スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • @
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://cinema200.blog90.fc2.com/tb.php/97-442f74e0

トラックバック

コメント

[C577] こんばんは☆

お忙しい中、鑑賞とレビューを有難う~!
いつもの記録の記事にリンクさせてもらいますネ☆

昨日ご覧になって、こんなに早くすごいイラストで、ホントビックリです!!!

これからも、お時間などが大丈夫な時は、是非、ご一緒に楽しみましょう~!
次回は、私miriが選ばせて頂きますので、どうぞ宜しくね!
  • 2010-05-01 19:53
  • miri
  • URL
  • 編集

[C578] >miriさん

観ようと思えばもう少し早く観れたんですが、本文にも書いたとおり、躊躇してたところもありまして...(笑)

イラストは、ご覧になった人なら誰だかわかっていただけますよね~、きっと(笑)。正体に気づいたときは、ホント笑ってしまいました。

今回もありがとうございました。次回もまた参加させていただきますね~。

[C579]

!!!小池栄子だったのかぁ~!
言われるまでまったく気付きませんでした・・・。というか、あまり誰が誰とか気にしてなかったけれども。
いや、でも、小池栄子には驚きました(笑)
イラストも凄い迫力ですね。
この作風は独特すぎて、ホント慣れが必要だと思います。でも、あのCGはなかなかのものでしたよね。
あと、カフェオレにはわたしも笑いました。
  • 2010-05-02 11:12
  • 宵乃
  • URL
  • 編集

[C580] >宵乃さん

わはは、宵乃さんも気づきませんでしたか~!
後半のドアップでハッと正体がわかり、思わず笑ってしまいました。妻夫木聡も最後の方までぜんぜんわかりませんでした。。。イラストは、特徴ありすぎるので、簡単かなと思ったら、なかなか似なくて、何度も描きなおしてしまいました。

「下妻物語」もエキセントリックでしたが、でもここまでではなかった気が。。。冒頭しばらくはホント、どうしようかと思いました。CGは、日本映画にもこんなのがあるんだ、と、ちょっと見直すような気持ちにさせられました。

木之元も最初ツラかったのですが、カフェオレの前後くらいでようやく、その存在を受け入れる気になりました(笑)。

[C582] 管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

[C583] Guten Tag!

Mardiさ~んお久しぶりです。
お元気ですか~

このイラストの女性は阿部サダオさんかなぁ?
映画見てないので気になります、おしえてねっ!

[C584] >ヘルブラウさん

こんにちは、(なかなかブログの更新できませんが)元気ですよ~!
今頃は、きっとハンブルグも緑がキレイでしょうね。

すみません、このイラストは、小池栄子です(汗)。吸血鬼みたいな看護師の役をやってました。この映画、みんなメイクがすごくて、誰が誰だかよくわからないんですよ...

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

パコと魔法の絵本

「パコと魔法の絵本」のイラスト(小池栄子)

ロガーのみなさん一緒に同じタイミングで映画を観ようという企画、ブログDEロードショーの第9回目、「パコと魔法の絵本」(2008)。ホントは先週末がその"タイミング"だったのですが、1週間ほど遅れて昨日、ようやく観ることができました。

これまで毎回、この企画の告知記事を書いていたので、たとえ観たことのない(タイトルすら知らない)作品でも、事前になにがしかの知識が自動的に頭に入ったのですが、ゆえあって今回より鑑賞オンリーの参加、ということにさせていただいたため、この「パコと魔法の絵本」については、お話の内容はおろか、監督や出演者が誰なのかさえ知らない状態での鑑賞となりました(といってもDVDを借りるときにパッケージをチラ見して、役所広司と土屋アンナが出ていることだけはわかった)。

正直、"パコ"、"魔法"、"絵本"とタイトルを構成している単語が三つとも、果たしてオレに最後まで観きることができるのだろうか、と掛け算で不安を煽るファンシーなものでしたが、役所広司と土屋アンナを心の拠り所に、覚悟を決めて観始めてみると...う~ん、これが冒頭から、もうどうにもツラすぎる、ハイ・テンションのどたばた&ナンセンス・ギャグの速射砲...

しかも、ちょっと苦手な劇団ひとりが登場したりして、(予想していたのとはまったく違ったものでありながら、しかしいずれにしても)さっぱりノれない描写と展開に、これ、マジでヤバイ...と、ギブアップ寸前だったのですが...しかし、浅野が龍文寺に、「ネックレスにしてみますぅぃとぅあ~」というところでついクスッと笑ってしまったのを皮切りに、バカ負けしてしまったというか、いつの間にか慣れはじめました、この世界に。そして、パコがドラマの中心になる頃には、パコ役の女の子の純真無垢、天真爛漫な演技がよかったこともあって、なんだかんだで、けっこう物語の世界に気持ちが入り込んでしまったのでした。

ちなみに、この映画で私が思わず笑ってしまったところ。

1. 木之元のセリフ(「男はコーヒー、女はミルク、混ぜて混ざってオカマはカフェオレ」
2. 堀米のタニシ
3. 小池栄子(ということに後半気がついて)
4. ジュンペイの正体 (以上、面白かった順)

それにしても、まるでハレーションを起こしたかのような色使いの美術とCG映像には、正直、かなり感動しました(特にクライマックスのCGと実写のハイ・テンポなカット・バック)。いつのまにか、日本映画もこんなファンタジーらしいファンタジーを作(れ)るようになっていたんですねぇ。この映画の監督は、中島哲也。まったく知らなかったのですが、この人、あの「下妻物語」(2004)の監督だったとは...いや、どうりで作品の空気に似たところがあると思いました(うそ。まったく気がつきませんでした)。

というわけで、今回の映画の推薦人は、「茶栗鼠の映画評論」の茶栗鼠さん。(最初はどうなることかと思いましたが、)面白い映画のご紹介、ありがとうございました~。


パコと魔法の絵本
公開: 2008年
監督: 中島哲也
製作: 「パコと魔法の絵本」製作委員会
脚本: 中島哲也/門間宣裕
原作: 後藤ひろひと(「MIDSUMMER CAROL ガマ王子vsザリガニ魔人」
出演: 役所広司/アヤカ・ウィルソン/妻夫木聡/土屋アンナ/阿部サダヲ/小池栄子
音楽: ガブリエル・ロベルト
撮影: 阿藤正一、尾澤篤史
美術: 桑島十和子
編集: 小池義幸


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://cinema200.blog90.fc2.com/tb.php/97-442f74e0

トラックバック

コメント

[C577] こんばんは☆

お忙しい中、鑑賞とレビューを有難う~!
いつもの記録の記事にリンクさせてもらいますネ☆

昨日ご覧になって、こんなに早くすごいイラストで、ホントビックリです!!!

これからも、お時間などが大丈夫な時は、是非、ご一緒に楽しみましょう~!
次回は、私miriが選ばせて頂きますので、どうぞ宜しくね!
  • 2010-05-01 19:53
  • miri
  • URL
  • 編集

[C578] >miriさん

観ようと思えばもう少し早く観れたんですが、本文にも書いたとおり、躊躇してたところもありまして...(笑)

イラストは、ご覧になった人なら誰だかわかっていただけますよね~、きっと(笑)。正体に気づいたときは、ホント笑ってしまいました。

今回もありがとうございました。次回もまた参加させていただきますね~。

[C579]

!!!小池栄子だったのかぁ~!
言われるまでまったく気付きませんでした・・・。というか、あまり誰が誰とか気にしてなかったけれども。
いや、でも、小池栄子には驚きました(笑)
イラストも凄い迫力ですね。
この作風は独特すぎて、ホント慣れが必要だと思います。でも、あのCGはなかなかのものでしたよね。
あと、カフェオレにはわたしも笑いました。
  • 2010-05-02 11:12
  • 宵乃
  • URL
  • 編集

[C580] >宵乃さん

わはは、宵乃さんも気づきませんでしたか~!
後半のドアップでハッと正体がわかり、思わず笑ってしまいました。妻夫木聡も最後の方までぜんぜんわかりませんでした。。。イラストは、特徴ありすぎるので、簡単かなと思ったら、なかなか似なくて、何度も描きなおしてしまいました。

「下妻物語」もエキセントリックでしたが、でもここまでではなかった気が。。。冒頭しばらくはホント、どうしようかと思いました。CGは、日本映画にもこんなのがあるんだ、と、ちょっと見直すような気持ちにさせられました。

木之元も最初ツラかったのですが、カフェオレの前後くらいでようやく、その存在を受け入れる気になりました(笑)。

[C582] 管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

[C583] Guten Tag!

Mardiさ~んお久しぶりです。
お元気ですか~

このイラストの女性は阿部サダオさんかなぁ?
映画見てないので気になります、おしえてねっ!

[C584] >ヘルブラウさん

こんにちは、(なかなかブログの更新できませんが)元気ですよ~!
今頃は、きっとハンブルグも緑がキレイでしょうね。

すみません、このイラストは、小池栄子です(汗)。吸血鬼みたいな看護師の役をやってました。この映画、みんなメイクがすごくて、誰が誰だかよくわからないんですよ...

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

管理人: mardigras
大王わさび農場
黒澤明の「夢」(1990)のロケ地を訪れました。

Latest comments

openclose

Index

邦画の紹介
椿三十郎
七人の侍
用心棒
ツィゴイネルワイゼン
遙かなる山の呼び声
復讐するは我にあり
砂の女
男はつらいよ 寅次郎恋歌
男はつらいよ 寅次郎忘れな草
男はつらいよ 寅次郎相合い傘
男はつらいよ 寅次郎ハイビスカスの花
武蔵野夫人
仁義なき戦い
麻雀放浪記
幸福の黄色いハンカチ
悪魔の手毬唄
丹下左膳餘話 百萬兩の壺
夜叉
姿三四郎
劔岳 点の記
洋画の紹介
第三の男
ブレードランナー
ゴッドファーザーPARTII
羊たちの沈黙
ミッドナイト・ラン
スカーフェイス
ビッグ・ウェンズデー
ゴッドファーザー
駅馬車
荒野の決闘
ダンス・ウィズ・ウルブズ
燃えよドラゴン
スパルタンX
ターミネーター2
パルプ・フィクション
アパートの鍵貸します
引き裂かれたカーテン
めまい
夜の大捜査線
地獄の黙示録 特別完全版
サンセット大通り
モーターサイクル・ダイアリーズ
8 1/2
真夜中のカーボーイ
スティング
プラトーン
ダイ・ハード
赤ちゃんに乾杯!
太陽がいっぱい
マルホランド・ドライブ
薔薇の名前
リバー・ランズ・スルー・イット
ルートヴィヒ
M★A★S★H マッシュ
バック・トゥ・ザ・フューチャー
タクシードライバー
エンゼル・ハート
バグダッド・カフェ 完全版
未来世紀ブラジル
明日に向って撃て!
恐怖の報酬
レスラー

キル・ビルVol.2
2001年宇宙の旅
ブリキの太鼓
ジュラシック・パーク
十二人の怒れる男
ゲッタウェイ
ミシシッピー・バーニング
ベルリン・天使の詩
裏切りのサーカス
ブラック・レイン
アマデウス
遠い空の向こうに
カプリコン・1
その他映画関連
いとしの映画音楽
この邦題がすごい!
この映画の原作がすごい!(海外編)
この映画の原作がすごい!(国内編)
あの映画のコレが食べたい!
2010年イラスト・カレンダー
「ツィゴイネルワイゼン」を訪ねて
2011年イラスト・カレンダー
続・この映画の原作がすごい!(上)
続・この映画の原作がすごい!(下)
シネマ・イラストレイテッド in TSUTAYA
「劔岳 点の記」を訪ねて
その後のシネマ・イラストレイテッド in TSUTAYA
「夜叉」を訪ねて
「ツィゴイネルワイゼン」を訪ねて(その2)
2014年イラスト・カレンダー
「砂の女」を訪ねて
「悪魔の手毬唄」を訪ねて
「武蔵野夫人」を訪ねて
「岳 -ガク-」を訪ねて
「ゼロの焦点」を訪ねて

Add to rss reader

feed-icon-14x14RSSフィードの表示


人気ブログランキングにほんブログ村 ブログランキング
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。