スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • @
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://cinema200.blog90.fc2.com/tb.php/122-984f6d1a

トラックバック

コメント

[C882] お帰りなさ~い

ブログ世界へという意味でぇ~、
Mardiさんのブログでまた素晴らしい紀行文と
写真がみれて、今日はホクホクの分限者の気分です・・・笑

せめて季号ということで年4本ということでいかがでしょうか?
  • 2012-01-29 23:01
  • ヘルブラウ
  • URL
  • 編集

[C883] こんにちは!

松島菜々子の目力がすごい~、ライチョウの雛ラブリー♪、槍ヶ岳神々しい~、と読んでいったら、足をぐきっとやっちゃったんですか!?
うわぁ、二ヶ月も引かない腫れって、痛みも凄かったんじゃ・・・。大好きな山もお預けで大変でしたね。お大事に。
ブログも自分のペースで無理せず続けてくださいね~。
  • 2012-01-30 14:18
  • 宵乃
  • URL
  • 編集

[C884] >ヘルブラウさん

忘れられた(?)頃に帰ってまいりましたよ~(笑)。
いつもお褒めいただきありがとうございます~。

そうですね~、三ヶ月に一回、、、なんとかがんばってみます!
  • 2012-01-30 23:12
  • Mardigras
  • URL
  • 編集

[C885] >宵乃さん

こんにちは~!
松島菜々子、、、仕上げがかなり手抜きなので、、、ちょっとお恥ずかしい。。。
ライチョウの雛、最高でしょう~!?ヨタヨタと歩くのが、これまたラブリーなんですよ~。
足は相当きましたね~。歩いてる途中、暑さよりも脂汗のせいでぐっしょりになって着替えちゃいました。今でも思い出すと冷や汗が滲みます。。。

ブログはとにかくやめずに続けますので、今後もどうぞ長~い目でお付き合いくださいませ!
  • 2012-01-30 23:18
  • Mardigras
  • URL
  • 編集

[C886] フライ・フィッシャーマン!

ん~、眠っていたフライ釣りの心が、一匹のヤマメの写真で目覚めようとしている…。
私も一度、渓流を歩いていて、急激に水嵩が増して流されそうになった経験があります。
あれは怖~い。
あと、ウェーダーに知らない間に穴が…、なんてこともありました。
自然の中で生き物と触れ合う事は最高だけど、ケガや災難は付き物と、肝に銘じておかねば。
でも、久しぶりに、イラストが見れて良かったです。
それにしても、あの髪の毛のやわらかさなんか、どうやったら出せるのか、私には永遠の謎だなぁ…。
  • 2012-01-30 23:39
  • ロッカリア
  • URL
  • 編集

[C887] >ロッカリアさん

こんにちは、ご無沙汰しております!
そうだ、ロッカリアさんはフライフィッシャーだったんですよね~。
ぜぜひまた再開されてみてはいかがでしょうか!?

遊びは自己責任、、、と以前、北海道で出会った遊び上手なアウトドアおじさんが言ってたのを思い出します。ホント、まったくそのとおりですね~。

前にも書きましたけど、イラストはソフトウェアのおかげなんですよ。Photoshopのエアブラシで、ひたすらしゅっしゅと塗り重ねていくだけなんです。。。
  • 2012-01-31 23:06
  • Mardigras
  • URL
  • 編集

[C888] しゅっしゅと…

それが中々出来ないのでみんな苦労しているんですぞい。
私も年末にPhotoshopを買って遊んでいますから、あの難しさと、苦労は並大抵じゃありませんよね。
それに、基本からして上手いじゃないですか。
わたしゃ基本がなっとらんので…。
次のイラストまで、首を長くして待ってますよ!
  • 2012-02-01 00:15
  • ロッカリア
  • URL
  • 編集

[C889] >ロッカリアさん

Photoshopゲットしたんですか~!
いまどきのバージョンともなるとなんだかすごそうですね(私のはもう10年くらい前のやつです)。。。

私もそんなに使いこなしてるわけじゃないですけど、でも慣れれば慣れるほど、どんどん便利になっていくツールだと思います。えらそーなこといえませんけど、がんばってくださいね~!!
  • 2012-02-01 23:39
  • Mardigras
  • URL
  • 編集

[C892] 2011夏 雲の平:三泊四日山日記

Mardigrasさん、2011夏 雲の平:三泊四日山日記 完結篇! 完成おめでとうございます♪
一気読みを二度もしてしまいました!!
豪華版の紀行文を無料で読ませてもらって、いいんでしょうか?って気持ちです。
Mardigrasさんが山に入っていた頃の下界の天気予報はほとんど傘模様だったと記憶しています。雲が割れて
山容を目にした時の気分。冷たい雨の中をただひたすら前を歩くしかない気持ち。みんな一緒なんだなあって
涙が出そうになりました。重たげなベールを脱ぎ捨てた瞬間に立ち会えて本当に良かったですね。水晶岳、槍、穂高の写真、素晴らしいですね。それに広々とした庭園。雷鳥に逢えて良かったですね。登山道の真ん中での遭遇。緊張感。その時は固まりますが、思い起こせば何とまあ、愛おしい時間だったなって思いますよね。
捻挫で済んでヨカッタです。と言ったら怒られそうですがーー運が悪かったら滑落ですもん。
小屋泊まり、バスの時間。北アルプスは便利な分、そこに間に合うように動かなくちゃならない つらさも ありますね。松本駅前のネパール・レストランで飲んだビール、忘れられない味ですね。
とにもかくにも 無事に下山できて、本当に良かったです。山田監督が藤沢周平を評して豊かな鉱脈を見つけた気がするって言っていましたが、Mardigrasさんこそ豊かな鉱脈です。魅了されました。ありがとうございました。
(私は、2月の初めに雪山にお泊りしました。10月の南アルプス以来の登山だったので非常にキツカッタです)
  • 2012-02-09 15:28
  • おりんこ
  • URL
  • 編集

[C893] 追伸

言葉にしたいことがいっぱいあって失念してしまいました。
6kmの距離をひどい捻挫をしながらもよくぞ、歩けたなあと感心しました。ただでさえ、下山時は疲労困憊で1km歩くのさえ、ヘロヘロになるところ。頭が下がります。
あらためて お疲れ様でした。
  • 2012-02-09 18:44
  • おりんこ
  • URL
  • 編集

[C895] >おりんこさん

こんにちは、
読んでくださったんですね(しかも二回も)、ありがとうございます!!
いつも素敵な登山をされているおりんこさんに読んでいただくのは光栄でもあり、同時にこんなありきたりな山行で、、、とちょっと恥ずかしくもあります。。。

おっしゃるとおり、7月から8月にかけてはずっと天気がすぐれず、覚悟の上での出発だったので、これだけ晴れ間が覗いてくれただけでも上出来だったのですが、、、でもやっぱり、雨中の行軍はツライですよねぇ。。。
雲ノ平は、ホント素晴らしいところでした。北アルプスの奥の院とでも言いたくなるような、静謐な別天地でした。時間さえ許せば好きな本を何冊も持ち込んで、1週間くらいのんびりと滞在してみてみたい(なにせちょっと足を延ばせば温泉もありますし)、、、そんな場所でした。

ライチョウと登山道で出会ったあと、歩きながらおりんこさんのライチョウとの接近遭遇の記事を思い出してたんですよ(笑)。こんな瞬間があるからこそ生きるのが楽しい、、、ちょっとオーバーにいえば、そんなことを思わせてくれる出会いでした。

怪我はホント、捻挫で済んでよかったです。言い古されたことですが、やっぱり下りは慎重に、、、ですね~。
まったくお恥ずかしいありさまだったのですが、とはいえとにもかくにも自力で下りたことに、なにがしかの自己満足を覚えたりもしています(笑)。

竜ヶ岳の記事、読ませていただきましたよ~。目の覚めるような、素晴らしい風景。。。雪山、、、最近ちょっと憧れめいた感情が芽生えつつあるのですが、でも実際行動を起こすとなるとなかなか。。。

映画だけじゃなくて、山に出掛けたときは、これからも記事にしていこうと思います。そのときは、またぜひ読んでくださいね~!
  • 2012-02-12 17:06
  • Mardigras
  • URL
  • 編集

[C898] 管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

[C899]

こんにちは。

朝から山登りしちゃいましたぁ~。
~庭園・・・実際に観ましたら感激!!でしょうね。

らいちょうの親子にも逢えて・・幸せです。

PCの前で山登りまでしちゃいました。^^
足の捻挫もないしコーヒー飲みながら下山
何て幸せなことでしょう!!




  • 2012-03-12 09:03
  • yamaneko
  • URL
  • 編集

[C900] >yamanekoさん

こんにちは、
一瞬、いまもしかして山登り中!?と早とちりしてしましました(笑)。
記事読んでくださったんですね、ありがとうございます!雲ノ平はホントによかったですよ~。

私も冬は、もっぱら山関係の本を読んで山に行った気分を味わってま~す!
  • 2012-03-13 00:32
  • Mardigras
  • URL
  • 編集

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

2011年夏 雲ノ平: 三泊四日山日記 その2

ホワイトアウト(松島菜々子)


にいまさらですが、昨年8月に訪れた、「雲ノ平」山日記の続きです。なにせこれを書き終えないことには、次の記事にも進めない――というわけで、とにもかくにも書くのであります。

ちなみにイラストは、"日本版ダイ・ハード"こと、真保裕一の「ホワイトアウト」を映画化した同名作品(2000)より、そのあまりといえばあまりのリアリティのなさに思わずくすりとしてしまった佐藤浩市、にしようかと思ったのですが、ふと気が変わって松島菜々子。作品の舞台である架空の発電所、"奥遠和ダム"のモデルは新潟県の奥只見ダムですが、映画の撮影は黒部ダムで行われた、ということで、妹の旦那さんの叔父さんの奥さんくらいの距離感ながら、でもほかにネタが思いつかなかったということで――。


秘境の楽園に棲むイワナ

山2日目。天気は上々――とまではいかなくとも雨の気配はなく、となれば何をおいてもまずは釣り。というわけで、朝食とパッキングを済ませ、三々五々、入山していく登山者たちを尻目に、ひとりテラスの梯子を伝い、ごうごうと流れる黒部川の岸辺に降り立ちます。

20110801_10
登山者がひとり、ふたりと出立する朝の薬師沢小屋。目視できるほどに傾いている...

この日、山小屋にはもうひとり釣り人が宿泊していました。黒部源流は二度目だという、フライフィッシャーマンのAさん。本流を遡行し、釣り人よりもむしろ沢ヤの憧れ、美しいナメ滝のある赤木沢まで釣りあがる予定とのこと(羨ましきかな)。「日が高くなってからゆっくりやるのでどうぞ」とのお言葉に甘え、6時半過ぎ、一足お先に入渓させてもらいます。

さっそく山小屋直下で釣りはじめたものの、ところが前日と違い、うんともすんとも手応えがありません。朝まずめのプライム・タイムであるにもかかわらず、まったく魚信のないまま釣りあがること30分、いったいどうして?とそろそろ焦りだした頃、瀬トロの岩陰に落としたルアーに、待望の1尾目がヒット。

20110801_07
鮮やかなパーマークが美しい。

とりあえずボウズを逃れてホッとしつつも、予想外の反応の悪さに、ここはひとつイワナ釣りらしく丁寧かつ慎重に釣っていこう、と心に言い聞かせます(なにせ警戒心の強い魚なのです、本来は)。

やがて峡谷の切れ目に日の光が射し始め、なんとなく水が温んできたように思えた7時30過ぎ、2尾目をキャッチ。またしばらくして3尾目を釣り上げた頃、いつの間にか後ろに来ていたAさんが、挨拶もそこそこに、私を追い抜いていきました。そしてAさんの姿が上流に消え、谷間にすかりとした青空が広がった8時頃、とつぜんスイッチが入ったかのように、イワナがガンガン、ルアーにアタックしはじめました。

20110801_09
日の光を合図に至福の時間が訪れる...

急流を避け、弛んだポイントに的を絞り、ルアーを取っかえ引っかえ釣り続けること約1時間。サイズはいまひとつながら、感覚的にはほとんど入れ食いのペースで8尾追加。いずれも魚雷のようにすっと細長く、それでいてやけに胸鰭と尾鰭の大きい、いかにも黒部源流の急流に揉まれて育ったらしい、美しい魚体のニッコウイワナです。

20110801_08
適者生存の原理ゆえか、異様に大きな尾鰭と胸鰭。

深山幽谷のヘブンリーな釣り味に、この際このままどこまでも釣りのぼりたい――そんな衝動が湧き起こりますが、そこをぐっとこらえ、9時過ぎに納竿。

いつの日か、釣りだけを目的に来よう――。そう心に誓いつつ、来た道を戻り、ザックを背負い、9時半、いざ雲ノ平に向けて出発です。



いざ雲ノ平へ

師沢(1,912m)から雲ノ平西端(2,350m)までの高低差400mの道のりは、鬱蒼とした樹林帯の中に苔生す大岩がごろごろと連なる急登で、思えば今回の山旅で、もっとも山らしさを味わった場所、といっていいかもしれません(要するに、ツラかったということです)。標高2,100mあたりまで、ヒリリリリンというコマドリ独特の甲高い鳴き声がしきりと聴こえてきましたが、やがてそれも間遠になり、あとはただひたすらに急坂を登り詰めること約2時間、ようやく雲ノ平の核心部へと続く、木道の末端に到着しました。

折立の登山口から延々10時間、やっとのことで辿り着いた北アルプス最奥の楽園は、残念なことに、すっかりガスの中でした。雲ノ平の西の玄関口、晴れてさえいれば、薬師岳の山塊がどーんと広がるはずの"アラスカ庭園"からの眺望も、ただ白一色に塗り潰され、なんとも寒々しい。

20110801_11
分厚いガスの向こうには薬師岳の山塊が広がっている...はず。

ちなみに雲ノ平には、世界の景勝地にちなんだ名前を持った、自然の"庭園"があちこちに点在しています。たわいないといえばたわいもないのですが、エラリー・クイーンの"国名シリーズ"のようなもので、その名付け親であっただろう山男たちの特権的で素朴な稚気に憧れもし、そして何より、まだ見ぬその風景に大いなる幻想を抱いていたものです。

前日の山歩きの途上、会話を交わした人たちがベンチで昼食をとっているのに出会い、合流して一休みしていると、弱り目に祟り目、やがてぱらぱらと雨が落ちてきました。慌てて雨具に身を包み、ぽたぽたと濡れそぼりながら、巨大なホワイト・ドームにすっぽり覆われたかのような高山台地を、脇目も振らず、ただひたすら先を目指して歩きます。

20110801_13
小雨にけぶる雲ノ平。

これまたすっかり沈滞ムード漂う"奥日本庭園"を通過、目の細かいレースのカーテンのようなガスの彼方に透ける祖母岳の裾を辿り、14時、ようやく雲ノ平の中心部にある、"ギリシア庭園"の小丘に建つ山小屋、雲ノ平山荘(2550m)に到着しました。



雲ノ平山荘にて

嶮な峰々と急峻な峡谷によって外界と隔絶した溶岩台地、雲ノ平のド真ン中に、ぽつんと置き去りにされたかのような雲ノ平山荘は、その一種独特な箱型の意匠とも相まって、遥か創世の時代、大洪水によってアララト山の山頂に漂着したといわれるノアの箱舟もかくやと思わせる、一種神秘的で神話的な趣を感じさせる山小屋です。

20110801_15
箱舟のような雲ノ平山荘。

小屋主は、戦後、三俣山荘のオーナーとなり、その後、雲ノ平山荘、水晶小屋と次々に北アルプスの最奥地に山小屋を建てた、上篇でも触れた「黒部の山賊-アルプスの怪」の著者でもある伊藤正一氏のご子息、二朗氏。受付の際、どちらからと尋ねられたので、薬師沢で釣りをしてきたことを告げると、「昔の黒部はすごかったとオヤジが言ってました」と本に記されている通りの返事が返ってきて、思わずうれしくなります。二朗氏によれば、今年はシーズン当初からずっと天候が悪く、この日の空模様はまだましとのこと。

微かに木の香の残る真新しい山荘(昨年建て替えられたばかり)の二階ににザックを降ろし、霧雨の中、雲ノ平の散策に出掛けます。それは"10年来の憧れ、雲ノ平にとうとうこうして佇んでいるオレ"気分をたっぷり味わうためであるのはむろん、それ以上の目的は言うまでもなく、そう、ライチョウ。ライチョウが現れそうな場所を二朗氏に伺うと、どこにでもいるけど特に"スイス庭園"のあたりでよく見かける、とおっしゃるので、双眼鏡を片手に木道をぶらぶらと東へと向かいます。

これまでの北アルプス行では、ライチョウ探しにさんざん苦労していて(四度目の正直、昨年、北穂でようやく見ることができた)、今回もそう簡単には見られまいと思っていたのですが、"スイス庭園"に行き着くまでもなく、小屋からそう遠くない木道脇の岩陰に、一羽の雌がいるのにあっさり出くわしました。

20110801_20
あっさり出会えたライチョウ。

手ごろな岩に腰を下ろし、しばし観察。しかし5分経っても10分経っても身じろぎもしないのに飽きてきたところ、いつの間にか雨が上がり、東の空に薄っすらと光が射しはじめたのを潮に、"スイス庭園"へと向かうことにします。

20110801_18
スイス庭園越しに姿を現した水晶岳。

いったいどのあたりが"スイス"なのかはともかく、"スイス庭園"は、実に美しい場所でした。標高2,600m、峡谷の絶壁に面して広がる、まさに空中庭園ともいうべき湿原。黒々とした池塘が点在し、その静寂にして神秘的な景観の遥か下方には、北アルプスの山々の谷底を縫って流れる黒部源流が白く細い線となって、また高天原山荘の赤い屋根が樹海にぽつりと浮かんでいます。水晶岳の山裾には満々と水を湛えた水晶池が佇み、そして3,000mに届かんとする遥か頭上には、時折、荘厳な日の光に照り映えた水晶岳の鋭角的なスカイラインが、濃いガスの切れ切れに見え隠れしています。

20110801_17
黒部ダムへと続く黒部川、上の廊下。

これですっかりガスが晴れたらさぞかし気持ちがよかろう、としばらく粘ってみるものの、さすがにそう思い通りにいくはずもなく、他の散策者がちらほらとやってきたのを潮に、山荘へと引き返します(そして行きがけに出会ったライチョウはまだ同じ場所にいた)。

この日、宿はほぼ満員でしたが、布団はぎりぎり、一人一枚。隣人は、たまたま昨日、有峰から太郎兵衛平に向かう途上で道連れとなり、高山植物の名前を教えてもらったりしたBさん。彼によれば、前日の太郎小屋は、三人に布団一枚だったそう。薬師沢小屋まで足を延ばしたのは、大正解でした。

夕飯は、今となってはこの山旅中、唯一記憶に残っている献立、野菜と鮭のたっぷり入った三平汁。この山荘の名物だそうで、これは珍しい。そして、何杯お代わりしても、ぜんぜん足りなくならないところが素晴らしい(同席者に高齢者が多かったせいでもあります)。ここでようやく、この日、ガマンにガマンを重ねてきたビール。

ようやく人心地つき、消灯まで寝っ転がり、持参してきた「黒部の山賊」を読み耽ります(雲ノ平で「黒部の山賊」を読む、これが幸せというもの)。窓からのぞく夜空には、いつの間にか星が瞬いていて、これは明日は晴れかしら、と期待に胸を躍らせますが――まあしかし、そううまくはずもないのですね。



ビバ!日本庭園

朝の雲ノ平は、前夜の星空もどこへやら、冷たい小糠雨が降っていました。練乳のようにねっとりとしたガスが分厚く立ち込めて、周囲の山々の眺望はゼロ。

朝食を済ませ、6時40分、やや遅めの出立。雲ノ平を立ち去りがたくてぐずぐずしていたのですが、しかしそれが功を奏したか、7時過ぎ、小屋から東へ20分ほど行ったところにある水場で水を補給していると、みるみるガスが薄れはじめ、やがてところどころの雲の切れ目から、光が射し始めました。

20110801_21
絶壁のキワに広がる池塘群。

急いで登山道に戻ってみれば、"スイス庭園"越しに水晶岳の尖鋭が姿を現していて、そして西を振り返ってみれば、青空の下、広々とした緑一色の海原のような高山台地に、箱舟のような雲ノ平山荘がぽつりと浮かんでいるのが見えました。これこれ、これが見たかったのだ、と、やっと胸のつかえがとれた気分になります。

20110801_23
青空の雲の平全景。薬師岳方面のガスだけは最後の最後まで途切れることがなかった。

陽の光に露のきらめくハイマツ帯を辿り、鷲羽岳へと延びる祖父岳への登り道を逸れ、山腹西側の巻き道へと歩を進めます。

20110801_24
鋭角的な水晶岳のスカイライン。

やがて前方に黒部五郎岳と三俣蓮華岳が見えた頃、やれ嬉し、木道上で採餌中のライチョウの親子に遭遇。人影に驚き、母鳥も雛も慌てて草むらへと姿を隠しますが、しばらくその場でじっと様子を伺っていると、やがてひょっこり、再びその姿を現してくれました。雛は三羽ほど。なんといっても初めて目にする、ふわふわの綿毛に包まれたラブリーな姿に、感激ひとしおです。

20110801_25
ライチョウ、再び。

ライチョウの親子に見とれているうち、上空の青味はますます広がって、いつの間にか、あたりにはすっかり、北アルプスらしい夏景色と空気が満ち溢れていました。この周囲一帯は"日本庭園"と名付けられていて、景観的には、これがこたびのハイライト。

20110801_26
日本庭園から眺める黒部五郎岳。双眼鏡で覗くと尾根筋にちらほらと蟻のような登山者が。

三俣蓮華岳から黒部五郎岳、北ノ俣岳に至る、万年雪の残る山塊を遠景に、高山植物の咲き乱れる草原をアブが飛び、いやはやなんとも牧歌的。

20110801_27
黒部五郎岳。

神秘的な池塘の広がる、純日本的な神話世界の趣を漂わせたスイス庭園よりも、むしろこちらの山岳風景の方が、遥かに私の中の"スイス"のイメージだったりします。

20110801_28
三俣蓮華岳。

のどかな風景の中を15分ほども進んでいくと、雪田が現れました。日の光に削られた残雪が細かいパウダーとなって、風にキラキラと舞っているのがなんとも涼しげ。雪田の末端は、黒部川の源流に向かって急角度で切れ落ちており、やがて峡谷を隔て、三俣蓮華岳の麓に立つ赤屋根の三俣山荘が見えてくると、雲ノ平もいよいよおしまい。

20110801_29
雪田、というよりも絶壁に切れ落ちる雪の川。

雲上の楽園に別れを告げ、ハイマツ帯に穿たれた、トンネルのような薄暗い細道をそろそろ下っていくと、なんとここでまたしても、三羽の雛を連れたライチョウに遭遇。今度のライチョウたちは逃げ隠れせず、道の真ん中でじっとしています。親子ともども、警戒心ではち切れんばかりの気配がびんびんと伝わってきますが、細道の左右とも藪が密生し過ぎていて、身を隠したくとも隠すことができずにいます。

20110801_31
みたびライチョウに遭遇。

避けようのない一本道ゆえ、私は私で先へ進むことができずに大弱り。しばし互いに硬直した時間を過ごした後、いっそ跨げないものかとそろりと足を出すと、親鳥が慌てて坂道を先へ先へと逃げていきます。その後ろを雛がよちよちと追いかけていくものの、なんとも危なっかしい足取りで、そしてこれがまたとろい。踏まないよう、冷や冷やしながら雛たちを追い越しますが、ところが親鳥は雛にかまわずどんどん先へ。雛との距離が広がって、これでは迷子になってしまうかもと焦りますが、曲り角に至ってようやく親鳥を追い越すことができました。

20110801_32
ラブリ~。

振り返ってみれば、ライチョウは心なしか、ほっとした様子。雛はとみればいつの間に親鳥の足元へと辿り着いて、こちらも一安心。近くでライチョウが見たい、などと思ってはいたものの、いざそうなればなったで、とんだスリルを味わう羽目になりました。



再び乳白色の世界(三俣蓮華岳~双六岳縦走)

イチョウの親子に別れを告げ、それまで祖父岳に隠れて見ることのできなかった、山頂付近にぽつんと人影のある鷲羽岳(2,924m)の剛毅な山容を堪能しながら、こちらはまったく人気のない急傾斜のザレ道をひとりとぼとぼ下っていくと、やがてごうごうという流水音が聴こえてきました。

20110801_33鷲羽岳に端を発する黒部川の正真正銘の源流部です。標高2,400m付近の渡渉点から下流は雪渓のトンネルとなっていて、清冽な流水がほの暗い洞穴へと吸い込まれていきす。さすがに釣りのできるような川幅はなく、冷たい水に浸したタオルで顔を拭き、汗ばんだ首筋をぬぐって一休みしたのち、早々に出発。

と、見る見る雲行きが怪しくなり、ほんの1時間前、日本庭園からあれほどはっきり見えていた三俣蓮華岳の山頂は、いつの間にかすっぽりとガスに包み込まれていました。三俣山荘へと向かう登りにかかる頃には日の光はどこへやら、それから約30分後、ようやく到着した三俣山荘周辺(2,550m)は白一色。小屋の前庭のベンチに腰を下ろし、霧に透ける鷲羽岳の尾根道を眺めながら弁当を食べ始めると、ついにぽつりぽつりと雨が降り始めました。そそくさと食べ終え、雨具に身を包んで出発します。

今回の山旅はここまでピークをひとつも踏んでおらず、この際、このままピークをはずして歩くのもオツ――などと思ったりもしましたが、三俣蓮華岳から双六岳にかけての稜線から眺める槍・穂高が素晴らしい、と「山と高原地図」に記されているのを読み、ころりと気が変わりました。ガスの中では眺望もへったくれもありませんが、とはいえ山の天気は崩れるのも早いが回復するのも早い、というわけで何かの拍子に晴れ間がのぞくかも、と一縷の望みを抱き、三俣蓮華岳の頂上を目指します。

視界の利かない小糠雨の中の登りは、ひたすら退屈かつ苦しくて、やっぱり巻き道を行けばよかった――と後悔しましたが、それでもいざ頂上(2841m)に立てば、やっぱりうれしい(三俣山荘から三俣蓮華岳まで、休憩なしで55分。山と高原地図では標準コースタイムが40分と記されていましたが、これはいくらなんでも短すぎでしょう)。

20110801_34
今回の初ピーク、三俣蓮華岳山頂。

午前中の晴れ間と暑さはどこへやら、肌寒ささえ感じる白一色の山頂でしばし休憩していると、そこへ新宿からの夜行バスで一緒だったCさんが登ってきたのにばったり出会いました。登山口の折立で別れて以来でしたが、聞けば初日は薬師岳を往復して太郎平小屋に泊まり、二日目は一気に三俣山荘まで足を延ばし、この日は朝いちで鷲羽岳から水晶岳まで往復してきたとのこと。その健脚っぷりに感心します。

20110801_35
双六岳山頂。

13:00過ぎに三俣蓮華岳を出発し、丸山(2,854m)、双六岳(2,860m)を経て15:15、双六小屋に到着。晴れてさえいれば、行く手に槍・穂の山岳風景を眺めながらの快適至極の稜線散歩だったはずが、とうとう一瞬たりとも晴れることなく、またライチョウが現れることもなく、砂利を踏みしめ、ただひたすらに冷たい雨の中をとぼとぼと歩く、修行のような行程となりました。

ようやく辿り着いた双六小屋(2,600m)は大混雑で、乾燥室も満杯なら蚕棚も満杯、あてがわれたスペースは床の上(それでも布団をひとりで使えただけマシ)。なけなしの金をはたいて缶ビールを買い(小屋の受付で尋ねたところ、やはり新穂高温泉にATMはないそうで、これにより翌日の昼の弁当抜きが決定。泣)、先に到着していたCさんその他の人たちとしばし雑談して過ごし、やがて夕食。で、その席でたまたま隣になった一行が、三重から来たという某自動車会社の社員の方たち。私の愛車がその会社のものであることを知ると、持参のワインを気前よくご馳走してくれました(ラッキー)。



槍・穂の連嶺を眺めつつ(双六小屋~鏡平)

して最終日。双六小屋周辺は変わらずの白一色。雨具を着込み、6:20に小屋を出発します。どんよりと薄暗い双六池の脇を抜け、一路、新穂高温泉へ。夏山は、晴れあがったときの爽快感が天井知らずなぶん、天候に恵まれなかったときの情けなさも格別です。

昨年歩いた、槍ヶ岳から穂高にかけての稜線を眺めながら下山する、というのが今回のコースの目的のひとつだっただけに、せめて一目でも――と尾根に登る山道を祈るような思いで進んでいくと、その思いが天に通じたか、にわかに東の空が明るくなり、霧がみるみるうちに晴れていきました。はやる気持ちを抑えきれず、足早に尾根道へと上がってみれば、そこには稜線に綿飴のような雲をまとった穂高の連嶺が、青空をバックに広がっていました。

20110801_36
雲に覆われた大キレットと奥穂高岳。

壮大な眺めを堪能しながら歩いているうち、やがて、大キレットまでが姿を見せはじめ、ためしに双眼鏡を覗いてみると、昨年泊まった北穂高岳頂上直下の北穂高小屋がはっきりと見えました。そして、稜線の北に最後まで残っていたガスが根負けしたように途切れはじめ、とうとう槍の穂先が、ちょろりと顔を出しました。

20110801_37
ようやく顔を覗かせた槍ヶ岳。

槍・穂のパノラマを楽しめたのは、それから約1時間ほど、笠ヶ岳へと続く稜線から鏡平へと下る山道が分岐するあたり(2,550m)まで。その後、鏡平(2,280m)まで下りてきた頃には、槍の穂先はまた分厚い雲の中に隠れてしまっていました。



かくて長い休暇は終わる(鏡平~新穂高温泉)

平山荘はカキ氷が名物らしく、ここで休憩する人のほとんどが、見るも涼しげな氷にしゃくしゃくと舌鼓を打っていました。日射がことのほか強く、私だって食べたくないわけがなかったのですが、この日の昼飯代を前日のビールに使ってしまった私にはほんの500円が出ない(涙)...というわけで、生ぬるい水で喉を潤し、非常食で空腹を満たし、ただひたすらに先を急ぎます。

20110801_40
鏡池。槍ヶ岳は残念ながら雲の中。

それでもときどきは立ち止まっては鳥を探したり、高山植物に見とれたり、と道草を食いながら下っていたのですが、しかし山道が大きく方向を変える2,090m地点、眼下に左俣沢の太い流れと林道が遥かに見えるところまでやってくると、これでこの旅も終わり、こうなったら一刻も早く下山し、松本へ出てお金を下ろしてビールが飲みたい(そして何かまともなものを食べたい)――という思いが募り、別に急いでも急がなくても乗れるはずのバスに変わりはなかったにもかかわらず、ついつい足早になってしまいました。そしてそう、それが、大失敗のもとになったのです。

20110801_41
鏡平に程近い登山道の脇に咲くクロユリ。

シシウドガ原を過ぎ、秩父小沢を渡り、多くのハイカーが休憩する秩父沢(1,730m)を脇目も振らずに通過して、しばらく進んだ樹林帯の中でした。登ってくる年配の二人連れのハイカーに道を譲ろうとしたところ、青息吐息でどうぞお先にと言われ、微笑み返したまではよかったものの、道の真ん中で立ち止まっていた彼らの脇を抜けようとして、つい、普段なら絶対踏み出さないような、鋭角な石に右足を乗せてしまいました。その瞬間、右足があらぬ角度で滑ったかと思うと、そこへ重力で勢いのついた全体重が――。

足首がぐしゃりと潰れ、しかし余勢が半分、そして(あきらかにヤバイけどでも気のせいかも)と神にも祈る気持ちが半分、でもって何事もなかったかのように進みますが、しかしほんの数歩もいかないうち、まるで決闘のあと、ニヤリと笑って数歩進み、突然ばったり斃れる西部劇の悪役のように、その場に崩れ落ちてしまいました。

冷たい脂汗がだらだらと湧き出してきて、これはもう、よくて捻挫、悪くて骨折。あまりの激痛に息もできないほど。それでも5分ばかり、その場でじっと歯を食いしばっていると、心なしか少しづつ痛みが退いてきて、どうやら骨折ではないらしい――と最悪の事態を免れたことに、ホッとします。とはいえ地図を広げてみると、距離にして6km、そして高度にしてあと600mも残されていることがわかり、目の前が真っ暗になりました。登山靴を脱いで状態を確かめたい(そして持参していた湿布を貼りたい)のは山々ながら、いったん脱げば、おそらく二度と足が入らなくなるのがわかりきっているので、がまんします。

さらに10分ほど休んだのち、覚悟を決め、気合を入れて、しかし恐る恐る立ち上がり、右手のストックを杖代わりにし、左手は木でもなんでも掴めるものがあれば掴み、びっこをひきながら、なんとかよちよちと歩き始めます。とにかく最悪、林道まで出ればなんとかなる(たとえば、いよいよ行動不能になってしまったらタクシーを呼べる。金はないけど)、の思いで、林道までの登山道の残り、高低差200mの下りを痛みに耐えながら、そろりそろりと、一歩一歩、慎重かつ必死に下っていきます。

20110801_42
2090m地点から遠望する左俣沢の林道。「ああ、もうすぐだ」...山道では気を抜いた瞬間、落とし穴がぽっかりと口を開ける。

あれから半年が経った今、改めて地図を見ると、絶望的にも思える距離を、よく歩きとおせたものだなあ、と自分でも驚きます。要するに、捻挫程度でレスキューのお世話になるのが、どうしてもいやだったのですね(単独行であるだけに余計)。

どうにかこうにか山を下り、さらにうんざりするほど長い林道をのろのろと歩き、ようやく新穂高温泉に辿り着いたのは、そもそも乗ろうとしていた13:30発のバスの発車直前でした。それから約2時間、バスの中でじっとしていられた間はともかく、松本に到着し、いざバスを降りて歩き出そうとしたときの痛みは強烈で、ATMを探してお金を下ろし、駅前のネパール・レストランに腰を落ち着け、生ビールを2杯、ぶっ続けで呑んでようやく人心地がつくまでは、ほとんど涙がちょちょぎれそうでした。

松本からあずさに乗り、どうにかこうにか家に帰り着き、翌日、医者に行ってみれば、右足はやっぱり捻挫。無理して歩いたせいか、その後2ヶ月ほども腫れがひかず、結局、秋山シーズンをまるまる棒に振る羽目になってしまいました。

というわけで、前職を辞めて以来、3年3ヶ月の長きにわたったロング・バケーションもこれにて終了。久しぶりに働き始めて早半年、ブログを書く時間もすっかりとれなくなってしまいましたが、せめて年3本くらいを目標に、細々と続けていこうと思う今日この頃なのであります。



人気ブログランキング  にほんブログ村 ブログランキング
ブログ・ランキングに参加しています。よろしければクリックをお願いします。

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://cinema200.blog90.fc2.com/tb.php/122-984f6d1a

トラックバック

コメント

[C882] お帰りなさ~い

ブログ世界へという意味でぇ~、
Mardiさんのブログでまた素晴らしい紀行文と
写真がみれて、今日はホクホクの分限者の気分です・・・笑

せめて季号ということで年4本ということでいかがでしょうか?
  • 2012-01-29 23:01
  • ヘルブラウ
  • URL
  • 編集

[C883] こんにちは!

松島菜々子の目力がすごい~、ライチョウの雛ラブリー♪、槍ヶ岳神々しい~、と読んでいったら、足をぐきっとやっちゃったんですか!?
うわぁ、二ヶ月も引かない腫れって、痛みも凄かったんじゃ・・・。大好きな山もお預けで大変でしたね。お大事に。
ブログも自分のペースで無理せず続けてくださいね~。
  • 2012-01-30 14:18
  • 宵乃
  • URL
  • 編集

[C884] >ヘルブラウさん

忘れられた(?)頃に帰ってまいりましたよ~(笑)。
いつもお褒めいただきありがとうございます~。

そうですね~、三ヶ月に一回、、、なんとかがんばってみます!
  • 2012-01-30 23:12
  • Mardigras
  • URL
  • 編集

[C885] >宵乃さん

こんにちは~!
松島菜々子、、、仕上げがかなり手抜きなので、、、ちょっとお恥ずかしい。。。
ライチョウの雛、最高でしょう~!?ヨタヨタと歩くのが、これまたラブリーなんですよ~。
足は相当きましたね~。歩いてる途中、暑さよりも脂汗のせいでぐっしょりになって着替えちゃいました。今でも思い出すと冷や汗が滲みます。。。

ブログはとにかくやめずに続けますので、今後もどうぞ長~い目でお付き合いくださいませ!
  • 2012-01-30 23:18
  • Mardigras
  • URL
  • 編集

[C886] フライ・フィッシャーマン!

ん~、眠っていたフライ釣りの心が、一匹のヤマメの写真で目覚めようとしている…。
私も一度、渓流を歩いていて、急激に水嵩が増して流されそうになった経験があります。
あれは怖~い。
あと、ウェーダーに知らない間に穴が…、なんてこともありました。
自然の中で生き物と触れ合う事は最高だけど、ケガや災難は付き物と、肝に銘じておかねば。
でも、久しぶりに、イラストが見れて良かったです。
それにしても、あの髪の毛のやわらかさなんか、どうやったら出せるのか、私には永遠の謎だなぁ…。
  • 2012-01-30 23:39
  • ロッカリア
  • URL
  • 編集

[C887] >ロッカリアさん

こんにちは、ご無沙汰しております!
そうだ、ロッカリアさんはフライフィッシャーだったんですよね~。
ぜぜひまた再開されてみてはいかがでしょうか!?

遊びは自己責任、、、と以前、北海道で出会った遊び上手なアウトドアおじさんが言ってたのを思い出します。ホント、まったくそのとおりですね~。

前にも書きましたけど、イラストはソフトウェアのおかげなんですよ。Photoshopのエアブラシで、ひたすらしゅっしゅと塗り重ねていくだけなんです。。。
  • 2012-01-31 23:06
  • Mardigras
  • URL
  • 編集

[C888] しゅっしゅと…

それが中々出来ないのでみんな苦労しているんですぞい。
私も年末にPhotoshopを買って遊んでいますから、あの難しさと、苦労は並大抵じゃありませんよね。
それに、基本からして上手いじゃないですか。
わたしゃ基本がなっとらんので…。
次のイラストまで、首を長くして待ってますよ!
  • 2012-02-01 00:15
  • ロッカリア
  • URL
  • 編集

[C889] >ロッカリアさん

Photoshopゲットしたんですか~!
いまどきのバージョンともなるとなんだかすごそうですね(私のはもう10年くらい前のやつです)。。。

私もそんなに使いこなしてるわけじゃないですけど、でも慣れれば慣れるほど、どんどん便利になっていくツールだと思います。えらそーなこといえませんけど、がんばってくださいね~!!
  • 2012-02-01 23:39
  • Mardigras
  • URL
  • 編集

[C892] 2011夏 雲の平:三泊四日山日記

Mardigrasさん、2011夏 雲の平:三泊四日山日記 完結篇! 完成おめでとうございます♪
一気読みを二度もしてしまいました!!
豪華版の紀行文を無料で読ませてもらって、いいんでしょうか?って気持ちです。
Mardigrasさんが山に入っていた頃の下界の天気予報はほとんど傘模様だったと記憶しています。雲が割れて
山容を目にした時の気分。冷たい雨の中をただひたすら前を歩くしかない気持ち。みんな一緒なんだなあって
涙が出そうになりました。重たげなベールを脱ぎ捨てた瞬間に立ち会えて本当に良かったですね。水晶岳、槍、穂高の写真、素晴らしいですね。それに広々とした庭園。雷鳥に逢えて良かったですね。登山道の真ん中での遭遇。緊張感。その時は固まりますが、思い起こせば何とまあ、愛おしい時間だったなって思いますよね。
捻挫で済んでヨカッタです。と言ったら怒られそうですがーー運が悪かったら滑落ですもん。
小屋泊まり、バスの時間。北アルプスは便利な分、そこに間に合うように動かなくちゃならない つらさも ありますね。松本駅前のネパール・レストランで飲んだビール、忘れられない味ですね。
とにもかくにも 無事に下山できて、本当に良かったです。山田監督が藤沢周平を評して豊かな鉱脈を見つけた気がするって言っていましたが、Mardigrasさんこそ豊かな鉱脈です。魅了されました。ありがとうございました。
(私は、2月の初めに雪山にお泊りしました。10月の南アルプス以来の登山だったので非常にキツカッタです)
  • 2012-02-09 15:28
  • おりんこ
  • URL
  • 編集

[C893] 追伸

言葉にしたいことがいっぱいあって失念してしまいました。
6kmの距離をひどい捻挫をしながらもよくぞ、歩けたなあと感心しました。ただでさえ、下山時は疲労困憊で1km歩くのさえ、ヘロヘロになるところ。頭が下がります。
あらためて お疲れ様でした。
  • 2012-02-09 18:44
  • おりんこ
  • URL
  • 編集

[C895] >おりんこさん

こんにちは、
読んでくださったんですね(しかも二回も)、ありがとうございます!!
いつも素敵な登山をされているおりんこさんに読んでいただくのは光栄でもあり、同時にこんなありきたりな山行で、、、とちょっと恥ずかしくもあります。。。

おっしゃるとおり、7月から8月にかけてはずっと天気がすぐれず、覚悟の上での出発だったので、これだけ晴れ間が覗いてくれただけでも上出来だったのですが、、、でもやっぱり、雨中の行軍はツライですよねぇ。。。
雲ノ平は、ホント素晴らしいところでした。北アルプスの奥の院とでも言いたくなるような、静謐な別天地でした。時間さえ許せば好きな本を何冊も持ち込んで、1週間くらいのんびりと滞在してみてみたい(なにせちょっと足を延ばせば温泉もありますし)、、、そんな場所でした。

ライチョウと登山道で出会ったあと、歩きながらおりんこさんのライチョウとの接近遭遇の記事を思い出してたんですよ(笑)。こんな瞬間があるからこそ生きるのが楽しい、、、ちょっとオーバーにいえば、そんなことを思わせてくれる出会いでした。

怪我はホント、捻挫で済んでよかったです。言い古されたことですが、やっぱり下りは慎重に、、、ですね~。
まったくお恥ずかしいありさまだったのですが、とはいえとにもかくにも自力で下りたことに、なにがしかの自己満足を覚えたりもしています(笑)。

竜ヶ岳の記事、読ませていただきましたよ~。目の覚めるような、素晴らしい風景。。。雪山、、、最近ちょっと憧れめいた感情が芽生えつつあるのですが、でも実際行動を起こすとなるとなかなか。。。

映画だけじゃなくて、山に出掛けたときは、これからも記事にしていこうと思います。そのときは、またぜひ読んでくださいね~!
  • 2012-02-12 17:06
  • Mardigras
  • URL
  • 編集

[C898] 管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

[C899]

こんにちは。

朝から山登りしちゃいましたぁ~。
~庭園・・・実際に観ましたら感激!!でしょうね。

らいちょうの親子にも逢えて・・幸せです。

PCの前で山登りまでしちゃいました。^^
足の捻挫もないしコーヒー飲みながら下山
何て幸せなことでしょう!!




  • 2012-03-12 09:03
  • yamaneko
  • URL
  • 編集

[C900] >yamanekoさん

こんにちは、
一瞬、いまもしかして山登り中!?と早とちりしてしましました(笑)。
記事読んでくださったんですね、ありがとうございます!雲ノ平はホントによかったですよ~。

私も冬は、もっぱら山関係の本を読んで山に行った気分を味わってま~す!
  • 2012-03-13 00:32
  • Mardigras
  • URL
  • 編集

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

管理人: mardigras
「ゴースト・イン・ザ・シェル」を観てきました。もちろん吹替版で。いや~、面白かった!

Latest comments

openclose

Index

邦画の紹介
椿三十郎
七人の侍
用心棒
ツィゴイネルワイゼン
遙かなる山の呼び声
復讐するは我にあり
砂の女
男はつらいよ 寅次郎恋歌
男はつらいよ 寅次郎忘れな草
男はつらいよ 寅次郎相合い傘
男はつらいよ 寅次郎ハイビスカスの花
武蔵野夫人
仁義なき戦い
麻雀放浪記
幸福の黄色いハンカチ
悪魔の手毬唄
丹下左膳餘話 百萬兩の壺
夜叉
劔岳 点の記
洋画の紹介
第三の男
ブレードランナー
ゴッドファーザーPARTII
羊たちの沈黙
ミッドナイト・ラン
スカーフェイス
ビッグ・ウェンズデー
ゴッドファーザー
駅馬車
荒野の決闘
ダンス・ウィズ・ウルブズ
燃えよドラゴン
スパルタンX
ターミネーター2
パルプ・フィクション
アパートの鍵貸します
引き裂かれたカーテン
めまい
夜の大捜査線
地獄の黙示録 特別完全版
サンセット大通り
モーターサイクル・ダイアリーズ
8 1/2
真夜中のカーボーイ
スティング
プラトーン
ダイ・ハード
赤ちゃんに乾杯!
太陽がいっぱい
マルホランド・ドライブ
薔薇の名前
リバー・ランズ・スルー・イット
ルートヴィヒ
M★A★S★H マッシュ
バック・トゥ・ザ・フューチャー
タクシードライバー
エンゼル・ハート
バグダッド・カフェ 完全版
未来世紀ブラジル
明日に向って撃て!
恐怖の報酬
レスラー

キル・ビルVol.2
2001年宇宙の旅
ブリキの太鼓
ジュラシック・パーク
十二人の怒れる男
ゲッタウェイ
ミシシッピー・バーニング
ベルリン・天使の詩
裏切りのサーカス
ブラック・レイン
アマデウス
遠い空の向こうに
カプリコン・1
その他映画関連
いとしの映画音楽
この邦題がすごい!
この映画の原作がすごい!(海外編)
この映画の原作がすごい!(国内編)
あの映画のコレが食べたい!
2010年イラスト・カレンダー
「ツィゴイネルワイゼン」を訪ねて
2011年イラスト・カレンダー
続・この映画の原作がすごい!(上)
続・この映画の原作がすごい!(下)
シネマ・イラストレイテッド in TSUTAYA
「劔岳 点の記」を訪ねて
その後のシネマ・イラストレイテッド in TSUTAYA
「夜叉」を訪ねて
「ツィゴイネルワイゼン」を訪ねて(その2)
2014年イラスト・カレンダー
「砂の女」を訪ねて
「悪魔の手毬唄」を訪ねて
「武蔵野夫人」を訪ねて

Add to rss reader

feed-icon-14x14RSSフィードの表示


人気ブログランキングにほんブログ村 ブログランキング
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。