん流れて空の色も刻一刻と変化して、見飽きることがありません...夕闇に溶け込む穂高はホント、美しかったです。

歩いたところはすべて国土地理院の地形図にも書かれているれっきとした道(徒歩道)なんですけど、でも一部、"道"とはいえないところもあったような気もします(笑)。上高地から槍ヶ岳までは足がすくむようなところはないので、気が向けば宵乃さんも"天狗池に映る逆さ槍"が見れますよ~。

お父さんに連れて行ってもらったキャンプ、、、幼いころのキャンプなんて、最高ワクワクしたでしょうね!私も次は、テント泊で行きたいな~と思いました。

数字、、、うっ、言われて初めて気がつきましたが、そういえばカレンダー作りもやたら数字にこだわってしまった覚えが。なぜなんだろう...

[C666] >miriさん

今回はホント、怖いくらいすべてに恵まれた旅行でした。特にライチョウは出来すぎで、翌朝、雪を見たときは、ほら(反動が)きたよ!と理屈抜きで納得してしまったほどでした(笑)。

日程も1日ずれていたら、きっと北穂まで行くことなく、喜びも半分だったと思います。登山道は山小屋の方たちがボランティアで整備してくださっているのですが、ホント頭が下がります。山に行くと謙虚になる、、、と「劔岳 点の記」でも主人公が独白していましたが、まったく同感です。

紅葉は掛け値なしに美しかったです!赤と黄色の間の色味がこんなに豊富な紅葉風景を見たのは初めてだったような気がします。

miriさん、仲村トオルがお好きだったんですね!浅野忠信や香川照之を描かなくてよかった~(笑)。

[C667] 管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

[C668] お久ー

あっ、Mardiさんが記事を更新してるー  ということで
読み始めたのですが六まで読んで先にコメントを書くことにしました・・・笑

写真の美しさに見惚れてしまってます。
ドイツのハーツ地方に魔女も集まるというブロッケンという山があるのですが、
ブロッケン現象って何か関係があるのでしょうか?・・・

さてまた続きを読ませてもらいますぅ~・・・
  • 2010-11-04 01:46
  • ヘルブラウ
  • URL
  • 編集

[C670] >ヘルブラウさん

私が山歩きをしているとき、ヘルブラウさんはちょうど日本を旅行されていたんですよね~。
そういえば、山の上から広島の方角にそれらしきお姿を望見いたしましたよ!

カメラを趣味にしてる方の撮影した写真を山小屋で覗かせていただいたら、やっぱりレベルがまったく違うというか、構図にしろ明るさにしろ色あいにしろ、それに対象を捉える一瞬のタイミングにしろ、もうホント、ため息が出るほど素晴らしいんですよねぇ。せっかくだから、もう少し上手に撮れるようになりたいなぁと思います。

ブロッケン現象はまさにブロッケン山が語源のはずです。小学生のころ、ブロッケン山に怪物が出現する不気味な絵の描かれた絵本を読んだ記憶があります。で、実際に眼にしてみると、ガスに後光の射したような影がくっきりと浮かび、確かにぱっと見、ぎょっとするものがありました。

いつも長~い記事に付き合っていただきありがとうございます!
六までくれば、ゴールはもうすぐですよ~(笑)。
  • 2010-11-04 20:48
  • mardigras
  • URL
  • 編集

[C671] 管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

[C674] ♪素晴らしい!絶景♪紅葉♪

こんばんは♪
たしか腰を悪くされ、ブログの世界に入られたのでしたね!!
随分と回復され何よりです^^
山、そして鳥が本当にお好きなのですね。
鳥の名前がたくさん出てきましたが、ほとんどどんな鳥なのか、、、でもその中々見られないというライチョウってテレビで見たことがあります。

そしてそして紅葉が素晴らしい。自然の色ってなんて綺麗なのでしょうね。
私も小さな秋を見つけに行こうかな♪ 電車の車窓とか、ご近所あたりで♪ 山ガールにはなれそうにないので、、

[C675] こんにちは☆

長野県は殆ど行ってるのに・・上高地に行ってない・・
と言う話をしたばかりで・・・。

随筆でも読んでいるのに・・取り合えず行かねば・・。
山は無理ですがホテルにいても楽しめますよねぇ☆

そちらの紅葉の美しさ・・違うんですよ。

今日は山登りまでさせて頂き・・有難うございました。
  • 2010-11-06 05:06
  • harunayamanekoーmama
  • URL
  • 編集

[C676] >whitypearlさん

こんにちは~!
そうなんです、腰痛がブログはじめたきっかけなんです。で、いざ始めてみたら楽しいし、人間、何がきっかけで何にめぐりあうかわからないものですね。でもおかげさまで完全復調。ありがとうございます!

山も鳥も大好きなんですけど、でも実は魚がいちばん好きです!(笑)
鳥はホント見飽きません。ライチョウはころころしてて、可愛いかったですよ~。

紅葉はいま標高800mくらいまで降りてきているようです。街が色づくのももうそろそろですね!
  • 2010-11-06 13:08
  • mardigras
  • URL
  • 編集

[C677] >harunayamanekoーmamaさん

こんにちは、
今回もお付き合いいただいて、ありがとうございます!

上高地、、、いちばん近い電車の駅からもバスで1時間半弱、長野の中でも最奥で、行きにくいといえば行きにくい場所かもしれませんね。。。

上高地周辺を散策するだけでも素晴らしいですよ~。晴れていれば穂高の山並みがど~んです!今回は立ち寄りませんでしたが、大正池周辺もそぞろ歩きするにはもってこいです。上高地には素敵なホテルがいっぱいありますし、紅葉の時期もいいですが、初夏の頃も最高です!冬は上高地まで入れませんが、でも近くの白骨温泉あたりで雪見風呂なんてのも最高ですよ~!

紅葉の違い、気温、、、のせいなんでしょうか...?
  • 2010-11-06 19:11
  • mardigras
  • URL
  • 編集

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

管理人: mardigras
「氷壁」(1958)を観ました。穂高のロケ撮影が素晴らしい!

Latest comments

openclose

Index

邦画の紹介
椿三十郎
七人の侍
用心棒
ツィゴイネルワイゼン
遙かなる山の呼び声
復讐するは我にあり
砂の女
男はつらいよ 寅次郎恋歌
男はつらいよ 寅次郎忘れな草
男はつらいよ 寅次郎相合い傘
男はつらいよ 寅次郎ハイビスカスの花
武蔵野夫人
仁義なき戦い
麻雀放浪記
幸福の黄色いハンカチ
悪魔の手毬唄
丹下左膳餘話 百萬兩の壺
夜叉
姿三四郎
劔岳 点の記
洋画の紹介
第三の男
ブレードランナー
ゴッドファーザーPARTII
羊たちの沈黙
ミッドナイト・ラン
スカーフェイス
ビッグ・ウェンズデー
ゴッドファーザー
駅馬車
荒野の決闘
ダンス・ウィズ・ウルブズ
燃えよドラゴン
スパルタンX
ターミネーター2
パルプ・フィクション
アパートの鍵貸します
引き裂かれたカーテン
めまい
夜の大捜査線
地獄の黙示録 特別完全版
サンセット大通り
モーターサイクル・ダイアリーズ
8 1/2
真夜中のカーボーイ
スティング
プラトーン
ダイ・ハード
赤ちゃんに乾杯!
太陽がいっぱい
マルホランド・ドライブ
薔薇の名前
リバー・ランズ・スルー・イット
ルートヴィヒ
M★A★S★H マッシュ
バック・トゥ・ザ・フューチャー
タクシードライバー
エンゼル・ハート
バグダッド・カフェ 完全版
未来世紀ブラジル
明日に向って撃て!
恐怖の報酬
レスラー

キル・ビルVol.2
2001年宇宙の旅
ブリキの太鼓
ジュラシック・パーク
十二人の怒れる男
ゲッタウェイ
ミシシッピー・バーニング
ベルリン・天使の詩
裏切りのサーカス
ブラック・レイン
アマデウス
遠い空の向こうに
カプリコン・1
その他映画関連
いとしの映画音楽
この邦題がすごい!
この映画の原作がすごい!(海外編)
この映画の原作がすごい!(国内編)
あの映画のコレが食べたい!
2010年イラスト・カレンダー
「ツィゴイネルワイゼン」を訪ねて
2011年イラスト・カレンダー
続・この映画の原作がすごい!(上)
続・この映画の原作がすごい!(下)
シネマ・イラストレイテッド in TSUTAYA
「劔岳 点の記」を訪ねて
その後のシネマ・イラストレイテッド in TSUTAYA
「夜叉」を訪ねて
「ツィゴイネルワイゼン」を訪ねて(その2)
2014年イラスト・カレンダー
「砂の女」を訪ねて
「悪魔の手毬唄」を訪ねて
「武蔵野夫人」を訪ねて
「岳 -ガク-」を訪ねて
「ゼロの焦点」を訪ねて

Add to rss reader

feed-icon-14x14RSSフィードの表示


人気ブログランキングにほんブログ村 ブログランキング
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。