スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • @
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://cinema200.blog90.fc2.com/tb.php/79-dc393e02

トラックバック

コメント

[C395] おはようございます☆

DVDのタイトルが影武者になっています・・・。

mardigrasさんの、ハンドルネームの由来、知らなかったので、本当に感慨深いです。
この映画を皆で見なかったら、どういう意味かなあ?と思いつつ、聞けないまま過ごしてしまうところでしたから!

最近見た映画で「ママの遺したラブ・ソング」というのも、美しいニューオーリンズの風景にウットリと見とれました。街というより田舎の方だったと思いますが、空や川や本当に美しかった☆
mardigrasさんの思い出の街なんですね!!!

レビュー、早々と有難うございました。皆さんが次々とアップして頂けるので、記録の記事が膨らんで嬉しいです☆

彼女、とってもキレイというか可愛い人で、このイラストは感じが出ていてイイですぅ~♪
  • 2009-11-15 09:46
  • サイ
  • URL
  • 編集

[C396] >サイさん

こんんちは~。
おっと、間違いの指摘ありがとうございます、直しておきました。

ハンドルネーム、こんな感じで、あんまり深い意味はない由来だったのですよ~(笑)。
絵になるので、ニューオーリンズを舞台にした映画はまだまだいっぱいありそうですね。「ママの遺したラブ・ソング」という映画も知りませんでした...どうやらハリケーンの直前に撮影されたみたいですが、もしかしたらまだしばらくは、ニューオーリンズで新しい映画を撮るのは難しいかもしれませんね。。。

この映画のレイチェル・ワイズはよかったですね!ダスティン・ホフマンにしようかと思ったのですが、あんまりよかったので、彼女を描いてみました。

参加する人がどんどん増えてるみたいですごいですね!

[C397]

こんばんは。
この映画は、やっぱりレイチェル・ワイズですよね。

祭りの名前は知ってましたが、mardigrasさんがそこまで深く、
ニューオーリンズに思い入れをお持ちだとは!
作品を変えて良かったかな(笑)。
ジョン・キューザックも、この街に滞在していると、
料理がおいしくて太って困ると言ってました。

1992年の射殺事件のことは覚えていますが、
ルイジアナ州で起きたとは知りませんでした。
それはショックですよね…。
実体験にもとづく御意見はとても参考になりました。

よくできた映画であるのは確かですが、
暴言を引き出す手口などは、ちょっと安易だとボクも思います。

[C398] >ケンさん

こんにちは、
ハイ、わたしも男として、この映画はレイチェル・ワイズだと思いました(笑)。イラストは、カフェでダスティン・ホフマンを見つけたときに、フと一瞬もらした、笑顔を描いてみました。警戒感がまったくなくて、この表情、あとから考えると、よくできた伏線になってましたね~。

映画の本筋と関係ないことばかり書いてしまいましたが、、、でもそれだけ、思うことがいっぱいあったということで...この映画、出会うことができてホントよかったです。ケンさんのおかげですね。ありがとうございました!

[C399]

こんばんは。
レイチェル・ワイズの微笑み、素敵ですね。
わたしはもちろんジーン・ハックマンです(しわ描くの大好き!)

ニューオリンズへの思い入れが伝わってくる記事ですね。映画を観て「あ、あの場所だ!」という経験がないので、憧れてしまいます。

>その後、渡米した留学生の両親がアメリカ社会の銃規制を求める運動を積極的に行ったこともあって(その行為に対する米国内の非難の声が意外に多く、それがまたショックだったのです)

たぶん同じ理由で、全米ライフル協会がこの映画を批判したとか。”映画ニューオリンズ・トライアル 全米ライフル協会”で検索すると、いろいろ興味深い記事が出てきます。
銃規制を求める人たちもいる筈なんですけどね・・・。
  • 2009-11-16 19:11
  • 宵乃
  • URL
  • 編集

[C400] >宵乃さん

ありがとうございます。
宵乃さんのジーン・ハックマンも、あの役柄のインテレクチャルな感じが表現されてて、すごくよかったですよ~!私も実は次の記事で、もう少し若い頃のハックマン(でも、しわアリ)に挑戦する予定です(笑)。

教えていただいたキーワードで検索してみました。ホントだ、いろいろありますね...

銃規制に反対してる(たいてい保守系の)人たちの考えって、もう変わりようがない気がするんです。記事の中では、銃所持が彼らのアイデンティティの一部になってると思うから、みたいなことを書きましたが、具体的な経験を書くと...

毎年メキシコに釣りに行くと、同宿するアメリカ人(たいてい白人。それも中西部、南部の保守系の人ばかり)と必ず、銃の話になります。なぜかというと、もう100%、誰も彼もが釣りと同じようにハンティングもするからです。で、釣りの話の流れで、必ずハンティングの話になるという具合です。そして私が釣りしかしないというと、みな一様に、不思議そうな、理解できないという顔をするのです。

彼らは子供の頃からハンティングに慣れ親しんでいて、そして自分たちもまた、子供が年頃になると、ハンティングに連れて行くんだそうで、要するに、一人前の大人になるための通過儀礼みたいなものだそうです(彼らが拳銃も持ってるかどうかは、デリケートすぎてとても聞けないのですが、まずたいてい、持っている人が多いような気がします)。そんな彼らにとって銃の禁止された社会というのは、もしかすると釣りの禁止された社会よりもありえないのかも、という気がするんです。

それでも、私がハンティングをしない理由として、そもそも日本で銃の所持が禁止されている話をすると、彼らはたいてい理解を示して、しかも、アメリカで銃犯罪が多いことが恥ずかしい、アメリカももっと厳しい銃規制をすべきだということを言います(これもほとんど全員)。でも、彼らが考える規制は、全面的な銃の所持禁止ということじゃなくて、犯罪者の手に渡らないような規制を考えるべきだ、というものなんですね...

そんなわけで、国民が入れ替わりでもしない限り(=保守系の人口割合が減ってマイノリティにならない限り)、アメリカ社会から銃はなくならないような気がするのです...

すみません、深夜にもかかわらず興が乗ってしまい、つい、コメントのご返事が長くなってしまいました(笑)。






[C401]

興味深いお話、ありがとうございます!
釣りをするひとは、ほぼ100%ハンティングもしているんですか!?
しかも、銃規制の考え方が日本人とはまるで違うんですね。うわあ~カルチャーショック。
やっぱり実際にみないとわからないものですね、勉強になりました。
あ、返信は結構ですよ。お疲れ様でした~。
  • 2009-11-17 10:39
  • 宵乃
  • URL
  • 編集

[C408] >宵乃さん

少なくともメキシコで会った釣り人(これまで4、50人くらいかな)は、女性も含めて全員ハンターだったのですよ。釣りの合間にハンティング行く人もいて、誘われたことがあるのですが、釣りをしたいという以上に、動物を見たら引き鉄引けなそうな気がして、やめておきました...

[C418] 管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

ニューオーリンズ・トライアル

「ニューオーリンズ・トライアル」のイラスト(レイチェル・ワイズ)

イージー・ライダー」(1969)、「エンゼル・ハート」(1987)、「新・動く標的」(1975)、「シンシナティ・キッド」(1965)、「ストリートファイター」(1975)、「キャット・ピープル」(1982)、「タイトロープ」(1984)、「ダウン・バイ・ロー」(1986)、「ベンジャミン・バトン 数奇な人生」(2008)、「レニングラード・カウボーイズ・ゴー・アメリカ」(1989)に、そしてこの、「ニューオーリンズ・トライアル」(2003)...ジャンルもテーマもばらばらのこれらの映画には、実はひとつの共通点があります。

そう、もうおわかりですね。それはどの映画もすべて、ニューオーリンズがその舞台となっているということです。私、数あるアメリカの街の中でも、このニューオーリンズという街が大好きで、どのくらい好きかといえば、ニューオーリンズの代名詞ともなっている有名なお祭り、"マルディグラ(Mardi Gras)"から、このブログのハンドル・ネームをいただいているくらい。この街を訪れたのは20年前にたったの1回だけ、それもほんの三日間だったのですが、フランス植民地時代の面影が残るフレンチ・クォーターの独特の街並み、バーボン・ストリートに響く陽気なジャズの音色、エスニックな味わいのケイジャン料理に新鮮なシーフード、深夜になっても終わらない仮装行列の賑わい(ちょうどハロウィンだった)、とまあ見るもの聞くもの口にするものの何もかもがファンタスティック&ワンダフルで、アメリカで訪れた観光地の中でももっとも思い出深い場所のひとつとして、この街の面影が、いまだ記憶に鮮やかなのです。


ビバ!ニューオーリンズ(カフェ・デュ・モンドの思い出)

いうわけで、そんなニューオーリンズが舞台となっているというだけで、この映画は私にとってOK。ところどころに映し出されるその風景を眺めるだけで、心地よい思い出に浸れてしまうという按配です。そんな街並みのあれこれの中でも、特に嬉しくなってしまったのが、ダスティン・ホフマンとレイチェル・ワイズが会合するオープン・カフェのシーン。あれ、Café du Mondeという有名なカフェで、私もニューオーリンズにいた三日間、毎朝あのカフェを訪れては、カラフルなバルコニーの並ぶ独特な家並みの広場を眺めながら、朝の優雅な(笑)ひとときを過ごしたものであります。

ダスティン・ホフマンが口の端を粉砂糖で真っ白にしながらパクついていたのは、ベニエと呼ばれる、この店のオリジナル・ドーナッツ。この、熱々の甘~く油っぽいドーナッツが、これまたうまいんですねぇ!そしてもうひとつ、なんといってもこのお店の名物が、チコリ・コーヒー。チコリ独特の風味がほのかに漂う深炒りの濃ゆ~いカフェオレで、コーヒー好きの人からすれば邪道と言われてしまいそうですが、私にとっては、これまでの人生で飲んだコーヒーの中で、これがぶっちぎりのいちばんなのですね。お店には、オレンジ色の缶に入ったお土産用のレギュラー・コーヒーが売っていて、自分で買ったのはもちろん、ニューオーリンズに友だちの誰かが旅行するたびにお願いして、このコーヒーを買ってきてもらったものです。

そして実は今、こうしてブログを書いてる合間に啜っているコーヒーも、このCafé du Mondeのチコリ・コーヒー。う~ん、ティスティ!!むろん、わざわざニューオーリンズから取り寄せているわけではなく、実はこのカフェ、日本にもあるのですね。そのことを初めて知ったのは、10年位前に京都に出張したとき。新装成った京都駅の駅ビルにCafé du Mondeを発見したときは、えっ、日本にお店出してたの!?と思わず目を疑ってしまいました。その後、わざわざ京都まで出かけなくても池袋の西口にお店のあることを知り、以来、たまに出かけては、オレンジ色のコーヒー缶をまとめ買いしてくるようになりました。京都のお店にはベニエがなくてがっかりしてしまったのですが、池袋店のメニューにはしっかりとあって、たまにこれをパクつくのが、私のささやかなお楽しみなのであります。

この映画が製作された2年後、ニューオーリンズの街はハリケーンによって、壊滅的な打撃を受けてしまいました。見渡す限りのあたり一帯が泥水に浸かり、家具や生活用品がゴミとなって散乱する悲惨な光景には、え、これがあの美しかったニューオーリンズ?と激しく心が痛んだものです。しかしあれから4年、人口は災害前の3分の2まで回復し、ツーリズムも復興して、Café du Mondeも商売を再開しているようです。初めて訪れて以来、ニューオーリンズを再訪する機会がまったくないのですが、今度はいつか、Mardi Grasの季節に訪れてみたい...と夢見ています。



「ニューオーリンズ・トライアル」の感想

..と、長々書き散らした割には、肝心の映画の話をまったくしていませんね、すみません。というわけで、ここから作品の感想を(以下ネタバレ)。

盗聴、盗撮、騙りに逆探知、ハッキング、不法侵入に恐喝、暴行と、まるで60年代のCIAのようになんでもありの(そしてなんでも可能な)陪審コンサルタントや、そんな非合法な手段を用いることをこれっぽっちも厭わない法律事務所と、いかにも悪党っぽいクライアントの大企業、さらには陪審員たち全員に陪審室からの退出を許可し、レストランで一緒に食事してしまうトンデモな判事に、意図的に陪審候補に選ばれ、陪審員たちを意のままに操り、法のプロたちすらとことん手玉に取ってのける、ミスター&ミス・ミッション・インポッシブル...と、正直、法廷モノというレッテルから想像していたものとあまりにかけ離れたぶっ飛んだ設定に、かなり驚かされました。

この映画、法廷サスペンスとしては、たとえば、挑発によって議論を有利に導くための暴言を引き出すという、ほかの法廷モノで既視感のあるパターンが一度ならずも二度繰り返されていたりしていて、やや工夫に欠けていたような気がします。また冒頭、陪審コンサルタントによるリサーチ・テクノロジーを駆使した陪審選択の手練手管がとても興味深くて、いいぞいいぞ!とワクワクしてしまったのですが、ストーリーの都合上、その選択が本当に効果的なものだったかのどうかがうやむやになってしまい(脅迫や謀略による陪審買収という力技が行使される展開となり、せっかく分析した陪審員の性格もへったくれも関係なくなってしまう)、なんというか、ここを膨らましてほしいという(勝手な)期待をすかされてしまった感があったりもします。しかしその代わり、原告と被告に陪審を絡めた三つ巴の駆け引きというプロットには新味があって、そのスリリングでミステリアスな展開は、ファンタジックなコン・ゲームとして、とてもよくできていたと思います。

またこの映画、芸達者な俳優たちによる丁々発止の演技合戦が見ごたえ十分で素晴らしい。極端にカリカチュアライズされたジーン・ハックマンやジョン・キューザックのアクの強い役柄の前に、ストレートな正義感に突き動かされるダスティン・ホフマンの伝統的かつ正統的なキャラクターがほとんどジョークのように見えてしまったりもするのですが、しかしそれでも、ジーン・ハックマンとダスティン・ホフマンが1対1で真っ向からやりあう裁判所の手洗いのシーンの有無を言わさぬ迫力は、さすが!の一言であります。そして次第に、この人何を考えてるんだろう、とよくわからなくなっていく主人公の"ステルス"陪審員。「グリフターズ/詐欺師たち」(1991)でもコン・マンを演じていたジョン・キューザックの茫漠としてつかみどころのない表情の持ち味が、この映画の曲者っぽい役どころにも、実にぴったりと嵌っていたように思います。ところでジーン・ハックマンとダスティン・ホフマン、競演するのはなんとこの作品が始めてなのだそうで(メイキングより)、なんというか、実に意外...



アメリカの銃社会

後にもうひとつ、この映画に思うところがあって、それはこの映画が、銃器メーカーに対する訴訟という、物議をかもすネタをテーマにしているところ。原作からわざわざ変更されているのですが(原作はタバコ会社が被告)、マイケル・ムーアの「ボウリング・フォー・コロンバイン」(2002)を観たときのような、いかにもアメリカらしい反骨精神を感じたりはしなくて、なんというか、銃社会に対する批判をネタにするのであれば、もう少しリアリティのある文脈で扱ってほしかったというか、ファンタジーに刺激を追加するネタとして消費するには、この話題はちょっとセンシティブ過ぎるんじゃないか、なんてことを思ってしまいました。まあ自分でも、このタイプの映画でいちいちそんなこと気にすることないじゃん、とは思うのですが、昔アメリカに住んでいた頃の思い出とリンクしてしまったりして、ついいろいろと考えてしまったのですね...

アメリカの社会において、いかに銃器が一般市民の身近に存在しているものであるかは、ちょっと信じられないほどです。銃が欲しいと思ったら、わざわざ銃砲店を探さずとも、ウォルマートとかKマートといった、どこの町にもたいていある大型スーパーマーケットに行けばいい。これらのお店では、釣具屋やスポーツ用品、はたまた食料品や衣料品と並べられて、銃器がまるでコモディティであるかのように陳列されています。壁にずらりと掛けられた拳銃やライフルの数や種類といったら壮観過ぎて、とてもそれらが本物とは思えないほどです。初めてその光景を見たときのカルチャー・ショックといったら、それはもう相当なものでした。

これだけ銃器の入手が容易であれば、銃を使った犯罪が頻繁に起こるもの当然です(後述する日本人留学生射殺事件の翌年の1993年、ブレディ法によって銃の販売業者に購入希望者の犯歴照会が義務付けられ、少なくとも私がアメリカにいた頃よりは、入手のハードルが高くなってはいます)。私が在学中、大学の構内で学生による発砲事件が二度ほどあり、そのうちの一回は、撃たれた学生が亡くなりました。これだけでも相当のショックと恐怖だったのですが、さらに驚いたのは、このニュースが全米ネットワークのテレビ・ニュースでまったく取り上げられず、また全国紙のUSA Todayにも関連記事がまったく掲載されなかったこと。乱射事件ならともかく、大学構内で学生が一人撃たれて死んだくらいでは、アメリカではニュースにもならないのですね。それくらい、銃による事件はありふれたもの、なのです。

そして1992年10月、まさに私がニューオーリンズを訪れていたそのときに起こった悲劇が、ニューオーリンズと同じルイジアナ州のバトンルージュの町で、当時16歳だった日本人高校生の留学生が射殺された事件。ハロウィーン・パーティに出かけた彼は、訪問先を間違って別の家を訪れてしまい、その家の人間が"Freeze(止まれ)"と警告したのに対し、おそらく英語がわからなかったのでしょう、歩み寄るのをやめなかったため、あえなく射殺されてしまったのです。さすがにこの事件はかなり大きなニュースとなり、その後、渡米した留学生の両親がアメリカ社会の銃規制を求める運動を積極的に行ったこともあって(その行為に対する米国内の非難の声が意外に多く、それがまたショックでした)、事件のその後についてもかなり大きく報道されました。で、被告が殺人罪で起訴された陪審裁判の結果がどうなったかというと、これが無罪(のちの民事裁判では有罪)...同じ日本人の留学生を襲った悲劇をとてもひとごとには思えなかった身として、このときはさすがに、この国のそんな一面をまったく理解していなかったことを悟って、アメリカにいることが怖くて仕方なくなってしまったものです。とまあ、そんなことをつらつら思い出して、つい引っかかってしまったのですが、しかしあれから20数年、タブーだったともいえる銃規制の問題が、とにもかくにも商業映画の書割として使われるまでになったということは、もしかすると、これはこれで、ある意味、銃規制の問題をめぐる前向きな変化の兆候、と捉えるべきことなのかもしれません。とはいえ...

アメリカ人(特にプロテスタント系白人)がなぜかくも銃器の所有にこだわるのか、理屈の上で理解することはできても、感覚的、感情的に理解することは正直、不可能です。おそらく彼らにとって、銃を捨てるということは、ほとんどアイデンティティを捨て去るのに等しいことだったりするのでしょう、というのはあくまで理屈の上での想像です。アメリカは、たとえ時間がかかったり、時に進む道をひどく誤ったりしながらも、解決不能にも思える幾多の難問を、なんだかんだいって乗り越えてきた歴史を持つ、総体として賢く進化する術を世界でいちばんよく知っている国、だと思っているのですが、しかしそれでも、国民がすっかり入れ替わるようなことでもない限り、アメリカ社会から銃のなくなる日がやってくることだけはないのではないか、そんな悲観的なことを思ってしまいます。



ニューオーリンズ・トライアル(原題: Runaway Jury
製作国 : 米国
公開: 2003年
監督: ゲイリー・フレダー
製作: ゲイリー・フレダー/クリストファー・マンキウィッツ
脚本: ブライアン・コッペルマン/デヴィッド・レヴィーン/マシュー・チャップマン/リック・クリーヴランド
原作: ジョン・グリシャム(「陪審評決」
出演: ジョン・キューザック/ジーン・ハックマン/ダスティン・ホフマン/レイチェル・ワイズ
音楽: クリストファー・ヤング
撮影: ロバート・エルスウィット
編集: ウィリアム・スタインカンプ


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://cinema200.blog90.fc2.com/tb.php/79-dc393e02

トラックバック

コメント

[C395] おはようございます☆

DVDのタイトルが影武者になっています・・・。

mardigrasさんの、ハンドルネームの由来、知らなかったので、本当に感慨深いです。
この映画を皆で見なかったら、どういう意味かなあ?と思いつつ、聞けないまま過ごしてしまうところでしたから!

最近見た映画で「ママの遺したラブ・ソング」というのも、美しいニューオーリンズの風景にウットリと見とれました。街というより田舎の方だったと思いますが、空や川や本当に美しかった☆
mardigrasさんの思い出の街なんですね!!!

レビュー、早々と有難うございました。皆さんが次々とアップして頂けるので、記録の記事が膨らんで嬉しいです☆

彼女、とってもキレイというか可愛い人で、このイラストは感じが出ていてイイですぅ~♪
  • 2009-11-15 09:46
  • サイ
  • URL
  • 編集

[C396] >サイさん

こんんちは~。
おっと、間違いの指摘ありがとうございます、直しておきました。

ハンドルネーム、こんな感じで、あんまり深い意味はない由来だったのですよ~(笑)。
絵になるので、ニューオーリンズを舞台にした映画はまだまだいっぱいありそうですね。「ママの遺したラブ・ソング」という映画も知りませんでした...どうやらハリケーンの直前に撮影されたみたいですが、もしかしたらまだしばらくは、ニューオーリンズで新しい映画を撮るのは難しいかもしれませんね。。。

この映画のレイチェル・ワイズはよかったですね!ダスティン・ホフマンにしようかと思ったのですが、あんまりよかったので、彼女を描いてみました。

参加する人がどんどん増えてるみたいですごいですね!

[C397]

こんばんは。
この映画は、やっぱりレイチェル・ワイズですよね。

祭りの名前は知ってましたが、mardigrasさんがそこまで深く、
ニューオーリンズに思い入れをお持ちだとは!
作品を変えて良かったかな(笑)。
ジョン・キューザックも、この街に滞在していると、
料理がおいしくて太って困ると言ってました。

1992年の射殺事件のことは覚えていますが、
ルイジアナ州で起きたとは知りませんでした。
それはショックですよね…。
実体験にもとづく御意見はとても参考になりました。

よくできた映画であるのは確かですが、
暴言を引き出す手口などは、ちょっと安易だとボクも思います。

[C398] >ケンさん

こんにちは、
ハイ、わたしも男として、この映画はレイチェル・ワイズだと思いました(笑)。イラストは、カフェでダスティン・ホフマンを見つけたときに、フと一瞬もらした、笑顔を描いてみました。警戒感がまったくなくて、この表情、あとから考えると、よくできた伏線になってましたね~。

映画の本筋と関係ないことばかり書いてしまいましたが、、、でもそれだけ、思うことがいっぱいあったということで...この映画、出会うことができてホントよかったです。ケンさんのおかげですね。ありがとうございました!

[C399]

こんばんは。
レイチェル・ワイズの微笑み、素敵ですね。
わたしはもちろんジーン・ハックマンです(しわ描くの大好き!)

ニューオリンズへの思い入れが伝わってくる記事ですね。映画を観て「あ、あの場所だ!」という経験がないので、憧れてしまいます。

>その後、渡米した留学生の両親がアメリカ社会の銃規制を求める運動を積極的に行ったこともあって(その行為に対する米国内の非難の声が意外に多く、それがまたショックだったのです)

たぶん同じ理由で、全米ライフル協会がこの映画を批判したとか。”映画ニューオリンズ・トライアル 全米ライフル協会”で検索すると、いろいろ興味深い記事が出てきます。
銃規制を求める人たちもいる筈なんですけどね・・・。
  • 2009-11-16 19:11
  • 宵乃
  • URL
  • 編集

[C400] >宵乃さん

ありがとうございます。
宵乃さんのジーン・ハックマンも、あの役柄のインテレクチャルな感じが表現されてて、すごくよかったですよ~!私も実は次の記事で、もう少し若い頃のハックマン(でも、しわアリ)に挑戦する予定です(笑)。

教えていただいたキーワードで検索してみました。ホントだ、いろいろありますね...

銃規制に反対してる(たいてい保守系の)人たちの考えって、もう変わりようがない気がするんです。記事の中では、銃所持が彼らのアイデンティティの一部になってると思うから、みたいなことを書きましたが、具体的な経験を書くと...

毎年メキシコに釣りに行くと、同宿するアメリカ人(たいてい白人。それも中西部、南部の保守系の人ばかり)と必ず、銃の話になります。なぜかというと、もう100%、誰も彼もが釣りと同じようにハンティングもするからです。で、釣りの話の流れで、必ずハンティングの話になるという具合です。そして私が釣りしかしないというと、みな一様に、不思議そうな、理解できないという顔をするのです。

彼らは子供の頃からハンティングに慣れ親しんでいて、そして自分たちもまた、子供が年頃になると、ハンティングに連れて行くんだそうで、要するに、一人前の大人になるための通過儀礼みたいなものだそうです(彼らが拳銃も持ってるかどうかは、デリケートすぎてとても聞けないのですが、まずたいてい、持っている人が多いような気がします)。そんな彼らにとって銃の禁止された社会というのは、もしかすると釣りの禁止された社会よりもありえないのかも、という気がするんです。

それでも、私がハンティングをしない理由として、そもそも日本で銃の所持が禁止されている話をすると、彼らはたいてい理解を示して、しかも、アメリカで銃犯罪が多いことが恥ずかしい、アメリカももっと厳しい銃規制をすべきだということを言います(これもほとんど全員)。でも、彼らが考える規制は、全面的な銃の所持禁止ということじゃなくて、犯罪者の手に渡らないような規制を考えるべきだ、というものなんですね...

そんなわけで、国民が入れ替わりでもしない限り(=保守系の人口割合が減ってマイノリティにならない限り)、アメリカ社会から銃はなくならないような気がするのです...

すみません、深夜にもかかわらず興が乗ってしまい、つい、コメントのご返事が長くなってしまいました(笑)。






[C401]

興味深いお話、ありがとうございます!
釣りをするひとは、ほぼ100%ハンティングもしているんですか!?
しかも、銃規制の考え方が日本人とはまるで違うんですね。うわあ~カルチャーショック。
やっぱり実際にみないとわからないものですね、勉強になりました。
あ、返信は結構ですよ。お疲れ様でした~。
  • 2009-11-17 10:39
  • 宵乃
  • URL
  • 編集

[C408] >宵乃さん

少なくともメキシコで会った釣り人(これまで4、50人くらいかな)は、女性も含めて全員ハンターだったのですよ。釣りの合間にハンティング行く人もいて、誘われたことがあるのですが、釣りをしたいという以上に、動物を見たら引き鉄引けなそうな気がして、やめておきました...

[C418] 管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

管理人: mardigras
「氷壁」(1958)を観ました。穂高のロケ撮影が素晴らしい!

Latest comments

openclose

Index

邦画の紹介
椿三十郎
七人の侍
用心棒
ツィゴイネルワイゼン
遙かなる山の呼び声
復讐するは我にあり
砂の女
男はつらいよ 寅次郎恋歌
男はつらいよ 寅次郎忘れな草
男はつらいよ 寅次郎相合い傘
男はつらいよ 寅次郎ハイビスカスの花
武蔵野夫人
仁義なき戦い
麻雀放浪記
幸福の黄色いハンカチ
悪魔の手毬唄
丹下左膳餘話 百萬兩の壺
夜叉
姿三四郎
劔岳 点の記
洋画の紹介
第三の男
ブレードランナー
ゴッドファーザーPARTII
羊たちの沈黙
ミッドナイト・ラン
スカーフェイス
ビッグ・ウェンズデー
ゴッドファーザー
駅馬車
荒野の決闘
ダンス・ウィズ・ウルブズ
燃えよドラゴン
スパルタンX
ターミネーター2
パルプ・フィクション
アパートの鍵貸します
引き裂かれたカーテン
めまい
夜の大捜査線
地獄の黙示録 特別完全版
サンセット大通り
モーターサイクル・ダイアリーズ
8 1/2
真夜中のカーボーイ
スティング
プラトーン
ダイ・ハード
赤ちゃんに乾杯!
太陽がいっぱい
マルホランド・ドライブ
薔薇の名前
リバー・ランズ・スルー・イット
ルートヴィヒ
M★A★S★H マッシュ
バック・トゥ・ザ・フューチャー
タクシードライバー
エンゼル・ハート
バグダッド・カフェ 完全版
未来世紀ブラジル
明日に向って撃て!
恐怖の報酬
レスラー

キル・ビルVol.2
2001年宇宙の旅
ブリキの太鼓
ジュラシック・パーク
十二人の怒れる男
ゲッタウェイ
ミシシッピー・バーニング
ベルリン・天使の詩
裏切りのサーカス
ブラック・レイン
アマデウス
遠い空の向こうに
カプリコン・1
その他映画関連
いとしの映画音楽
この邦題がすごい!
この映画の原作がすごい!(海外編)
この映画の原作がすごい!(国内編)
あの映画のコレが食べたい!
2010年イラスト・カレンダー
「ツィゴイネルワイゼン」を訪ねて
2011年イラスト・カレンダー
続・この映画の原作がすごい!(上)
続・この映画の原作がすごい!(下)
シネマ・イラストレイテッド in TSUTAYA
「劔岳 点の記」を訪ねて
その後のシネマ・イラストレイテッド in TSUTAYA
「夜叉」を訪ねて
「ツィゴイネルワイゼン」を訪ねて(その2)
2014年イラスト・カレンダー
「砂の女」を訪ねて
「悪魔の手毬唄」を訪ねて
「武蔵野夫人」を訪ねて
「岳 -ガク-」を訪ねて
「ゼロの焦点」を訪ねて

Add to rss reader

feed-icon-14x14RSSフィードの表示


人気ブログランキングにほんブログ村 ブログランキング
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。