スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • @
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://cinema200.blog90.fc2.com/tb.php/63-2fc46911

トラックバック

コメント

[C244] 斜め読みして

すぐに感想を書くのは失礼なんですが、このキル・ビルVol1に対する感想がまったくもって同じなもので一言先に書いておこっと・・・ってね。

この映画は日本が舞台になるというので家族全員で長時間なこともあり普通より高い料金の観ました。
そうなんです、悪のりがぁ~いけません、金返せー的なもので腹が立ちVol2なんぞはなからフンでしたので観てないのです。

ビルの正体は知りたいとは想いましたが多分もう観ることはないでしょう・・・
思い出させてくれてありがとう?!・・・笑

ユマ・サーマンが好きな娘たちは悪く言ってませんでした。

  • 2009-07-09 19:44
  • ヘルブラウ
  • URL
  • 編集

[C245] >ヘルブラウさん

こんばんわ。ぜんぜん失礼じゃないですよ~。いつもありがとうございます。

ヘルブラウさんもVol.1はダメでしたか...思い出させちゃってゴメンなさいですね(笑)。でも、ネット上のいろんな方々の評判だけでなく、当時私の周りでもけっこう楽しんだという人もいて、ヘルブラウさんのお嬢さん方も特に×じゃなかったということですし、要するに駄作ということじゃなくて、観る人を選ぶ作品なんだな~と思います(と大人な発言)。で、私とヘルブラウさんは選ばれなかったということで...(笑)。

私もアメリカに住んでいた頃、日本が舞台になった映画が公開されて、すごく楽しみにして観にいった記憶があります(「Mr.ベースボール」という映画)。日本がヘンなふうに描かれていないか、妙に気になったものですが...もしこの映画だったら、終わった後に、「一応言っとくと、日本、こんなじゃありませんから」、と周りの人たちに思わず釘刺したくなりそうですね(笑)。

[C982] タランチーノの魅力

キル・ビルの魅力は、何度観ても飽きないことだ。
タランチーノの好みの絡み、人物設定がふんだんだ。

[C984] Re: タランチーノの魅力

確かに飽きませんね~。
何度か観直すうち、Vol.1もそれなりに面白いような気がしてきたというか、あのオフビートにもほどがある感じがクセになってきたような気がするから不思議です。。。

  • 2013-03-05 21:55
  • Mardigras
  • URL
  • 編集

[C995] 「キル・ビル」は最高の面白さ

Ⅰ、2共に最高の面白さだ。女性が愛した悪党に酷い目に遭ったあげく、武術の腕をみがいて悪党一味に次々復讐していく活劇なのだが、出てくるキャラクターが個性的で、エンターテイメントとしては最高の出来。武術も中国、日本の古道が念入りに描かれるところも良いし、挌闘場面の新鮮なアイデアも見所。

十数年前にはビデオも買い求め、息抜きに何度も観たが飽きないのは黒沢監督の作品並みである。
一首献上。

キル・ビルの悪党同士の対決は男と女の愛憎劇なる
                       石塚邦男

[C1001] >根保孝栄・石塚邦男さん

記事にも書いたとおり、私はvol.2がおもしろくて、単独作品としてのvo.1は正直、ちょっとついていけないんですよね~。二つあわせて一つの作品だとすれば、飲み込めなくもないのですが。。。
  • 2013-03-24 10:09
  • Mardigras
  • URL
  • 編集

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

キル・ビルVol.2

"勝負はマダついちゃいないヨーッ!"

「キル・ビルVol.2」のイラスト(ユマ・サーマン)

クエンティン・タランティーノの「キル・ビルVol.2」(2004)は、「キル・ビル Vol.1」(2003)の続編であり、いわば便宜上分割された、小説の下巻のようなものです。そんなわけで、「キル・ビル Vol.2」だけを取り上げてあれこれ書くというのは、小説の後半分に絞ってあれこれ感想を述べるようなもので、気持ち悪いにもほどがあるのですが、でもVol.2だけが滅多やたらと好きなので仕方がない――というわけで、これからご覧になる方には、当たり前といえば当たり前ですが、Vol.1とあわせてのご鑑賞をお奨めします。でも、Vol.2がいいんですね、これが。

「キル・ビル」を楽しむ資格

キル・ビル」は、Vol.1とVol.2を通じ、全編、タランティーノの趣味一色に染め上げられた、彼のこよなく愛する映画の記憶を捏ね上げ、コラージュしたかのような作品です。以前の作品にも、そんな嗜好がちらほら見受けられはしましたが、それらがあくまで味付け程度だったのに比べ、「キル・ビル」は、もう全開。いったいどこまでが計算(ウケる、ウケないの計算)なのかわからないほど、ただひたすら、「みんなオレの好きなものを見てくれ!」(オマエも好きだろ!?)といわんばかりのマニアックにもほどがあるエピソードや小道具が自信満々に溢れかえった、まさに"タランティーノによるタランティーノのための映画"と言いたくなる映画です。

物語の筋立ては、任侠モノやカンフー映画、そしてマカロニ・ウエスタンでお馴染みの、いたくシンプルな復讐劇。結婚式のリハーサル中、かつての仲間たちに婚約者を殺され、自らも瀕死の重傷を負わされた元殺し屋の若い女性、通称"ブライド"(ユマ・サーマン)が、復讐に燃えて仇たちを訪ねまわり、次々に仕返しを果たしていくという、そのバカバカしいといえばバカバカしい設定とストーリーに、取り立ててどうこう言いいたくなるような、ものめずらしさも目新しさもありません。かといって、そのチャンバラやカンフー・アクションが飛び抜けてすごいわけでもなく(なにせ"アクション・スター"映画ではないのです、言うまでもなく)、結局のところ、この映画を楽しめるかどうかのキモは、ひとえに、いかにもタランティーノらしい"作られたB級っぽさ"のテイストと、彼が過剰な思い入れを抱くアレコレのモノにどこまで共感できるかにかかっている――と言ったら言いすぎでしょうか。

私にとって、「キル・ビル Vol.2」が「キル・ビル Vol.1」よりはるかに面白かったのは、要するに、Vol.2に出てくるガジェットの数々や演出が、Vol.1のそれより遥かにツボにはまるものだったからです。たとえば"プッシー・ワゴン"よりも"カルマン・ギア"。"オーレン・イシイ"よりも"エル・ドライバー"。"服部半蔵"よりも"パイ・メイ"。"チャンバラ"よりも"カンフー"。"切られて舞い飛ぶ首や手足"よりも"五点掌爆心拳"。そしてそんなあれこれに加え、(観る人によってはまったく逆でしょうし、またどちらもサイコーという人もいれば、どちらもまったくダメだという人もいるかと思いますが、)私にとって、Vol.1の悪ノリにも思えるどぎついキッチュさは行き過ぎだったのであり、Vol.2のやや抑え気味とも思える弾けっぷりが、ちょうど心地よかったのですね。


あああ、せっかくの千葉ちゃんが―「キル・ビルVol.1」

はいえ、Vol.1に対する事前の期待はかなりのものがあって、そもそも、タランティーノが日本を舞台に映画を撮り、ユマ・サーマンやルーシー・リューが日本語をしゃべりながら刀を振り回し、しかも千葉真一がVIP扱いで登場、とくれば、日本人としてはもうそれだけで恐れ入ってしまう、十年か二十年に一度の有り難味がありました。しかも、ポスターのユマ・サーマンが身にまとっていたのは、まごうかたなき、「死亡遊戯」(1978)のトラック・スーツ。とまあ、"コレが面白くないわけがないオーラ"が出まくっていて、鑑賞前から評価は☆三つでスタート、みたいな感じだったのですが、にもかかわらず、いやだからこそ余計に、いざ観てみて、Vol.1に描かれたあれこれのほとんどが、予期していたテイストと微妙にずれていたことに、激しくがっかりしてしまったのですね。

「キル・ビルVol.1」には、たとえば、布袋虎泰の"新・仁義なき戦いのテーマ"にのってオーレン・イシイ(ルーシー・リュー)の姐さんとその一党が青葉屋の廊下を歩いてくるスローモーションだとか、ユマ・サーマン演じるブライドの唐突な「勝負はマダついちゃいないヨーッ!!」の啖呵にルーシー・リューがこれまた片言で「やっちまいナー!!」と怒声をあげる場面だとか、それになんといっても、いけてるのかいけてないのかよくわからない白いコートに身を包んだダリル・ハンナ演じるエル・ドライバーが、口笛を吹きつつ意気揚々と病院の廊下を歩いてくる場面だとか、愛しくてシカがない場面がなくはないのですが、しかしそのほとんどが、どうにもこうにも口に合わない。

そんなあれこれについて書いても詮無いのですが、特にがっかりさせられたのが、千葉真一が登場する、沖縄のすし屋の一幕。(悪い意味で)あやしい無国籍なセット。ユマ・サーマンのカタカナTシャツ。そして千葉真一の服部半蔵という役名。これらのギミックからして、ちょっといかがなものか状態なのですが、しかしなんといっても納得できなかったのは、やたらとリズムの悪い会話に間の悪さばかりが目立つ、ヘンな演技とダイアローグ。これじゃあせっかくの千葉真一が台無し!と思ってしまったのは私だけでしょうか。

ほかにも、何度観ても突飛過ぎるとしか思えない、オーレン・イシイの子供時代を描いた凄惨で残酷なアニメーションだとか、「片腕カンフー対空とぶギロチン」(1975)からいただいた、鎖鉄球というナイスにもほどがあるギミックを振り回しながらも、腰のふらつきが気になって仕方がない栗山千明だとか、せっかくの"カトー・マスク"(ブルース・リーが「グリーン・ホーネット」で着けていたマスクです、言うまでもなく)がいまひとつ似合わない、クレイージー88の面々の学芸会っぽい稚拙な演技だとか、その頑張りを認めるのはやぶさかではないにしろ、チャンバラの尺が長過ぎるせいで、やはり腰の据わりの悪さを隠しきれないユマ・サーマンの殺陣だとか、サラリーマンらしき人間が刀を携えた不思議の国ニッポンの描写だとか、ああ詮無いとは思いつつ、元ネタのチョイスと発想が抜群なだけに、なぜこうなってしまったのか、とそのあまりのもったいなさに、キー・ボードを叩く指がついつい止まらなくなってしまうのです。


悪ノリのほどほど感とドラマのこってり感―「キル・ビルVol.2」

って「キル・ビル Vol.2」。Vol.1が期待外れだっただけに、まったく期待していなかったのですが、ところが今度はいい意味で、予想を裏切られました。まさに、Vol.1だけじゃ「勝負はマダついちゃいないヨーッ!!」というか、Vol.1とはがらりと趣向を変え、アクションとグロさに抑制を効かせた渋みのテイストに、これこれ、こういうのが観たかった!と、小躍りしてしまいました。

私にとって、Vol.2は、前述の通り、初めから終わりまで、演出から登場人物から演技から舞台から、その他もろもろのガジェットを含めた映画に出てくるもののすべてがことごとく、好みのど真ん中に命中です。まずは、アクションとドラマのバランスがほどほどであるところが好ましい。Vol.1が、アクション8割ダイアローグ2割だったのに対し、Vol.2は、アクション3割ダイアローグ7割といったところ。ドラマのパートが増えた分、タランティーノお得意の"饒舌なセリフ"があちこちに盛り込まれ、いかにもタランティーノの映画らしい空気がぐっと増している感じです。タランティーノの日本と日本人に対するイマジネーションの限界か(こちらが日本人であるがゆえに見方がシビアになってしまうせいか)、あるいは俳優の演技の稚拙さゆえか、Vol.1に登場するキャラクターの多くが、なんだか書割のように薄っぺらく感じられたのに対し、Vol.2のキャラクターはみな命が吹き込まれていて、何気ないセリフや表情、しぐさから、それぞれのキャラクターの人となりが見事に立ち上ってきます。そしてその相乗効果でもって、物語のこってり感もまた、ひときわ深まっていくのですね。



デビッド・キャラダイン=ビル

ずは、Vol.2の冒頭でようやくその姿を現す、毒蛇暗殺団(笑)の親玉、デビッド・キャラダイン演じる"蛇使い"こと、ビル。大きな横笛を抱えたその姿は、1977年公開の映画、「サイレント・フルート」で、デビッド・キャラダインが演じた主人公へのオマージュです。

「サイレント・フルート」を観たことのない私が、なぜそれを知っていたかといえば、カンフー映画にはまっていた中学生の頃の愛読書、「ドラゴン大全科」(日野康一著)という、カンフー映画の目録めいた文庫サイズの分厚いビジュアル本に、この映画の紹介が載っていて、そこに盲目の達人を演じた、デビッド・キャラダインの横笛を口に当てたモノクロ写真が掲載されていたからです。

ちなみにこの本には、やはりデビッド・キャラダインが主役を演じたテレビ・ドラマ、「燃えよカンフー」や、そのほか「キル・ビルVol.1」の冒頭でオマージュを捧げられていたショウ・ブラザーズ製作のカンフー映画のプロフィールが山ほど載っていて、当時の私にとっては、バイブルのような一冊でした。深夜テレビでB級カンフー映画を観るたび、この本を開いて復習に励んだものですが(「片腕カンフー対空とぶギロチン」もそんな1本)、あまりに読み過ぎてバラバラになってしまい、そのうちどこかへいってしまいました。

とまあ、そんなデビッド・キャラダインが、記憶の中のイメージそのままスクリーンに登場したことに、まず喝采を送らずにはいられなかったわけですが、とはいえそんなことを抜きにしても、その芸達者ぶりにはいたく感心させられました。口を歪めたニヒルな笑顔。これといったアクションがないにもかかわらず、武術家らしい切れのある立ち居振る舞いと只者じゃない雰囲気。セリフも練りに練られていおり、彼が登場して口を開くたび、いいぞいいぞ、という感じ。特に、幼い娘を間に挟み、ユマ・サーマンと対峙する場面はその白眉。年のいった父親らしい、子供に対する猫っ可愛がりの愛情を滲ませながら、同時に子供にはわからない凄みをちらつかせたりしていて、実に味わい深い。彼が娘のために作る、食パンにマスタードを丁寧に塗り、パンの耳を律儀に切り落としたハム・チーズ・サンドイッチがうまそうで、以前に書いた映画の食べ物についての記事(「番外編: あの映画のコレが食べたい!」)で、どの映画に出てきたのかどうしても思い出せいないと書いたサンドイッチが、実はこれでした。



マイケル・マドセン=バド

ビッド・キャラダインに続き、「キル・ビル vol.1」ではちらりと顔見せだけに終わったマイケル・マドセンと、これまたほんのちょっとで引っ込んでしまったダリル・ハンナも、「キル・ビル Vol.2」からいよいよ、本格的に登場です。

まずは、マイケル・マドセン演じるビルの弟の殺し屋、"サイドワインダー"こと、バド。Vol.1のエンディングで、遠い目をして荒野を眺めながら、「あの女には復讐する資格がある」などと悪役らしからぬ達観したセリフを吐いていたバドは、ブライドを襲った一件以来、後味の悪さに兄や仲間から距離を置き、酒場の用心棒で生計を立てながら、エル・パソの荒野のおんぼろトレーラー・ハウスで酒浸りの日々を過ごしているという設定。酒場のオーナーにも頭があがらず、ビルが"プライスレス"と評する半蔵ソードを質入れしてしまったと云うバドは、もやは凄腕暗殺者としての腕前も矜持もとうに錆付かせてしまっているかのようで、もしかすると、ブライドにワザと負けてやったりするのかと思いきや、しかし復讐に現れたブライドを、あっけないほど見事に返り討ちにします。ブライドにシンパシーを抱き、その復讐心に理解を示しながら、しかしそれとこれとは別だとばかりに、いざ襲撃されれば苦もなくねじ伏せてしまう、その、惚れ惚れとしたプロフェッショナルぶり。そして、ブライドを墓場に生き埋めにする容赦のなさと、彼女に反撃の隙をこれっぽっちも与えない抜け目のなさ、さらにはブライドの半蔵ソードをエル・ドライバーに売りつけようとする、現金な性格。いや~、シビれます。エルの持参した刀の代金、100万ドルの入ったブリーフ・ケースを開けた途端、バドの顔が、くしゃっと笑み崩れます。この笑顔が、もう最高!

この後、バドはエルの計略にしてやられ、毒蛇に咬まれてあっけなく絶命してしまうのですが(このあっけなさも最高)、実は兄からもらった半蔵ソードをしっかり手元に置いていたことが明かになり(しかし大切にしまわれているわけでもなく、無造作にゴルフバッグに突っ込んであったりする)、死んでなお、バドというキャラクターの味わいは、さらにもう一段深みを増します。がさつなタフ・ガイに見えて、繊細な心を持つ、自らの行動規範に忠実なバドというキャラクター、Vol.1、Vol.2を通じて数多くの脇役が登場するこの映画の中でも、ちょっと抜きん出た魅力を持った存在です。

そんなイカした男を演じているのは、いかにも南部のタフガイ然とした風貌のマイケル・マドセン。私のもっともお気に入りの脇役俳優の一人であり、「ドアーズ」(1991)を観たときにはその存在に気がつかなかったものの、スーザン・サランドンの寡黙な恋人役に扮した「テルマ&ルイーズ」(1991)では、ほんの短い出演時間にもかかわらず、そのでっかい図体に哀愁を漂わせ、ブラット・ピットよりも遥かに強く印象に残ったものです。そしてその次の出演作が、いわずとしれた「レザボア・ドッグス」(1992)。この映画のMr. ブロンドと、「ワイアット・アープ」(1994)のヴァージル・アープ、それにこの「キル・ビル」のバドが、私にとってのマイケル・マドセン・ベスト・スリー。ブライアン・デネヒーやニック・ノルティといったゴツ系に連なる、ちょっと陰のある屈折したタフ・ガイを演じさせたら右に出るもののない、実に味のある役者なのであります。



ダリル・ハンナ=エル・ドライバー

ドが悪役になりきれない悪役なら、悪役の中の悪役が、ダリル・ハンナ演じる"カリフォルニア・マウンテン・スネーク"こと、エル・ドライバー。性格的に、バドがもっとも印象に残るキャラクターなら、ビジュアル・インパクトは、この、エル・ドライバーがナンバー・ワン。特に、「キル・ビル Vol.1」の初登場場面は最高で、看護師に化けたエルが白衣に合わせてコーディネートした白いアイ・パッチに赤十字が描かれていたのには、あまりのばかばかしさに思わず笑ってしまいました。そんな彼女の愛車はいかにものファイアー・バード・トランザム(イーグル・マスク)。Vol.1に出てくる"プッシー・ワゴン"の下品さには思わず眉を顰めてしまいますが、このトランザムをはじめ、ブライドの駆るカルマン・ギアやデ・トマソ・マングスタやら、Vol.2はクルマのセンスもことごとくナイス。

さて「キル・ビル Vol.2」では、いよいよエルとブライドが全面対決します。このファイト・シーンがなかなかよいのですが、その前に、エル絡みで笑えるエピソードがひとつ。毒蛇に咬まれて悶絶するバドを見下ろしながら、エルがメモ帳をぺらりぺらりとめくりつつ、延々蛇毒の解説をバドに読んで聞かせます。本来マクガフィン扱いされるべき毒蛇についてのどうでもいい薀蓄がだらだらと垂れ流されて、これぞまさにタランティーノ節、待ってましたと言いたくなる場面です。

そしてエルの最大の見せ場といえば、ブライドとの闘いに敗れ、絶叫しながら手足を必要以上にバタつかせて床をのた打ち回る場面。初めて観たとき、あっ、これ「ブレードランナー」(1982)じゃん!と思わず声を上げそうになりました。「ブレードランナー」で、ハリソン・フォード演じるデッカードに撃たれたレプリカント(人造人間)が、まさにコレと同じバタバタ・アクションでもって断末魔の叫び声を上げるのです。そしてそのレプリカントを演じていた女優が誰あろう、ダリル・ハンナその人。「ブレードランナー」好きには、ちょっと堪らないサプライズだったのであります。



控えめな按配がキモのカンフー・アクション

キル・ビルVol.1」のモチーフが任侠チャンバラ映画ならば、「キル・ビル Vol.2」のそれは、紛れもなくカンフー映画(でもってマカロニ・ウェスタンが隠し味)。

そもそも任侠映画にほとんど馴染みがなかったのに比べ、カンフー映画に夢中になった過去があるということも、私がVol.2によりシンパシーを覚えてしまった理由の一つです。Vol.2のカンフー・シーンにおける主役ともいえる人物が、ゴードン・リューことリュー・チャーフィー演じる白髯のカンフー・マスター、パイ・メイ導師(このパイ・メイにも元ネタがあって、それがショウ・ブラザーズの「少林寺虎鶴拳」(1978)に登場する白眉道人)。リュー・チャーフィーは、Vol.1にもオーレン・イシイの子分役で出演し、棒術の一端を披露していましたが、やはり真骨頂は、こっちでしょう。中学生の頃、「少林寺」(1982)、「少林寺三十六房」(1978 *日本公開は1982)、「少林寺への道」(1981 *日本公開は1983)と立て続けに観にいった少林寺モノののうち、「少林寺三十六房」で主役を務めていたのが、誰あろう若き日のリュー・チャーフィー。そんな彼がカンフーの達人を演じているからには、これが素晴らしくないはずがないのであります(ちなみに武術指導は、「ドランクモンキー 酔拳」(1978)の監督、ユエン・ウーピン!)。

パイ・メイは、バドによって墓場に生き埋めにされたブライドが、真っ暗闇に包まれた棺桶の中で、過去のカンフー修行を回想する場面に登場します。若き日のブライドは、ビルによってパイ・メイに預けられ、血の滲むような修行に励んでいたという設定で、この、修行三昧の日々のエピソードが、カンフー映画好きには堪りません。それはカンフー映画の典型的な修行シーンそのもので、目新しさはまったくないのですが、それを、ユマ・サーマンとリュー・チャーフィーがやっているというところがミソ。特に、赤い照明を当てたスクリーンを背景に、二人のシルエットが黙々と型の稽古を重ねるカンフー映画でお馴染みのシーンは、お馴染みであるがゆえにやたらと嬉し懐かしく、タランティーノのこんなキッチュにもほどがあるセンスに強い共感を覚えてしまうのですね。

でもってこの回想以外、実は映画の中にカンフー・ファイトがほとんどでてこないという演出が、これまたよろしい(エル・ドライバーとの決闘も、ほとんどプロレスの乱闘のようなファイトに終始)。なぜならVol.1のチャンバラがそうだったように、やればやるほど、アラが目立ってしまうに違いないからです。クライマックスのビルとの闘いも、椅子に腰掛けたままで行われ、カンフーの体技を一切見せることなく、指先を使った"五点掌爆心拳"という、北斗神拳のような、実にバカバカしい、しかし嬉しい、そしてこの上なくこの映画にぴったりの技でもって、ほとんど数秒でケリがつきます。しかし、ブライドが蛇拳のように手首をしならせ、ビルの胸の五箇所の秘孔を突く指先の動きは、とんとんとーんととてもリズミカルなのであり、実にそれらしい。最低限のアクションでもってボロを出すことなく、うまく工夫したものだと感心させられます。

*        *        *

とまあ、振り返ってみれば、なんだかんだでVol.1のこともけっこう書いてしまいました。やっぱり「キル・ビル」というのはVol.1とVol.2のセットでひとつの映画なのであって、Vol.2だけについて書くなんてことは、そもそも無理だったのでした。



キル・ビルVol.2(原題: Kill Bill: Vol. 2
製作国: 米国
公開: 2004年
監督: クエンティン・タランティーノ
製作総指揮: ボブ・ワインスタイン/ハーヴェイ・ワインスタイン/エリカ・スタインバーグ/イー・ベネット・ウォルシュ
製作: ローレンス・ベンダー
脚本: クエンティン・タランティーノ
出演: ユマ・サーマン/デビッド・キャラダイン/マイケル・マドセン/ダリル・ハンナ/ゴードン・リュー
音楽: レザ/ロバート・ロドリゲス
撮影: ロバート・リチャードソン
美術: デイヴィッド・ワスコ/ツァオ・ジュウピン
編集: サリー・メンケ


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://cinema200.blog90.fc2.com/tb.php/63-2fc46911

トラックバック

コメント

[C244] 斜め読みして

すぐに感想を書くのは失礼なんですが、このキル・ビルVol1に対する感想がまったくもって同じなもので一言先に書いておこっと・・・ってね。

この映画は日本が舞台になるというので家族全員で長時間なこともあり普通より高い料金の観ました。
そうなんです、悪のりがぁ~いけません、金返せー的なもので腹が立ちVol2なんぞはなからフンでしたので観てないのです。

ビルの正体は知りたいとは想いましたが多分もう観ることはないでしょう・・・
思い出させてくれてありがとう?!・・・笑

ユマ・サーマンが好きな娘たちは悪く言ってませんでした。

  • 2009-07-09 19:44
  • ヘルブラウ
  • URL
  • 編集

[C245] >ヘルブラウさん

こんばんわ。ぜんぜん失礼じゃないですよ~。いつもありがとうございます。

ヘルブラウさんもVol.1はダメでしたか...思い出させちゃってゴメンなさいですね(笑)。でも、ネット上のいろんな方々の評判だけでなく、当時私の周りでもけっこう楽しんだという人もいて、ヘルブラウさんのお嬢さん方も特に×じゃなかったということですし、要するに駄作ということじゃなくて、観る人を選ぶ作品なんだな~と思います(と大人な発言)。で、私とヘルブラウさんは選ばれなかったということで...(笑)。

私もアメリカに住んでいた頃、日本が舞台になった映画が公開されて、すごく楽しみにして観にいった記憶があります(「Mr.ベースボール」という映画)。日本がヘンなふうに描かれていないか、妙に気になったものですが...もしこの映画だったら、終わった後に、「一応言っとくと、日本、こんなじゃありませんから」、と周りの人たちに思わず釘刺したくなりそうですね(笑)。

[C982] タランチーノの魅力

キル・ビルの魅力は、何度観ても飽きないことだ。
タランチーノの好みの絡み、人物設定がふんだんだ。

[C984] Re: タランチーノの魅力

確かに飽きませんね~。
何度か観直すうち、Vol.1もそれなりに面白いような気がしてきたというか、あのオフビートにもほどがある感じがクセになってきたような気がするから不思議です。。。

  • 2013-03-05 21:55
  • Mardigras
  • URL
  • 編集

[C995] 「キル・ビル」は最高の面白さ

Ⅰ、2共に最高の面白さだ。女性が愛した悪党に酷い目に遭ったあげく、武術の腕をみがいて悪党一味に次々復讐していく活劇なのだが、出てくるキャラクターが個性的で、エンターテイメントとしては最高の出来。武術も中国、日本の古道が念入りに描かれるところも良いし、挌闘場面の新鮮なアイデアも見所。

十数年前にはビデオも買い求め、息抜きに何度も観たが飽きないのは黒沢監督の作品並みである。
一首献上。

キル・ビルの悪党同士の対決は男と女の愛憎劇なる
                       石塚邦男

[C1001] >根保孝栄・石塚邦男さん

記事にも書いたとおり、私はvol.2がおもしろくて、単独作品としてのvo.1は正直、ちょっとついていけないんですよね~。二つあわせて一つの作品だとすれば、飲み込めなくもないのですが。。。
  • 2013-03-24 10:09
  • Mardigras
  • URL
  • 編集

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

管理人: mardigras
大王わさび農場
黒澤明の「夢」(1990)のロケ地を訪れました。

Latest comments

openclose

Index

邦画の紹介
椿三十郎
七人の侍
用心棒
ツィゴイネルワイゼン
遙かなる山の呼び声
復讐するは我にあり
砂の女
男はつらいよ 寅次郎恋歌
男はつらいよ 寅次郎忘れな草
男はつらいよ 寅次郎相合い傘
男はつらいよ 寅次郎ハイビスカスの花
武蔵野夫人
仁義なき戦い
麻雀放浪記
幸福の黄色いハンカチ
悪魔の手毬唄
丹下左膳餘話 百萬兩の壺
夜叉
姿三四郎
劔岳 点の記
洋画の紹介
第三の男
ブレードランナー
ゴッドファーザーPARTII
羊たちの沈黙
ミッドナイト・ラン
スカーフェイス
ビッグ・ウェンズデー
ゴッドファーザー
駅馬車
荒野の決闘
ダンス・ウィズ・ウルブズ
燃えよドラゴン
スパルタンX
ターミネーター2
パルプ・フィクション
アパートの鍵貸します
引き裂かれたカーテン
めまい
夜の大捜査線
地獄の黙示録 特別完全版
サンセット大通り
モーターサイクル・ダイアリーズ
8 1/2
真夜中のカーボーイ
スティング
プラトーン
ダイ・ハード
赤ちゃんに乾杯!
太陽がいっぱい
マルホランド・ドライブ
薔薇の名前
リバー・ランズ・スルー・イット
ルートヴィヒ
M★A★S★H マッシュ
バック・トゥ・ザ・フューチャー
タクシードライバー
エンゼル・ハート
バグダッド・カフェ 完全版
未来世紀ブラジル
明日に向って撃て!
恐怖の報酬
レスラー

キル・ビルVol.2
2001年宇宙の旅
ブリキの太鼓
ジュラシック・パーク
十二人の怒れる男
ゲッタウェイ
ミシシッピー・バーニング
ベルリン・天使の詩
裏切りのサーカス
ブラック・レイン
アマデウス
遠い空の向こうに
カプリコン・1
その他映画関連
いとしの映画音楽
この邦題がすごい!
この映画の原作がすごい!(海外編)
この映画の原作がすごい!(国内編)
あの映画のコレが食べたい!
2010年イラスト・カレンダー
「ツィゴイネルワイゼン」を訪ねて
2011年イラスト・カレンダー
続・この映画の原作がすごい!(上)
続・この映画の原作がすごい!(下)
シネマ・イラストレイテッド in TSUTAYA
「劔岳 点の記」を訪ねて
その後のシネマ・イラストレイテッド in TSUTAYA
「夜叉」を訪ねて
「ツィゴイネルワイゼン」を訪ねて(その2)
2014年イラスト・カレンダー
「砂の女」を訪ねて
「悪魔の手毬唄」を訪ねて
「武蔵野夫人」を訪ねて
「岳 -ガク-」を訪ねて
「ゼロの焦点」を訪ねて

Add to rss reader

feed-icon-14x14RSSフィードの表示


人気ブログランキングにほんブログ村 ブログランキング
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。